5. 調べてから購入してみる

「食料品だけでなく、日用品やコスメにも動物は使われています。新しく何かを購入するときは、どのようにして私たちの元へやってくるのかを調べてみましょう。

海外には、動物性不使用を表す『Vegan』表記や、動物実験していないことを示す『Cruelty Free(クルエルティーフリー)』のマークがあります。動物実験にはうさぎがよく使われるので、うさぎのマークが多いですね。

最近では日本の製品にもこのような表記をするメーカーが増えてきましたし、表記がない場合はホームページで調べることもできます」

「できないこと」ではなく「できること」に目を向けよう

「人それぞれ生活環境が違うこともあり、ヴィーガンに挑戦するのは『簡単』とも『むずかしい』とも断言することはできません。まずは完璧でなくていいので、自分ができるやさしい選択から始めることが大切だと思います」とのぞみーるさん。

食生活や身の回りのものすべてをいきなり変えるのは大変ですが、“調べること” であれば、すぐにでも実践できそうだなと思いました。ソイミートのようなプラントベースの食品を使って、菜食料理に挑戦してみるのもいいですね♪

教えていただいた5つのポイントを参考に、皆さんもぜひ “できること” からヴィーガンを始めてみてください。
【参考文献】
(2021/08/10参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ