ライター : akiharahetta

フードコーディネーター / 野菜ソムリエ

フード業界在籍歴10年以上。湘南の自宅と千葉の自宅を往復し、2つのキッチンを操るライフスタイルを送る。3度の飯とサーフィンが大好き。

温度にこだわる。99%までの未完成ケーキ

Photo by 株式会社ヌクメル

手作りのケーキは、焼きたてから粗熱をとり、人肌になった頃が一番おいしく感じます。そんな温度にこだわったケーキ「Nukmel(ヌクメル)」が、2021年10月4日より新発売されました。「おうちカフェを楽しむための最強スイーツ」と、早くも噂になっています。

なんでもちょっと変わった食べ方をするそうなのですが……。さっそく商品を入手し、これから実際に食べていきたいと思います!

新感覚のケーキ「Nukmel(ヌクメル)」

Photo by akiharahetta

Weekend Pack/3,980円(税込)
「Nukmel」は、北海道札幌市を本拠地とする株式会社ヌクメルが販売しています。北海道といえば、おいしいものの宝庫。スイーツも例外ではなく、数々の有名な銘菓がありますよね。

豊かな自然の中で育まれる新鮮な乳製品があるから、おいしいスイーツが作れるのでしょう。そんな北の大地から生まれた本商品、自然と期待が高まります。

美しいパッケージにドキドキ!作り立てケーキが自宅に届く

Photo by akiharahetta

「Nukmel」はオンライン販売商品。北海道産のこだわり食材を使い、工房で丁寧に作ったケーキを直接自宅に届けてくれます。作り立てが届くなんて嬉しいですよね。

この記事でご紹介するのは「Weekend Pack(ウィークエンド パック)」という3個セットです。特別な週末のごほうびにとのことですが、どうですか?この美しいパッケージ。立派なボックスに入ったおしゃれなケーキは、スペシャル感120%。まさにごほうびと呼ぶにふさわしいセットです。

紙パッケージを破ると、中からケーキが……

Photo by akiharahetta

円柱型のボックスを外すと、紙袋になっており、その中にケーキが入っています。ケーキに触れないようそっと紙袋を破りましょう。ちょっとドキドキ、かなりワクワクしながら、開封する瞬間がたまりません。

袋の中を覗くと、真っ白なクリームが見えます。ピンク色の容器に入っているようですよ。

Photo by akiharahetta

取り出した本体がこちら!陶器の器に入った雪のように真っ白いケーキのご登場です。くすみカラーのピンク器もかわいらしく、フレッシュな手作りケーキの雰囲気を醸し出しています。

クリームに見えるのは、北海道産の材料を使用したチーズケーキ。4種のチーズ、2種類の生クリームを使い、ムース、スフレ、クッキーの5層構造になっているそう。おまけに器はオリジナルの耐熱ココットとのこと、これからおこなう作業の重要なポイントです。

最後の工程は自分で。ヌクメルのおいしい食べ方

Photo by akiharahetta

「Nukmel」は作り立てのおいしさを閉じ込めた冷凍ケーキ。「どうやって食べるのかな?」と思っていたら、付属のパンフレットに詳しい食べ方が載っていました。

読んでみてびっくり!なんと、電子レンジで温めて食べるんだそうですよ。たいていの冷凍ケーキは、室温で自然解凍か、冷蔵庫で低温解凍がお決まり。電子レンジで温めるなんて初耳です。

本当にいいの?思い切ってレンジでチン

Photo by akiharahetta

温め方は、200Wの解凍モードで5~6分。ときどき温め加減をチェックしながら、様子を見ます。クリームのような真っ白いムース部分がとろけ、角がゆるくなったら食べ頃です。

ここであることに気づき、はっとしました。商品名の「Nukmel」って、温める(ヌクメル)のことなんですね。なんてかわいらしい名前なんでしょう♪ ほんのり温かいケーキを想像して、ほんわかした気分になります。
Photos:10枚
ヌクメルの断面
テーブルの「ヌクメル」のパッケージと箱が並んだ様子
外装を外した紙袋に包まれた「ヌクメル」
開封途中の「ヌクメル」を上から見たところ
ピンク色の器にはいったケーキと「ヌクメル」のパッケージ
「ヌクメル」本体とパッケージ、パンフレットが並んでいる様子
電子レンジの手前で、皿にのった「ヌクメル」ケーキを手で持っている様子
「ヌクメル」のチーズケーキと紅茶のテーブルコーディネート
「ヌクメル」のチーズケーキをスプーンですくったところ
「ヌクメル」のチーズケーキと箱、紅茶などがテーブルに並んでいる様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ