ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

【毎週金曜日更新】今週の新店オープンNEWS

Photo by macaroni

macaroni編集部がお届けする新企画「今週の新店オープンNEWS」。日々最新グルメをチェックし続けるトレンドチームが、とくに注目しているお店を毎週ご紹介していきます。

今週は新感覚な実店舗体験のできる次世代フルーツオレ専門店や、「最高のバーミキュラ体験」をコンセプトにしたブランド発信拠点をピックアップしました♪

1. 世界一映える寿司屋!「くら寿司 原宿」

Photo by くら寿司株式会社

2021年12月9日(木)、「くら寿司 原宿店」が、東京・原宿にオープン!「くら寿司」によるグローバル旗艦店の第3号店として、大手外食チェーン初の「Z世代向け」の店舗です。

店内は “世界一映える寿司屋” を目指し、日本を代表するクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏がプロデュース。インテリアデザインのコンセプトは、「日本の伝統文化×トウキョウ・ポップカルチャー」です。

さまざまな色に光る 「カラフル提灯ウォール」や、巨大浮世絵、ロゴウォールなど、フォトスポットが満載ですよ♪

また、店舗のコンセプト「寿司×スイーツ」のシンボルとして「スイーツ屋台」も併設。クレープのほかにもソフトクリームやロール寿司などの限定メニューも楽しめます。

店舗限定「sushiクレープ イベリコ豚カルビ」

Photo by くら寿司株式会社

価格:380円(税込)
併設された「スイーツ屋台」では、自動でクレープの生地を焼き上げてくれるロボットが、目の前でできたてのクレープを作ってくれます。

フルーツを使ったメニューのほか、寿司屋ならではの「sushiクレープ」も登場!モチモチ感がたまらないクレープ生地に、揚げシャリやグリーンリーフ、クリームチーズ、 たまご、イベリコ豚、きゅうり、マヨネーズが入っていますよ。

揚げシャリのサクサクとした食感がくせになる逸品。

店舗情報

詳しい記事はこちら▼

2. 素材にこだわった焼き菓子・ケーキのお店「パティスリーコルテ」

Photo by Patisserie Corte

2021年12月10日(金)、素材にこだわった焼き菓子・ケーキのお店「Patisserie Corte(パティスリーコルテ)」が、東京都・板橋区にオープン!店内は、白を基調としたシンプルモダンで、ゆっくりと商品を選べる落ち着いた雰囲気です。

きらびやかなショーケースの中には、北海道産のマスカルポーネとマルサラ酒を使い、奥深い味わいに仕上げたコルテ自慢のティラミス「テルミス」や、イタリア産ピスタチオペーストと最高級フランス産ビターチョコを使用したなめらかな口溶けの「ピスタチオショコラ」など、こだわりのケーキが並んでいますよ。

ほかにも季節ごとに素材が変わる「季節のショートケーキ」や、愛媛産最高級の和栗ペーストと白餡を合わせた「和栗のモンブラン焙じ茶のブリュレ」などなど。どれも自慢のケーキです。

数量限定。Openセット

Photo by Patisserie Corte

価格:2,000円(税込) 内容:テルミス×1個、和栗のモンブラン焙じ茶のブリュレ・ピスタチオショコラ・季節のショートケーキ各1カット
コルテ自慢の「テルミス」と季節限定のいちごを使用したショートケーキなど、魅力が詰まった4種類のケーキがお得な価格で楽しめます。数量限定の商品。
Photos:10枚
ピンクの背景とスイーツ
くら寿司 原宿 メールの店内画像
くら寿司の「sushiクレープ イベリコ豚カルビ」
Patisserie Corteの外観画像
お皿の上にショートケーキやチョコレートケーキがのっている
バーミキュラハウスの外観画像
バーミキュラ ハウス キッチンのイメージ画像
ボトルに入った2種類のフルーツオレを持っている
ラベルフルーツの店内画像
スチームシュトーレンが置いてある
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ