ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

セブン-イレブン「オモチピスターシュ 木苺ソース」

Photo by muccinpurin

「オモチピスターシュ 木苺ソース」140円(税込)
セブン-イレブンから新作スイーツ「オモチピスターシュ 木苺ソース」が登場!2021年12月22日(水)より、一部地域を除く全国のセブン-イレブンにて順次発売されています。

ピスタチオブームの熱は冷めるどころか熱くなる一方。洋菓子だけにとどまらず、お餅を使った和菓子にも進出し始めましたよ。クリスマスシーズンに発売されたオモチピスタ―シュは、雪の結晶が散りばめられた、この時期らしい真っ赤なパッケージが目印です。

Photo by muccinpurin

原材料は、もち粉(国内製造)、乳糖を主要原料とする食品、砂糖、クリーム、ピスタチオ入りペースト、マーガリンなどなど。木苺ソースには木苺ピューレが使われているようです。ちなみにピスタ―シュは、ピスタチオのフランス語 “Pistache” です。

1個税込140円、1個当たりのカロリーは180kcalでした。

取扱注意!今にも崩れそうなやわらかさ

Photo by muccinpurin

パッケージから取り出してみると、ころんとまあるいオモチピスタ―シュがお目見え。お餅にまぶされた粉がまるで粉雪のようで、かわいらしいビジュアルです。

Photo by muccinpurin

やわらかなお餅はトレーに入れられることでぎりぎり形をキープしていますが、持ち上げてみるとごらんの通りのもちもち具合。取扱注意級のやわらかさです。透明のトレーと透明なカップに入れられているので、袋を開けてそのまま食べることもできますよ。

ピスタチオと木苺の鉄板コンビ

Photo by muccinpurin

カットしてみるとごらんの通り、濃いピスタチオ色のクリームがたっぷりと詰まっています。中央にうっすら木苺ソースの赤も見えますね。ピスタチオクリームだけ食べてみると、驚くほどの濃厚さ。一見ボソついて見えましたが、なめらかで口どけがよく、濃厚なコクと香りの余韻を残して、口のなかでスッと溶けていきました。

お餅は形をとどめるのがほどのやわらかさと絶妙な薄さで、ピスタチオの味わいを損なうことなく、ちょうどいい塩梅で引き立て役に徹していますよ。通常お餅は冷えると固まりますが、冷蔵庫から出したばかりでこのやわらかさには驚きです。

Photo by muccinpurin

木苺ソースは酸味が少なく、ベリーの甘み全開。ピスタチオクリーム単品でも充分成り立つおいしさですが、ランダムに入っている木苺ソースの甘酸っぱさがいいアクセントになり、ますますピスタチオの味わいが際立ちます。木苺とピスタチオはクリスマスシーズンを中心によく使われる組み合わせなので、間違いないおいしさでしたよ。

小振りなサイズなので3口程度で食べ終わってしまうのが残念なほど、完成度の高いスイーツでした。

いましか出会えない特別なピスタチオ

Photo by muccinpurin

ピスタチオブームのいま、たくさんのピスタチオアイテムが気軽に手に入りますが、木苺ソースとピスタチオクリームをお持ちで包んだ、オモチピスタ―シュは、いまだけの限定。食べ逃さないよう、気になる方は早めのチェックがおすすめですよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:オモチピスターシュ 木苺ソース
■内容量:1個
■価格:140円(税込)
■カロリー:1個あたり180kcal
■販売日:2021年12月22日(水)以降順次発売
■販売場所:北海道、東北、関東、甲信越、北陸、東海、近畿、中国、四国、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県のセブン-イレブン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
セブン-イレブンの新情報はこちら▼
Photos:7枚
オモチピスターシュ 木苺ソースのパッケージ
オモチピスターシュ 木苺ソースの原材料表示
さらに取り出したオモチピスターシュ 木苺ソース
オモチピスターシュ 木苺ソースを手で持ち上げる様子
半分にカットしたオモチピスターシュ 木苺ソース
半分にカットして手で持ったオモチピスターシュ 木苺ソース
半分にカットしたオモチピスターシュ 木苺ソースにフォークを刺す様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ