ライター : Eriko Misawa

お出かけ大好き!カフェ&スイーツライター

生まれも育ちも北海道な生粋の道産子。北海道のWebメディアを中心にグルメ、おでかけ系の記事を執筆しながら、趣味の国内旅行を兼ねて全国を飛び回っています。 20代前半でカフェ巡りに…もっとみる

【10位】スイーツ系からお惣菜系まで網羅「モグ&ココ 八軒店」(琴似)

Photo by Eriko Misawa

札幌市内に「西野店」「八軒店」「太平店」の3店舗を構える「モグ&ココ」。バラエティに富んだメニューがうれしいサンドイッチの専門店です。20種類以上の総菜系サンドイッチと10種類以上のスイーツ系サンドイッチが常時店頭に並びます。

いぶりがっこやしば漬けなどの漬物を使った個性的なサンドイッチも販売されており、興味をそそられますよ。

いちごサンド

Photo by Eriko Misawa

388円(税込) ※画像手前
「モグ&ココ」で一番人気のフルーツサンドでもある「いちごサンド」。季節ごとに提携の八百屋さんが厳選した品種のいちごを使っています。縦にカットされたいちごの断面が食欲をそそりますね!

フルーツサンドのラインアップは常時6種類前後。この日は販売していませんでしたが、シャインマスカットのフルーツサンドも人気が高くおすすめです。
店舗情報

【9位】24時間営業の人気店「サンドイッチ工房 サンドリア本店」(山鼻9条)

Photo by Eriko Misawa

札幌市中央区にある、1978年創業の老舗サンドイッチ専門店「サンドイッチ工房 サンドリア本店」は、市内のサンドイッチ専門店でも珍しい24時間営業のお店。

どの時間帯の訪問してもショーケースにはたくさんの種類のサンドイッチが並び、カウンターの奥では次々とサンドイッチが作られる様子を見ることができます。

令和3年10月1日(サンドイッチの語呂合わせ)には、札幌市北区に「サンドリア屯田店」もオープンしました。

コーヒーフルーツ

Photo by Eriko Misawa

240円(税込)
フルーツサンドは季節によって3種類前後を販売。数量限定で販売されている「コーヒーフルーツ」は、コーヒー風味の角食にパインアップルとみかんをサンドしたちょっぴり珍しいフルーツサンドです。

うっすらと塗られたクレームにたっぷりと果物がサンドされた、フルーツが主役のサンドイッチ。ほのかに感じるコーヒーの風味とフルーツの甘酸っぱさの相性もばっちりですよ!
店舗情報

【8位】おみやげスイーツ店自慢のご褒美サンド「クリームキャンプ」(手稲)

Photo by Eriko Misawa

JR手稲駅南口を出てすぐのところにある「Cream Camp(クリームキャンプ)」。シュークリームやタルト、アップルパイ、マカロンなど、手土産や自分へのご褒美にぴったりなスイーツを販売するおやつの専門店です。

旬のフルーツを使用し、季節ごとにラインアップが変わるフルーツサンドにも注目ですよ。

チョコチップ&バナナサンド

Photo by Eriko Misawa

486円(税込)
いちごやシャインマスカットを使った王道もおいしいのですが、おやつ感覚で食べられる「チョコチップ&バナナサンド」がおすすめ。

甘すぎないチョコレートホイップの中にはチョコチップが混ぜ込まれ、コリッとした食感が楽しく飽きのこない味わいに。チョコレートのほろ苦さが完熟バナナの甘さを引き立てています。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ