ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党。

今年のイトーヨーカドーの恵方巻は贅沢で豪華!

Photo by china0515

イトーヨーカドーでは今年の恵方巻の予約を受付中!最近では恵方巻も恵方を向いて願いごとをしながら食べる伝統的な食べ方から、家族内のイベントとして楽しみ方が多様化してきています。さらにコロナ禍で外出できないため、贅沢な恵方巻が人気なんですよ。

今年のイトーヨーカドーの恵方巻は、全部でなんと30種類!毎年人気の「一番人気!豊漁八宝海鮮巻」から、懐石料理「季旬鈴なり」の店主 村田明彦氏監修の恵方巻まで、バラエティ豊かにそろっています。まだ恵方巻を決めていない人はぜひ参考にしてみてくださいね。

予約方法は?

予約方法は全部で3通りありますよ。また、受け取り日によって予約の締め切りが異なるので注意してくださいね。

1. ネットで予約して店頭で受け取る
2. ネットで予約して配送で受け取る
3. 店頭で予約して店頭で受け取る

予約期間:
2022年1月29日(土)~1月31日(月)/受け取りの予約:1月23日(日)まで
2022年2月1日(火)~2月3日(木)/受け取りの予約:1月27日(木)まで

1. 豪華絢爛!25種海鮮絵巻

Photo by china0515

1本:6,264円(税込)/ハーフ:3,218円(税込)
具材が1本に25種類も入った、その名も「豪華絢爛!25種海鮮絵巻」。断面はまるで花のよう!25種類も入っているので、太さに驚きです!

25種は、まぐろ赤身、真いか、サーモン焼きハラス、すじこ、数の子、とびっ子、まぐろたたき、穴子、びん長まぐろ、カナダほっき貝、酢〆いわし、ぶり、たこ、明太子、赤魚、サーモン、甘えび、えんがわ、ほたて、つぶ貝、えび、ずわいがに、炙り金目鯛、うに、小柱。

これでもかというほど豊富な海の幸が詰まっていますね。

Photo by china0515

ひとつひとつのネタは大きくカットされているので、身の甘みや風味をしっかりと楽しめます。中央部分のシャリは天空の抹茶を使用しており、抹茶の苦みもきいていてよりネタの旨みを味わえますね。

Photo by china0515

華やかな見た目は節分の食卓を華やかにすることまちがいなし!もはやかぶりつくのは困難な極太巻きなので、家族と一緒に味わうのがおすすめです。ハーフサイズもあるので、ひとりでも楽しめますよ♪

2. 料理人こだわりの炙りのどぐろ雅巻き

Photo by china0515

ハーフサイズ:753円(税込)
懐石料理「季旬鈴なり」の店主 村田明彦氏監修の恵方巻が3種登場。「料理人こだわりの炙りのどぐろ雅巻き」は高級魚の「のどぐろ」を使用した贅沢な恵方巻です。

のどぐろを使用しているだけでも贅沢なのに、さらに炙っているため、より旨みが凝縮されていますよ。タレの甘みやほうれん草のお浸しなどとも相性抜群。恵方巻とは思えないほど、豪華で贅沢なひと品です。

3. 料理人こだわりの燻し金目鯛春彩巻

Photo by china0515

ハーフサイズ:861円(税込)
「料理人こだわりの燻し金目鯛春彩巻」は、金目鯛が主役の恵方巻。金目鯛というだけで、なんだか運気がより上がりそうな恵方巻ですよね。

金目鯛は山桜チップで燻しているため香り高く、上品な味わい。贅沢にも肉厚なので、食べ応えも抜群です。菜の花も入っており、春を感じられる恵方巻ですよ。

4. 料理人こだわりの銀だら西京吉祥巻

Photo by china0515

1本:2,138円(税込)
村田氏独自の最強味噌に漬けこんだ銀だらに、きんぴら、高野豆腐、とびっこなどを合わせた恵方巻。

噛めば噛むほど旨みが増してくる銀だらと、きんぴらのシャキシャキとした食感や、とびっこのプチプチ食感もたっぷりと味わえるこだわりのひと品です。
Photos:11枚
豪華絢爛!25種海鮮絵巻の断面を正面から
豪華絢爛!25種海鮮絵巻の断面
イトーヨーカドーの豪華絢爛!25種海鮮絵巻を作っているところ
イトーヨーカドーの豪華絢爛!25種海鮮絵巻の完成形
イトーヨーカドーの料理人こだわりの炙りのどぐろ雅巻き
イトーヨーカドーの料理人こだわりの炙りのどぐろ雅巻き
イトーヨーカドーの料理人こだわりの銀だら西京吉祥巻
イトーヨーカドーの北海道味めぐり!海の恵み大漁巻
イトーヨーカドーの静岡味めぐり!山海の幸彩り巻
イトーヨーカドーの九州味めぐり!うまかもん紅白巻
イトーヨーカドーの一番人気!豊漁八宝海鮮巻
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ