ライター : macaroni_press

macaroni公式プレスリリースアカウントです。企業からの公式情報を元に、新発売や新店舗の案内、週末のイベント情報などをお届けします。

「MUJI 新宿」と「無印良品 新宿」がリニューアルオープン!

Photo by 株式会社良品計画

2021年9月10日(金)、新宿地区の中心部に位置する2店舗「MUJI 新宿」と「無印良品 新宿」が、リニューアルオープンしました。

2店舗を軸とした地域発展への貢献

「MUJI 新宿」は、環境や社会の課題に目を向けた商品やサービスと、アート・デザインをテーマにした雑貨、家具に特化した旗艦店としてリニューアル!

また、「無印良品 新宿」は化粧品や掃除用品、冷凍食品、日替わり弁当などのくらしの基本となる日用品を拡充し、販売しています。

無印良品最大の「ReMUJI」

Photo by 株式会社良品計画

無印良品では、お客さんが愛用してきた商品を染め直し、新たな価値を持つ商品に再生させた「ReMUJI」を、2010年より販売しています。リニューアルした「MUJI 新宿」では、無印良品最大の「ReMUJI」売場を新たに展開。

色のバリエーションを増やし、藍色、淡色、墨黒などに染め直して再販売されていますよ。また、対象アイテムを拡大し、今まで扱っていなかった素材や色も対象となり、洗いなおして古着として販売しています。

さらに、回収した衣料品の中で、ほつれ・破れがあり、今まで規格から外れていたものも、パッチワーク加工を施して再商品化。

多くの方に「ReMUJI」の活動に参加してもらえるように、東京都内の無印良品の店舗では不用となった衣料品の回収ボックスが設置される予定です。

人にも地球にもやさしい「MUJI 新宿」と「無印良品 新宿」

Photo by 株式会社良品計画

「MUJI 新宿」では、無印良品の衣料品やプラスチック製品の回収に加え、不用になった無印良品のユニット棚のパーツや無印良品の紙袋、古本、保冷剤をリサイクルやリユース活動を実施します。

また、店内には「もったいない市」を常設。ベッドやデスク、収納用品などの家具から生活雑貨小物まで、使用するには問題はないけど、わずかな傷や汚れ、色味や染め具合などで販売できない商品を集め販売していますよ。

家庭で食べきれず余っている食品(缶詰・レトルト食品・乾物・乾麺・飲料・調味料など)を店舗で回収し、NPO団体を通じて必要としている方に届ける「フードドライブ」の取り組みを導入しています。

また店内レストラン「Café&Meal MUJI(カフェ&ミール・ムジ)」では、フードロスを極力削減するため、今まで店頭のみで提供されていたデリメニューのパック詰めの販売をスタート。

さらに、多様なバックグラウンドを持つ方に対応するため、男女共用トイレも設置されています。また、車いすのアテンドサービスも実施され、手話や多言語可能なスタッフも滞在!

24時間利用可能な自動販売機

Photo by 株式会社良品計画

店舗入口には、無印良品の自動販売機が5台設置されています。24時間利用可能なのが最大の特徴!軽食や飲み物からマスクや歯ブラシなどのアメニティ、急に必要となる折り畳み傘まで、早朝、夜間問わず、気軽に購入できますよ♪

無印良品最大のIDÉE売場

アートやデザインを軸とした置物や食器、家具などを取りそろえた国内の無印良品最大のIDÉE売場を展開。「MUJI 新宿」では、IDÉEの家具に限らず「ゆたかなくらし」に根差した無印良品の家具もエリア最大の品ぞろえへと拡大しているのも特徴ですよ。

また、地域の作家やクリエイターの方々を招き、アート・デザイン環境、社会課題をテーマとしたイベントが定期的に開催される予定です。

「無印良品 新宿」で環境にやさしい “いいもの” をゲット♪

「MUJI 新宿」と「無印良品 新宿」が、より環境や人にやさしい店舗にリニューアル!最大級の売り場の「ReMUJI」や「もったいない市」など、ほかの店舗にはない取り組みが盛りだくさんです。環境や地球にやさしい “いいもの” を探してみてはいかがでしょうか。

お近くに行く際は、ぜひ2店舗とも訪れてみてくださいね♪
Photos:4枚
無印良品の店内イメージ画像
デニムやシャツがのったRe MUJIの画像
もったいない市の画像
自動販売機が2台置いてある
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ