ライター : オミ

グルメ&情報ライター

航空、教育、美容業界での経験と勘を活かして、地域密着型の情報ライターもしています。macaroni読者様へ、阪神圏のおいしくて素敵なお店やグルメ情報をたくさん紹介していきます。

1. 神戸のお菓子代表といえば「神戸風月堂 元町本店」

Photo by オミ

創業はなんと1897年の「神戸風月堂 元町本店」。現在の地で生まれ、長い間神戸の人々に愛され続けている老舗です。

お店を代表するお菓子は、ゴーフル!フランスの焼き菓子を、日本人の口に合うように研究を重ねて作り出されました。最近では、ゴーフニャというやわらかいゴーフルが話題ですよ♪

チョイフル ギフトボックス 5入り

Photo by オミ

1,015円(税込)
かわいい動物たちに誘われて、パケ買い必至の「チョイフル ギフトボックス 5入り」。バニラ、チョコレート、濃い抹茶、ストロベリー、ショコラオレンジの5種類のミニゴーフルが、3枚ずつ入っています。

大きさはミニでも、パリッとサクッとした食感と素朴でやさしい甘さに変わりはありません。神戸伝統のお菓子、ぜひ食べてみてくださいね♪

2. 神戸のおしゃれ感を演出「パティスリー トゥーストゥース 本店」

Photo by オミ

おしゃれな神戸の街を、より素敵に演出してくれる「PATISSERIE TOOTH TOOTH(パティスリー トゥーストゥース)本店」。旬のフルーツを使ったタルトや焼き菓子が評判のお店です。

2階は、モノトーンが基調のファブリック家具と、レトロな照明で不思議な華やかさのあるサロン。スイーツのほかに、パスタやガレットなどのお食事も楽しむことができますよ。

トゥース・サブレ・クラシック

Photo by オミ

864円(税込)
創業当時からの定番フレーバーを詰め込んだ「トゥース・サブレ・クラシック」。ココナッツ、ショコラ、ノワゼットの3種が楽しめるセットです。

1枚が厚さ1cmほどあり、ざっくりした歯ざわりとほどけていく感覚がおもしろいサブレ。パッケージには、お店のイラストが♪

ほかの焼き菓子も、神戸らしいクラシカルなデザインがかわいいと評判です。
店舗情報

3. 高級感ある焼き菓子なら「フロインドリーブ 生田店」

Photo by オミ

1924年から続くベーカリー「FREUNDLIEB(フロインドリーブ)生田店」。古い教会を改装した店舗の、厳かでクラシカルな雰囲気は、誰もが魅了されてしまうはず。

1階はパンやスイーツ、ギフトがそろうショップ、2階は元礼拝堂だった空間を利用したカフェです。休日は行列ができるほどの人気店ですよ。

ダブルスイート No.0.7

Photo by オミ

777円(税込)
スイートハート(中ミミ)とミックスクッキーがセットになった「ダブルスイート No.0.7」。バターをたっぷり使用したスイートハート(中ミミ)は、ドイツで縁起がよいとされる豚の耳をモチーフにしています。

キャラメリゼした砂糖のカリッとした歯ざわりと、生地のサックサク感が上質な印象。ミックスクッキーは種類豊富で9枚入っていますよ♪

パッケージがかわいいので、ちょっとしたプレゼントにもよさそうですね。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ