ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

2022年のトレンド!? 噂の韓国スイーツパン「クァべギ」

Photo by china0515

2021年12月に新大久保にオープンしたばかりの「スマイルカフェ」に潜入。 同店は、macaroni 編集部が“2022年に流行る韓国スイーツ” と予想した「クァベギ」の専門店なんです……!

クァベキとは一体どんなスイーツなのかご紹介しながら、スマイルカフェのクァべギ全フレーバーを実食します。

クァベキとは……?

「꽈배기(クァベギ )」は、韓国語で “ねじり揚げドーナツ” という意味。韓国では市場の定番おやつで、専門店やパン屋でも販売されています。もち米で作られることが多いため、もちもちとした食感がポイント。

昔から親しまれている国民的おやつですが、ここ最近現地では、クリームやフルーツがたっぷりとのっている、カラフルな進化系クァベギがブーム。その波は日本にもじわじわと押し寄せ、クァべギを扱う店が増えているんですよ。

新大久保にオープンしたクァべギ専門店「スマイルカフェ」

Photo by china0515

新大久保の大通りから1本入ったところにあるスマイルカフェ。大きな窓にデザインされた「スマイル」が目印です。さすがは韓国グルメを扱う店、外観もかわいらしく思わず写真を撮りたくなりますね。店内も開放的で、テーブル席が多いのでゆっくりと過ごせますよ。

デザート大会で優勝した秘伝のレシピ

Photo by china0515

スマイルカフェのクァベギは、あるデザート大会で優勝した秘伝のレシピで作られているそうです。フレーバーはシンプルなものから進化系まで幅広く、全8種類あるので何度でも楽しめますよ♪ とくに進化系クァベギは見た目も魅力的で、ボリューミーなのもポイント。

クァベギは注文してから作られるため、温かい状態を楽しめますよ。ここからは、8種類のフレーバーを筆者のおすすめ順にランキング化しながら、その味わいをたっぷりとお伝えします♪

おすすめフレーバー8位「生クリームグレイズ」

Photo by china0515

400円(税込)
全種類を食べ比べた結果、おすすめフレーバーとして8位に選んだのは「生クリームグレイズ」。ふんわり、もっちりな生地にたっぷりな生クリームとスプレーチョコ、チェリーがトッピングされたクァベギです。

クァベギの生地は揚げてあるうえに、生クリームがこれでもかとのっていますが、ほんのりとした甘みなのでバランスがよいですね。思ったよりもペロッと食べられました。

クァべギ自体の特徴としては、ドーナツよりもふんわりと軽やかな食感。

おすすめフレーバー7位「カステラ」

Photo by china0515

400円(税込)
クァベギ全体を覆うほどの量の細かなカステラパウダーがトッピングされています。カステラがフレーバーになるのって珍しいですよね。パウダーはふんわりとエアリーなくちどけで、やさしい甘みをクァベギにプラスさせていますよ。
Photos:11枚
新大久保のスマイルカフェの生クリームイチゴとカフェラテ
新大久保のスマイルカフェの外観
新大久保のスマイルカフェの看板
スマイルカフェの生クリームグレイズ
スマイルカフェのカステラ
スマイルカフェのシナモンシュガー
スマイルカフェのあんバター
スマイルカフェのブルーベリークリーム
スマイルカフェのコーンチーズ
スマイルカフェのオレオクリームチーズ
スマイルカフェの生クリームイチゴを正面から
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ