ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カンロが衝撃の宣戦布告「バター舐めたことないでしょ?」

Photo by muccinpurin

128円(税込)
2022年3月1日(火)、全国のセブン-イレブンから、カンロの新作アイテム「バターキャンディ飛ぶぞ」が発売されました。

目を疑うような商品名ですが、カンロの公式サイトを確認したところ間違いなく「バターキャンディ飛ぶぞ」が正式名称な様子。インパクト抜群のネーミングと、バターを舐めるという奇抜な発想が、じつにそそられるじゃありませんか。パッケージに印字された「バター、舐めたことないでしょ、飛ぶぞ。」の圧たるや!

何を隠そう筆者、あらゆるものにバターをチョイ足しするバター信者。 “カロリーなんて気にしない、バターこそ正義!” の精神で、バターキャンディをレビューします。果たして、飛ぶのか!?

カンロの新商品「バターキャンディ飛ぶぞ」

Photo by muccinpurin

バターを舐めるという発想はいささか奇抜ですが、原材料はいたってまじめ。砂糖(国内製造)、水あめ(国内製造)、生クリーム、加糖練乳、食塩、はっ酵バターなど。

なかでも主役となるバターは、北海道で作られた発酵バターを使用するほどのこだわりです。

小袋に8粒入りで携帯に便利

Photo by muccinpurin

小袋に8粒入りで、1袋128円とお手頃価格。袋にはジッパーが付いているので、ポーチに忍ばせておけばいつでもバター補給ができるというわけです、考えただけで最高じゃないですか!

丸みを帯びた四角い飴は、惑うことないバター色。バターや生クリームを使っているだけあり、ミルキーな香りが漂いますよ。

まろやかバター味に、飛んだ!

Photo by muccinpurin

ミルキーな香りに誘われてひと粒……ん、本当にバターの味です。いや、バターから塩分を抜いて砂糖を加えた、バターよりもずいぶんおいしいバターの味です。これは……悔しいけど飛ぶ!

味はバターそのものですが、当然ながらバターを舐めているような油っぽさは一切ありません。ひと粒13.7kcalというカロリーが高いのか低いのかもはやわかりませんが、まろやかなバターの風味が口いっぱいに広がる幸福感がたまりません。

飴なのに何個も食べたくなる

Photo by muccinpurin

濃厚な甘さとまろやかさが特徴なので、さっぱり系の飴よりも満足度が高く、ひと粒でかなり満たされます。ただ、バターのやみつき感のおかげか、ひと粒で終わりというわけにはいかず、いつの間にか2~3粒消費してしまうのが難点。

このままでも充分おいしいバターキャンディですが、もう少し塩気が効いていれば、甘じょっぱさでますますやみつきになりそうな予感。さらにやわらかなソフトキャンディタイプなら、より一層バター感がアップしたかもしれません。

とはいえ、バターの背徳感を手軽に味わえるキャンディ、ナイスアイデアすぎて自宅用と携帯用に2袋買って大正解でした。

バター好きならおさえておきたい逸品!

Photo by muccinpurin

「バター、舐めたことないでしょ、飛ぶぞ。」という誘い文句につられて購入した「バターキャンディ飛ぶぞ」ですが、バターのまろやかでやさしい味わいが実に癒し系で、幸福度がアップするキャンディでした。

実際のバターを舐めるのはかなり勇気がいりますが、飴ならいつでもどこでも気軽にバターチャージができますよ。バター好きならぜひ、チェックしておきたい逸品です。
Photos:6枚
バターキャンディ飛ぶぞのパッケージ
バターキャンディ飛ぶぞの原材料表示
ガラスの器に盛られたバターキャンディ飛ぶぞ
バターキャンディ飛ぶぞを指でひと粒つまむ様子
バターキャンディ飛ぶぞが入ったガラスの器を傾ける様子
「バターキャンディ飛ぶぞ」のパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ