ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

韓国グルメ大集合!「新大久保韓国横丁」がオープン

Photo by macaroni

いま大旋風を巻き起こしている韓国グルメやカルチャーの中心地、新大久保に新名所が誕生!2021年12月20日(月)、メインストリートの大久保通り沿いに「新大久保韓国横丁」がオープンします。

韓国の夜市のような活気あふれる横丁には、チヂミ、ホルモン焼、豚足など、合計10軒の専門店が登場。この記事ではオープンに先駆け、内部の様子をご紹介していきます!

1階は飲食店街、2階はスナックやカラオケ

Photo by macaroni

1階と2階をあわせて、総面積は210坪、席数はなんと450席の大型施設。1階は全長約60mの細い路地を囲うように、韓国料理の専門店10店舗が立ち並びます。まるで本場韓国の市場や飲食街を歩くように、グルメ散策を楽しめますよ。

2階はカラオケやスナック、バーなどが展開される予定で、1階で購入した料理やドリンクを持ち込めるフリースペースもあります。※2階のオープンは2022年1月ごろ

1. チュンヒャンジョン

Photo by macaroni

正面入口の一番手前に店をかまえるのは、昔ながらの屋台グルメを楽しめる「チュンヒャンジョン」。キンパやチヂミ、トッポキやはるさめ海苔巻き揚げ、韓国では学校帰りに食べるような思い出の味がそろいます。

キンパやチヂミと昔ながらの屋台グルメが魅力

Photo by macaroni

キンパはお食事としてはもちろん、おつまみとしても欠かせません。マッコリやチャミスルと合わせれば、パクパクと箸がとまらないはず……。

たくあん、きゅうり、玉子焼きにカニカマと具材のたっぷり詰まった王道のキンパを楽しめます。

Photo by macaroni

韓国風の野菜天ぷらやチヂミのメニューも豊富、特製のたれにつけていただきます。ビールやサワー系のドリンクに合うこと間違いなし!

2. マポ豚足

Photo by macaroni

ローカルグルメが好きな人におすすめなのが「マポ豚足」。韓国市場で提供されているような豚足、ポッサム、 ネジャンタン(ホルモンの煮込み)などの通なメニューがそろいます。

自家製豚足は “ほろとろ” の食感

Photo by macaroni

豚足 (小)2,178円 /(中)2,838円
店名にあるように、一番の売りは自家製の豚足。6時間かけて、漢方材料と一緒にじっくり煮込んだこだわりのひと品です。とろけるようなやわらかさで、独特の風味と甘い脂のバランスが絶妙。

3. 泡包シャンパンマニア

Photo by macaroni

餃子とシャンパンをカジュアルに楽しめる「泡包シャンパンマニア」。もちろんそれだけではなく、チヂミやトッポギなどの韓国料理も注文できます。

パリパリの羽根つき餃子がシャンパンに合う

Photo by macaroni

餃子 6個 550円 / 12個 990円
カリッと焼かれた羽根つきの餃子は、熱々で肉汁たっぷり。餃子を食べたところにきりっと冷えたシャンパンを流し込めば、完璧なマリアージュの完成です。数種類の特製ソースが用意されているので、飽きずに食べ進められますよ。

4. チキン屋

Photo by macaroni

いま韓国で流行っている、さまざまな種類のチキンを味わえる専門店。独自で開発したという、ヤンニョムチキンはビールとの相性が抜群です。

最近は日本でも韓国チキンのデリバリーが浸透しはじめていますが、揚げたてはまた格別。

ヤンニョムだけじゃない!明太子チーズやハニーガーリックも♪

Photo by macaroni

ヤンニョムチキンの価格は、小サイズで1,078円、中サイズで1,848円。このほかにもチキンのフレーバーはハラペーニョ、明太子チーズ、醤油ソース、ハニーガーリック……とさまざま。チーズボールやポテトフライなどのサイドメニューも充実していますよ。

5. 漢江(はんがん)の奇跡

Photo by macaroni

かつて1980年代の韓国で一大ブームを巻き起こし、最近再注目されている「冷凍サムギョプサル」を中心に提供する、レトロな豚肉専門店です。

韓国で再ブーム中の「冷凍サムギョプサル」

Photo by macaroni

冷凍サムギョプサルは、冷凍して薄く切ったサムギョプサルのこと。ひと口サイズに切れており食べやすいのが特徴です。辛く味付けした白髪ねぎ、浅漬けのキムチ、豚肉と一緒に焼いた玉ねぎと一緒に食べるのがおすすめ。

このほか、厚切りサムギョプサルや豚ホルモンなど、あらゆる豚肉を堪能できますよ。

6. ヨスバンバダ

Photo by macaroni

韓国式の海鮮屋台グルメがテーマの「ヨスバンバダ」。カンジャンケジャン、ヤンニョムケジャン、カンジャンエビといった、海鮮を扱った料理が提供されます。

ワタリガニやエビを醤油やヤンニョムで漬けた逸品

Photo by macaroni

ヤンニョムケジャン 2,398円
カンジャンケジャンは、新鮮なワタリガニを醤油で漬けた料理。水分が抜けてねっとりとしたカンジャンケジャンは、“ごはん泥棒“ といわれるのも納得できる味わいです。

筆者がとくに気に入ったのは、旨辛いヤンニョムケジャン。チャミスルがスイスイ進んでしまいそうな、中毒性の高いおつまみですね。

Photo by macaroni

カンジャンエビ 1,628円
醤油や紹興酒、にんにくで漬けたエビもお酒好きにはたまらないひと品。ぷりぷりの食感を残しつつ、濃すぎない漬け具合です。

7. ホンデポチャ

Photo by macaroni

新大久保発祥の繁盛店「ホンデポチャ」も横丁内にオープン。サムギョプサルやチーズタッカルビといった定番メニューのほか、SNSの投稿で人気に火がついた「エビチーズフォンデュ」に注目です。

SNSで注目を集める「エビチーズフォンデュ」

Photo by macaroni

エビチーズイイダコフォンデュ(2〜3人前)2,780円
ヤンニョムソースがたっぷり絡んだイイダコと、エビチーズの組み合わせ。鉄板で温めたうえに、仕上げにバーナーで炙るのがポイントです。辛いイイダコとまろやかなエビを交互に食べれば、おいしさのループから抜け出せません。

8. シンサドンホランイ コプチャン

Photo by macaroni

ソウルのシンサドンでまさにトレンドのホルモン焼きの専門店「シンサドンホランイ コプチャン」。ホルモンのほかイイダコやエビ、カルビなどの炒め鍋を堪能できます。

Photo by macaroni

チュコプセ焼 盛り合わせ(激辛)4,158円
おすすめのメニューのひとつである「チュコプセ焼」は、コプチャン、チュクミ、エビの頭文字をとった略称。ホルモンのマルチョウ(コプチャン)、イイダコ(チュクミ)、エビ(セウ)、きのこやもやしなどの野菜を激辛のたれで炒め煮にした鍋。

ビリビリとした辛さが舌を刺激しますが、数種類の旨みが溶け合ってやみつきになる味わいですよ。

9. 第一食堂

Photo by macaroni

釜蓋で焼くプルコギや自家製のヤンニョムソースで熟成させた、“豚チュムルロク” が売りの韓国家庭料理の専門店。家庭料理というだけあって、どこかホッとするような日本人にも馴染み深い味付けの品々が提供されます。

家庭料理の豚チュムルロクやプルコギ

Photo by macaroni

名物釜蓋チュムルロクもはずせませんが、ジュージューと音を立てながら、食欲をそそる香りを漂わせるプルコギも必食。大人も子どもも好きな甘辛い味で、家族で訪れても食べやすい鍋ではないでしょうか。

じっくりと煮込んだ牛骨餃子カルクッス(うどん)もおすすめ。

Photo by macaroni

蒸し餃子も数種類とりそろえられています。とくにきいたエビ餃子は、見た目も個性的でニラの風味がきいているのでクセになりますよ。ビールによく合いそう!

10. 上海ポチャ

Photo by macaroni

最近新大久保でも専門店が増えている “韓国式中華” の専門店。本場韓国では、世代を問わずに愛され続ける国民食、ジャジャー麵をはじめ、 チャンポン、タンスユク(韓国式酢豚)などが販売されます。

ドラマでもおなじみの韓国式中華

Photo by macaroni

ジャジャー麵 825円
韓国ドラマのデリバリーシーンでもよく目にする、ジャジャー麺。もっちりとした太麺に絡む、甘辛い濃厚たれは日本にありそうでない味です。本場ではジャジャー麺、チャンポン、タンスユクの3点セットを一緒に食べるのが定番。

ドリンクは全店共通!メニューの一覧リスト

Photo by macaroni

ドリンクメニューは各店舗によってさまざまではなく、全店舗で統一されています。

・サッポロ生ビール黒ラベル……528円
・ソメク(ビール+チャミスル)……528円

・サワー各種……528円
・ハイボール各種……550円
・カクテル各種……550円
・チャミスル……968円

・生マッコリ グラス / やかん……550円 / 1,628円
・黒豆マッコリグラス / やかん……572円 / 1,738円
・クリマッコリ グラス / やかん……572円 / 1,738円
※ほかフレーバーマッコリ多数あり

オーダーと支払いの仕方

オーダー形式

各店舗でその店舗のメニューをオーダーします。QRコードが設置されているので、モバイルオーダーも可能。

横丁内での出前は隣接する店ならOKですが、遠くに位置する店舗は当面不可となるようです。

ただテイクアウトという形式で、横丁内の別の店で購入した料理を運んできて、1箇所で食べることはできます。この場合の支払いはキャッシュオンのみ。

支払い方法

各店舗の支払い方法は、現金、クレジットカード、PayPayの利用が可能です。

新大久保の新たな名所になる予感

Photo by macaroni

空前の韓国ブームのなか、ついに新大久保に誕生した韓国横丁。バラエティ豊かな専門店が10店舗も集結したスポットはほかにはありません。さらに魅力的なのは、初心者から韓国グルメに詳しい人まで、幅広い層が楽しめるような場所だということ。

来年は2階のフロアもオープンするとのことなので、ますますアツいスポットになっていくことでしょう。感染症対策には十分に気をつけて、新大久保で韓国旅行気分を味わってみてはいかがでしょうか。

店舗情報

新大久保の注目店はこちら▼
Photos:27枚
韓国横丁の外観
店内のマップ
チュンヒャンジョンの外観
キンパが並んでいる
ザルにのった揚げ物
マポ豚足の看板
大量の豚足
泡包シャンパンマニアの看板
お皿に盛り付けられた餃子
チキン屋の看板
チキンのセット
漢江(はんがん)の奇跡の看板
冷凍サムギョプサル
ヨスバンバダの看板
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ