ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソン「まるでお芋みたいなスイートポテト」

Photo by muccinpurin

「まるでお芋みたいなスイートポテト」245円(税込)
秋から冬へと移り変わり、コンビニスイーツも収穫の秋真っ盛り。2021年11月9日(火)、ローソンから新作スイーツ「まるでお芋みたいなスイートポテト」が発売されました。

人気の品種、紅あずまを贅沢に使い、さつまいも風味のクレープ生地で、紅あずまの焼き芋と皮つきの焼き芋をブレンドしたペースト、ごろごろと大きな紅あずまの乱切り、ホイップクリームを包んだひと品。焼き芋のようなビジュアルがかわいらしい、目で見て楽しめ、食べておいしい秋スイーツです。

Photo by muccinpurin

原材料は、さつまいもあん(国内製造)、さつまいもシロップ漬け、ミックス粉(小麦粉、砂糖、ぶどう糖)、卵などなど。ローソンが販売していますが、山崎製パン株式会社が製造しています。

1個税込245円、1個当たりのカロリーは224kcalでした。

心ときめくビジュアル!

Photo by muccinpurin

袋から取り出してみて、“まるでお芋みたい” の意味がわかりました。紅あずま、の名前の由来にもなっている鮮やかな色の皮はクレープ、皮の隙間からちらりと顔を出す黄色いものは角切りの紅あずまと、紅あずまの焼き芋で作ったペーストです。しかもホイップクリームも入っていると来れば、本物のお芋を越えているのでは!?

断面が見えるようなビジュアルに、食べる前から心がときめきます。

なめらか、ごろごろ、お芋の魅力全開

Photo by muccinpurin

紫色のクレープ生地は、よく見ると焼き芋っぽい焦げ目もついていてなかなかにリアル。近くで見なければ本物の焼き芋と見間違えてしまいそうです。お芋ペーストはねっとりとなめらかで、まるで安納芋を食べているよう。紅あずまの焼き芋をブレンドしているので、しっかりとした甘さがありますよ。

Photo by muccinpurin

焼き芋の皮に見立てたクレープ生地は、薄さがありながらももちもち。さつまいもペーストがかなり甘いので、甘みのないクレープ生地がバランスを取ってくれます。ホイップクリームの比率は少なめですが、さつまいも本来の味を感じるには十分な量。さつまいも好きな筆者にはちょうどよく感じられましたよ。

なめらかなペーストだけだと食べ応えがなさそうですが、ごろごろとした紅あずまがあることで、芋を食べている!という気分に浸れます。小ぶりなサイズでお値段250円ほどでややお高いかなと感じましたが、各パーツに食感が違うさつまいもを使っていることを考えると、ちょうどいいお値段かもしれません。

見た目はほぼお芋ですが、焼いもよりも甘みが強いので、合わせる飲み物は無糖のコーヒーやミルクティーがよさそう。牛乳と合わせてもおいしそうですね。

お芋よりお芋っぽいスイーツ、ハマりそう!

Photo by muccinpurin

さつまいも風味のクレープ生地、紅あずまの焼き芋入りペースト、ごろごろ食感の紅あずまという芋尽くしのスイートポテト。やや甘みが強い感はありましたが、芋好きな筆者の心に刺さる秋のご褒美スイーツでした。

味はもちろん、焼き芋のような見た目にもズキュン!いまだけしか食べられない秋の注目スイーツを、ぜひ味わってみてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:まるでお芋みたいなスイートポテト
■内容量:1個
■価格:245円(税込)
■カロリー:1個あたり224kcal
■販売日:2021年11月9日(火)
■販売場所:沖縄地域を除く全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:6枚
まるでお芋みたいなスイートポテトのパッケージ
まるでお芋みたいなスイートポテト
皿に盛り付けたまるでお芋みたいなスイートポテト
まるでお芋みたいなスイートポテトをフォークでカットする様子
フォークでカットしたまるでお芋みたいなスイートポテト
皿に盛り付けたまるでお芋みたいなスイートポテト
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ