ライター : macaroni トレンド

macaroni 編集部のトレンドチームアカウントです。食と暮らしのトレンドに関する情報をお届けします。

シズリーナ荒井さんが推す!食感の変化を楽しむアイス

『マツコの知らない世界』(TBS系)出演をはじめ、メディアでも活躍中のアイス研究家、シズリーナ荒井さん。そんな荒井さんが今食べるべきアイスとして、おすすめしてくれたのが「Premel Cake(プレメルケーキ )」です。

シチリアの伝統スイーツであるカッサータをべースに、日本人の味覚に合わせて作られており、 “ジャパニーズカッサータ” ともいわれているんですよ。なにやら食感の変化を楽しむアイスとのことで、その魅力をたっぷり伺いました。

Photo by macaroni

アイス研究家/シズリーナ荒井さん アイス食歴36年。5万個以上のアイスを食べ歩き、年間4,000種類のアイスを食す、日本最強のアイスマニア。また、アイスのおいしさを引き出すアイス研究家として、テレビ番組をはじめ、さまざまなメディアに出演。コンビニやスーパーに売っているアイスをよりおいしく楽しく食べる方法を紹介した『魔法のアイスレシピ』(KADOKAWA刊)も好評
「まずアイス研究家として、アイスのおいしい食べ方を広めたいと思っています。その食べ方というのが、カッチカチのアイスをほどよく冷蔵庫で解凍してから食べること。そんな食べ方に適しているのがプレメルケーキなのです

お店側が解凍時間を変えて楽しむことを提案しているのもポイント。カッチカチ状態のシャリシャリ食感もおいしいのですが、解凍後のふわとろ食感、味わいの変化がたまりません」

福岡 オルタナティヴ・オフィスカフェaoca「プレメルケーキ」

Photo by シズリーナ荒井

価格:4,320(税込)
プレメルケーキを販売するのは、福岡県大牟田市にあるオルタナティヴ・オフィスカフェaoca。本商品には3つ星ホテルシェフが惚れたという、オーム乳業社のプレミアム生クリーム「クレーム・ソワニエ」とクリームチーズが使用されています。

さらにクリームの味を一層引き立てるストロベリーとアーモンドを合わせており、こだわりの素材を使い最高の技術で表現された逸品です。

「食感と味わいのコントラストを、時間の経過とともに楽しんでほしい」と荒井さんがいうように、解凍時間によって違った味わいを楽しめるスイーツですよ。

マニアが好きなポイントは “乳製品本来の味わい”

Photo by シズリーナ荒井

プレメルケーキの好きなポイントについて荒井さんに聞いてみると……。

「とにかく乳製品の透明感を感じられるところが好きです。ほかの言葉で言い換えるならば、乳製品本来のおいしさを体験できる逸品といえます。

コクを感じ取れるのですが、スッキリとした味。通常コクを感じ取れるものは喉がかわいてしまうのですが、それがなく、素朴な味わいをしっかりと感じられる自然な旨みがとにかく気に入っています」とのこと。聞いているだけで思わず喉が鳴ってしまいそうですね。

シズリーナ荒井さん流!おすすめの食べ方

Photo by シズリーナ荒井

プレメルケーキは解凍時間によって食感が変わり、お店が推奨する解凍段階は、5分、15分、60分の3つ。なかでも公式サイトで一番おすすめしている解凍時間は60分です。凍っているうちにカットしておき、じっくり待ってから食べるとふわふわのクリームを楽しめるそうですよ。

ところが、荒井さんいわく「冷蔵庫に箱に入った状態で、カッチカチのまま120分解凍したものを食べてみてほしい」のだそう。シャリシャリ食感がとろふわ食感に変化、食材の食感が際立ち、チーズの味わいを強く感じられるようになるそうです。

購入方法は?

現在店舗やカフェでの販売はなく、購入できるのはオンラインのみです。毎週木曜日・金曜日の22時に販売されますが、なんと5分で完売してしまうのだとか……!

あらかじめ住所や支払い方法を登録することができないので、早いもの勝ちですよ。公式サイトには「販売通知を受け取る」という項目があるので、購入したい人は設定しておいて損はありません。

一度は食べたい至福の味わい

シズリーナ荒井さんイチオシのプレメルケーキは、知れば知るほど一度は食べてみたくなるひと品でした。オンライン限定販売ですぐに完売してしまうので、欲しい方は販売直後を狙ってみてください。

これまでのカッサータは口に合わなかったという人も、日本人に馴染むように作られた本商品ならきっと気に入るはず。こだわりたっぷりのプレメルケーキ、特別な日の贈りものにもいかがでしょうか。

文/井上はるな(macaroni 編集部)
シズリーナ荒井さんのほかの記事はこちら▼
Photos:4枚
取材者に対しアイスについて真剣に語るシズリーナさん
プレメルケーキと赤い箱
プレメルケーキ
プレメルケーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ