ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

食欲の秋、真っ盛り!

こんにちは。macaroni 編集部の福田です。

朝晩は、めっきり肌寒くなってきましたよね。窓を開けるとどこからか金木犀の香りが漂ってきて、「秋だなぁ……」と感じる今日この頃です。

さて、芸術の秋、スポーツの秋、読書の秋といろいろありますが、私はやっぱり「食欲の秋」!いつも以上に食べる楽しみが増して困っています。先日、編集部員の内山と栗の記事の取材で茨城県・笠間市を訪れたときも、栗のお菓子や加工品をついつい買い込んでしまいました(笑)。

お米をはじめ、日本全国でさまざまな食材が実りを迎えるこの時期。macaroniでも、とれたての“おいしい”情報をたくさんお届けする予定です。

10月の特集は「おいしい秋 見つけた−日本列島 北から南−」

Photo by Nobuyoshi Miyamoto

10月のmacaroniの特集は「おいしい秋 見つけた−日本列島 北から南−」。

日本各地の名産品やレシピ・グルメにスポットを当て、全国津々浦々、北から南まで“おいしい”モノの情報をたっぷりお届けしますよ。

本記事では、10月に公開予定の記事を少しだけご紹介しちゃいます。

内山担当:「お米の炊き方、新常識!」

Photo by macaroni

macaroni 編集部 暮らし・フード&ドリンク担当ディレクター /内山
おうち大好き人間。食に関しては広くいろいろなことを知りたいタイプ。食材や料理、食器などひとつひとつに込められた作り手の想いを知るのが好き。
「この時期の楽しみといえば、やっぱり新米ではないでしょうか。せっかくの新米は、最高においしい状態で味わいたい!

じつは、米農家さんをはじめ、精米機や炊飯器を販売しているメーカーなど、あらゆる人の努力によって年々お米のおいしさは向上しているんです。長年伝えられてきた “ご飯の炊き方” にも変化があるそうで……。

そこで、象印マホービンの商品企画担当の方に、最新の炊飯事情を教えてもらいました。あなたの常識が覆るかもしれませんよ」

高崎担当:「マニア一押し!ご当地大学芋」

Photo by macaroni

macaroni 編集部 ヘルス&ビューティー担当ディレクター/高崎
関西出身、寿司屋の娘。管理栄養士の資格を持つ。健康的な食生活を心がけているものの、仕事終わりのビールはやめられない。好きなものは、おいしいパンとすてきな器。
「秋といえば、さつまいも。さつまいもといえば、大学芋ですよね!今、大学芋の専門店が全国的に増えていて、ジワジワと人気が広がっているんです。

そこで、大学芋を愛してやまない大学芋愛協会の会長・奥野靖子さんに、お取り寄せができるおいしい大学芋専門店を教えていただきました。

大学芋とひと言でいっても、いろいろなタイプがあるので、ぜひチェックしてみてください」

道岡担当: 毎週金曜更新「気鋭のシェフ直伝!秋のごはん泥棒レシピ」

Photo by macaroni

macaroni 編集部 おでかけ担当ディレクター/道岡
食・植物・音楽など、フリーダムに企画を担当。持ち前の好奇心と胃下垂によって新店調査も欠かさない。インスタ(@mi_gourmet21)でグルメ情報を地道に発信中。

Photo by keiji okazaki

「毎週金曜日更新の『気鋭のシェフレシピ』連載。10月は、ごはんに合うさまざまなおかずを紹介します。

レシピを教えてくれたのは、東京・渋谷にある『Bistro Rojiura(ビストロ ロジウラ)』の鈴木シェフ。『ロジウラ』はミシュランガイド東京でビブグルマンを獲得している、食通の間ではいわずと知れた名店なんです。

鈴木シェフが得意とするイタリアンとフレンチをベースに、和と洋のエッセンスを加えたレシピをお届けする予定です。楽しみにしていてください!」

福田担当: 毎週日曜更新「野永喜三夫さんのヤバうま!おにぎり」

Photo by macaroni

macaroni 編集部 チーフディレクター/福田
万年ダイエット宣言をしているが、おいしいものを目の前にするとストッパーが外れてしまう根っからの食いしん坊。家族は夫と小学生の息子に、2匹の姉妹ねこ。キャンプとキッチン道具集めが趣味。

Photo by macaroni

「ピクニックや運動会などレジャーが盛りだくさんの秋。お弁当を持っていくならおにぎりが欠かせません。そこで、老舗日本料理店『日本橋ゆかり』の野永喜三夫さんに、基本のおにぎりの握り方やアレンジ方法を教えていただきました。

ごはんと具材の黄金比率や洗い物を出さない握り方、コンビニ食材だけで作る“ヤバうま”なアレンジなどを5回にわたってお届けします。全部読み終えたときには、あなたもきっと“おにぎりマスター”になれるはず!」
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ