ライター : china0515

フードアナリスト2級 / フードスペシャリスト

現役女子学生。macaroni随一のスイーツマニア。365日コンビニアイスを食べ、新商品のチェックは欠かさない。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生…もっとみる

毎日更新!“365日アイス女子” の新作レビューvol.296

“365日アイスを食べ続ける” 、アイス女子chinaが新作アイスを毎日更新するノンストップレビュー企画!

とにもかくにもアイスが大好き。毎日アイスを食べるわたしだからこそわかる、魅力や惜しいポイントまですべて紹介していきます!アイスコーナーで毎回悩んでしまう人も、これを読めば好みのアイスに出会えるかも……?

この記事の案内人は…

Photo by china0515

365日アイス女子:china
毎日欠かさずコンビニアイスを食べ続ける、現役女子大学院生ライター。休日はカフェ巡りに勤しみ、気になるスイーツがあればどこへでも飛んでいく生粋の甘党!一番のお気に入りアイスは「PARM ロイヤルミルクティー」。

ファミリーマート「ベビースターラーメンチョコアイスバー」

Photo by china0515

価格:151円(税込)/販売地域:全国のファミリーマート
今回ご紹介するアイスは、2021年8月3日(火)に発売された「ベビースターラーメンチョコアイスバー」です。

誰もが一度は食べたことがあるロングセラー菓子「ベビースターラーメン」がついにアイスになって登場!ファミリーマート先行発売・数量限定で発売されました。私も発売前から気になっていたので、さっそくゲット。気になる味わいをご紹介します。

ベビースターラーメンがアイスになって登場!

Photo by china0515

おやつカンパニーで長年愛され続けている「ベビースターラーメン」を使ったアイスバー!バニラアイスをチョコレートでコーティングし、その上からベビースターラーメンがたっぷりとトッピングされています。

パッケージにはベビースターラーメンのキャラクター「ホシオくん」も。本家そのままなポップなデザインですね。

なんとこのアイス、みなさんもよく知っている九州のご当地アイスとして有名な「ブラックモンブラン」を製造している竹下製菓と、おやつカンパニーがコラボしてできた商品なのだそう!

チョコの甘さにベビースターラーメンの塩味がクセになる…

Photo by china0515

袋から取り出してみると、これまで見たことのないアイスバーが出てきました!たしかに、こうやってみてみるとブラックモンブランに似ていますね……。

いざ、実食!パリパリっとベビースターラーメンとチョコレートコーティングの食感が味わえて、そのあとにバニラアイスが広がります。ベビースターラーメンがたっぷりとついているので食感も楽しいですね。なんといっても塩味がきいていて、ビターなチョコレートのなかにベビースターラーメンの甘じょっぱさがあり、クセになります。

バニラアイスとの相性も申し分なし

Photo by china0515

ベビースターラーメンをアイスと一緒に食べたことがなかったので、食べるまえは本当においしいのか若干不安だった筆者。

しかし、いざ食べてみるとバニラアイスとの相性も良く、より甘みが引き立った味わいに感動しました。バニラアイスも濃厚すぎず、後味さっぱりなので食べやすいのかもしれませんね。

アイス女子的採点!78点

アイス女子的視点で採点してみたところ……、結果は78点!

見た目のインパクトがかなり大きく、パッケージも本家そのままなので人気アイスになる予感!「一度は食べてみたい」と思う人も少なくないはず。

バニラアイスとチョコとのバランスもよく、甘じょっぱい味わいが食べていて楽しかったので食べてみる価値アリですね。

ただ、やはりベビースターラーメンはアイスについているので、そのまま食べるよりもしんなりとした食感でした。そして、なんといってもボロボロこぼれてしまう……。食べるときは、受け皿必須ですよ!

商品情報

ベビースターラーメンチョコアイスバー
■内容量:104ml
■カロリー:210kcal
■発売日:2021年8月3日(火)
■価格:151円(税込)
■販売場所:全国のファミリーマート
※本記事は個人の感想に基づいたもので、感じ方には個人差があります。
Photos:5枚
岩田知夏のプロフィール画像
ファミリーマートのベビースターラーメンチョコアイスバーのパッケージ
ファミリーマートのベビースターラーメンチョコアイスバーのパッケージを持っているところ
ファミリーマートのベビースターラーメンチョコアイスバーの開封後
ファミリーマートのベビースターラーメンチョコアイスバーの断面
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ