ダイエット中にジェラートを食べる5つのコツ

ダブルサイズにしない

ジェラートをダブルサイズで食べると、カロリーや糖質量も倍になってしまいます。いろいろな種類のジェラートを見ていると全部食べたくなる気持ちは分かりますが、ぐっと堪えてみましょう。ダイエット中は、適量をゆっくりと味わうようにしてくださいね。

コーンではなくカップを選ぶ

ジェラートのコーンは、主に小麦粉でできています。さらに、コーンによっては砂糖やココアを使用して作られるものも。そのためコーンをすべて食べてしまうと、カロリーや糖質を多く摂取してしまいます。コーンではなくカップタイプのジェラートにすることでカロリーダウンを図ることができます。(※21)

フルーツ果汁が豊富なものを選ぶ

フルーツ果汁が豊富なジェラートからは、ビタミンを摂取することができます。特にフルーツ類のジェラートにはビタミンCが多く含まれます。ビタミンCは、コラーゲンの生成や体の免疫機能の維持に役立つ作用があるため、意識して摂りたい栄養素です。(※22)

夜遅い時間に食べない

夜遅くに食事をすると、昼間に食べるのに比べ、食べた分のエネルギーが体脂肪として蓄積されやすくなります。理由は、昼間に比べ身体が休息モードになりエネルギーの消費量よりも蓄積量の方が上回ってしまうからです。そのため、ジェラートに限らず夜遅くの食事は控えましょう。(※23)

手作りする

自分で作るジェラートは果物や砂糖、生クリームの量などを好みで調整できます。果物や砂糖、生クリームなどの材料を調整することで、余分な摂取カロリーを減らすことができます。少し工夫をするだけで、ダイエット中でも美容と健康を意識しながらジェラートをいただけます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ