ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンにリッチなピスタチオラテが登場!

Photo by muccinpurin

2021年8月17日(火)、ローソンから新作ドリンク「アイスピスタチオラテ」が登場しました。

ローストしたピスタチオでなめらかなピスタチオペーストを作り、マチカフェ自慢のミルクと合わせた、夏にぴったりな一杯をレビューします。

ローソン「アイスピスタチオラテ」

Photo by muccinpurin

240円(税込)
“マチのホットステーション” というキャッチフレーズにもあるように、ローソンにはコンビニ定番のおにぎりやお菓子のほかに、できたてのドリンクを提供する「マチカフェ」が存在します。

この度そんなマチカフェから新たに「アイスピスタチオラテ」が発売されました。昨今のピスタチオブームは目を見張るものがあり、アイスクリーム、チョコレート、クッキーなどさまざまなピスタチオアイテムが登場していますが、できたてのピスタチオラテが味わえるのはマチカフェがあるローソンならではですよね。

マチカフェ自慢のミルクがポイント!

Photo by muccinpurin

レジでアイスピスタチオラテを注文しお会計を済ませると、氷とピスタチオペーストが入ったカップが手渡されます。ローソン公式サイトでは透明なプラスチックカップでしたが、環境への影響を考えて紙カップでの提供となっているようですよ。

受け取ったカップに、店内備え付けのマシンから「ハーフミルク」を注げば、アイスピスタチオラテの完成。仕上げのミルクを自分で注ぎ、できたてを味わえるのが魅力的ですね。

しかも、タンブラーを持参すれば税込価格から10円引きとなるとのこと。マイタンブラーをお持ちの方はぜひお試しください。

※店舗によって提供スタイルが異なる場合があります。

甘さ控えめ。すっきりとした飲みごこち

Photo by muccinpurin

ピスタチオといえば鮮やかな黄緑をイメージしてしまいがちですが、見た目はかなり淡い緑色。とはいえ世に出回っているピスタチオアイテムの多くが緑色に着色されているため、ピスタチオラテの淡い色は自然なピスタチオの色と言えます。

Photo by muccinpurin

色がわかりやすいようにグラスに移し替えてみましたよ。ピスタチオペーストにミルクを注いで作る、という都合上底にピスタチオペーストが溜まっていることがあります。そのまま飲むと薄く感じることがあるので、かならずカップをゆすってなるべく濃さを均一にしてから飲むことをおすすめします。(環境への配慮から、ストローは付いていません)

気になる味わいですが、ピスタチオの香ばしい香りはもちろんのこと、とにかくミルクが濃いんです。ローソンの公式サイトにもある通り、こだわりが詰まったミルクはコクがあってミルク感が強く、飲みごたえがあります。ミルクが濃いとはいえ、それに負けないくらいピスタチオの風味も感じますよ。

Photo by muccinpurin

甘さ控えめなので、暑い季節にもあと味スッキリ。甘いのが好きな方には物足りなく感じるかもしれませんが、その場合は店頭にあるガムシロップを足して加減してくださいね。

そして、暑いとせっかくの濃いピスタチオラテが薄まってしまうので、涼しい部屋で飲むか氷を少なくしてもらうといいでしょう。お会計の際に店員さんに希望を伝えてみてくださいね。

飲む価値ありの一杯

Photo by muccinpurin

ローストしたピスタチオの香ばしい風味はもちろん、コクのあるミルクの味わいが心地よく、市販のドリンクよりもやや割高ではありますが、飲む価値ありの一杯ですよ。

※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください

商品情報

■商品名:アイスピスタチオラテ
■価格:240円(税込)
■カロリー:1杯あたり153.5kcal
■販売日:2021年8月17日(火)
■販売場所:全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※タンブラーを持参すると、税込価格より10円引きとなります。(セルフマシン提供店を除く)
Photos:7枚
グラスに注いだアイスピスタチオラテ
アイスピスタチオラテが入った青い紙カップを手で持つ様子
青いカップにミルクを注ぐ様子
カップに注がれたアイスピスタチオミルク
グラスに注いだアイスピスタチオラテ
アイスピスタチオラテが注がれたグラスを持つ様子
アイスピスタチオが注がれた青い紙カップを手で持つ様子
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ