ライター : macaroni 編集部レポート

macaroni 編集部の取材アカウントです。注目の新店舗やイベント・グルメフェスへ、macaroni 編集部員が足を運び、最新のレポートをお届けします。

東京・恵比寿に豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が誕生

Photo by MERCER OFFICE 株式会社

2021年11月25日(木)、豚饅専門店「羅家 東京豚饅」が、東京・恵比寿に開店しました。これまで関西でしか展開してこなかった、豚饅の名店「551蓬莱」創業者の味を東京でも楽しめるとしてSNSは騒然。オープン前から話題を呼び、開店当日はなんと1時間以上待つ、長蛇の列ができたそうですよ。

macaroni 編集部もさっそく潜入。伝統の味を継承した豚饅の味をたしかめてきました。

大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者の孫が監修した豚饅

Photo by macaroni

「羅家 東京豚饅」は大阪土産の定番「551蓬莱」の創業者、羅 邦強氏の孫である、羅 直也氏が創業者の味を再現した豚饅専門店です。

手作りにこだわり、“できたてが命” というポリシーを受け継ぎ、創業者の味を再現した完全無添加の豚饅を販売。食べやすくてふっくらとした豚饅は、家庭はもちろん、差し入れやお土産にも最適です。

Photo by macaroni

店内にはイートインスペースもあるので、テイクアウトだけではなくその場でも味わえますよ。まさに台湾の小さな飲食店を想起させる、風情のある看板が見事。

熟練の台湾人スタッフが毎日手包み

Photo by macaroni

同店の豚饅はその道数十年、本場台湾出身の熟練スタッフの方々が毎日手で包みます。素早い手さばきで着々と包まれていく様子は圧巻。タイミングが合えば、店内のガラス越しにその姿を眺めることができますよ。

食べ比べ必至。「羅家 東京豚饅」のおすすめメニュー

Photo by macaroni

価格:豚饅1個 200円/豚饅小セットA(豚饅8個)720円/豚饅小セットB(豚饅4個、黒胡椒豚饅2個、XO蝦豚
メニューは「羅家 東京豚饅」と2種類の小さい豚饅。それから生地のみの「饅頭」、飲料類というラインアップです。小豚饅は単品ではなく、セットで購入することができるシステムのようですね。

もはや旨みの爆弾!看板メニュー「羅家 東京豚饅」

Photo by macaroni

価格:1個 200円(税込)
豚饅の具材は、厳選された質の高い豚肉と玉ねぎの2種類のみ!豚肉はことなる部位を3つ使用し、玉ねぎとバランスよく混ぜ合わせ、醤油や砂糖、塩などのシンプルな調味料で調味されています。

具材を包み込む皮は鮮度にこだわり、発酵のピークをコントロールすることで当日生産、当日販売が実現されているとのこと。

玉ねぎザクザク。素朴なのにクセになる餡

Photo by macaroni

豚饅を割ってみると、しっとりと艶めく肉の餡がお目見え。湯気とともにふわっと食欲をそそる香りが立ちこめます。具材と生地が分離せずに、しっかりとくっついている点にもこだわりを感じます。

豚肉の強い旨み、ザクザクとした玉ねぎの甘さ、皮のもっちり感、それらすべてが三位一体に。おいしいではなく「うまい!」と言いたくなる衝動に駆られます。
Photos:11枚
「羅家 東京豚饅」の店舗外観イメージ画像と豚まん
豚饅とパッケージ
東京豚饅の看板
豚饅を作っているシーン
メニューの看板
包まれた豚饅
豚饅の中身
XO蝦豚饅の中身
黒胡椒豚饅の中身
台湾ビールとグラス
豚饅と小袋
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ