ライター : オミ

グルメ&情報ライター

航空、教育、美容業界での経験と勘を活かして、地域密着型の情報ライターもしています。macaroni読者様へ、阪神圏のおいしくて素敵なお店やグルメ情報をたくさん紹介していきます。

1. 神戸へ来たら外せない「ブーランジェリー コム・シノワ」

Photo by オミ

種類豊富で、オリジナリティあふれるパンが大人気の「Boulangerie Comme Chinois(ブーランジェリー コム・シノワ)」。それもそのはず、おいしくておしゃれな総菜パン、サンドイッチ、スイーツは、フレンチのシェフが手掛けているんです。

お店の奥にはカフェが併設されていて、ドリンクを注文すればイートインも可能。季節の素材を使用したランチにも定評がありますよ。

ハード 小

Photo by オミ

540円(税込)
「ハード 小」はミニハードトーストのことで、小さくても存在感はしっかり。もちもちした生地からは、噛みしめるごとに小麦の香りと味が感じられます。

厚めにスライスしてトーストしたり、卵液にじっくり浸してフレンチトーストにしたりするのもおいしそう♪

ジャガイモを生地に練りこんだ「ポテトパン」や、「クロワッサン サク」など、コム・シノワでないと食べられないパンもおすすめですよ。
店舗情報

2. ハード系の絶品パンなら「サ・マーシュ」

Photo by オミ

「Ca Marche(サ・マーシュ)」は、ブーランジェリー コム・シノワから独立した西川シェフがオープンしたお店。北野異人館街に近い山の手にあります。お店のゲートから入り口のドアまで、細く長いアプローチが続き、ワクワクした気持ちになりますよ♪

テラス席では、ドリンクとともにパンを楽しむことができます。

ハードトースト

Photo by オミ

432円(税込)
耳がパリッパリで、中はもちもち食感の「ハードトースト」。力強い弾力が特徴の生地です。小麦の風味と酸味が味わえる、本物志向のパン。

お食事系もスイーツ系も、噛めば噛むほど深い味わいのパンばかりです!ハード系がお好みの方なら気に入ること間違いなしですよ。
店舗情報

3. 神戸のパン屋さんといえば「イスズベーカリー 元町店」

Photo by オミ

パン消費量上位の神戸市で、長い間愛され続けている「イスズベーカリー」。1946年創業の老舗で、神戸のパンといえばここ!と言っても過言ではないほどです。

「イスズベーカリー 元町店」は神戸元町商店街や神戸中華街の近くにあり、お客さんが絶えないお店。カレーパンやクリームパンが人気です。70cmほどの超ロングソーセージをフランスパンの生地で包んだトレロンは、お店の看板商品ですよ。

エンペラー(小)

Photo by オミ

442円(税込)
しっとりした口当たりの「エンペラー(小)」は、乳脂肪45%の生クリーム、フレッシュバター、ヨーグルトを使用した山食パン。第25回全国菓子博名誉総裁賞受賞という実力派パンです。

トーストすると、軽くさっくりとした歯ざわりが小気味よく、ぺろりと食べられますよ。お好みのジャムを塗って、召し上がれ♪
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ