ライター : macaroni 編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

忙しい毎日に休息を。自宅でのんびりレストラン気分

Photo by 神山彩子

家族で暮らしていると欠かすことのできない毎日の料理。献立を考えたり食材を準備したり、どれだけ料理が好きでも「疲れてしまってやりたくない……」「何も思いつかない……」と、そんな日もありますよね。

特に生まれたばかりの赤ちゃんや、まだ小さなお子さんがいるご家庭は、料理だけでなく子どものお世話、洗濯、掃除などやることが多くて大変。それに加えてコロナ禍の影響で外食にも出かけづらい状況で息抜きすらままなりません。

そこで便利なのが、自宅までシェフが来て料理を作ってくれる、出張シェフサービス。

育休中で赤ちゃんのお世話に奮闘中のmacaroni編集部員宇宿(うすき)が、期間限定で出張料理サービス「シェアダイン」とコラボ中のル・クルーゼのUMAMI出張レストランを利用してみました。

おうちにシェフがやってきた!

Photo by 神山彩子

ーー13:15
インターホンが鳴り、シェフをお出迎え。食材の入った大きな袋と調理器具などを入れたスーツケースを持って、本日担当してくれるシェフが到着しました。落ち着いたやさしい雰囲気が印象的。

「鍋も調理器具も特別なものはない、こんな一般家庭の台所でプロが料理できるのだろうか」と、不安そうな宇宿をよそに、笑顔で挨拶するシェフ。

さぁ、どんな料理ができあがるのでしょうか。

さっそく準備をスタート

Photo by 神山彩子

ーー13:25
当日のメニューや大まかな流れを説明してくれた後に、シェフは白いコックコートに着替え、持参した調理器具を出して準備開始!

担当してくれたのはフレンチの料理人yousukeシェフ。調理師専門学校を卒業後、都内ホテルやレストランで修行を積み、埼玉県内のミシュラン三ツ星レストラン、都内の肉ビストロ店に勤務。

自身の持病がきっかけで一度料理から離れた際に「食とはなにか」を改めて考える。

「食は人を良くすると書くことから、病気で悩んでいる方や、記念日に大切な人と過ごしたいと思っている方に感動を届けたい」とyousukeシェフ。全日本出張シェフサービス協会の認定をうけ、シェアダインの出張シェフとして活躍しています。

色鮮やかで自然な味付けのフレンチに定評があり、リピーターを抱える人気のシェフです。

いよいよ調理開始!

Photo by 神山彩子

ーー13:40
【肉類と魚介類の下準備】

食材をキッチン台に並べて、まずは魚介類と肉類に塩で下味をつけていきます。今回用意していただいた食材は肉類4種、魚介類5種、野菜20種の計29種類!家庭では数も種類も一度にそろえるのが大変ですが、次々と並べられていく食材にワクワクします。

最初に調味料、調理器具、食器の場所を宇宿に確認。
「今回はル・クルーゼさんとのコラボで、すべての調理にル・クルーゼの鍋を使います。そして味付けにはコンソメなどを使わずに、塩だけで食材の旨みを引き出しますよ」と頭の中でイメージする手順通り、手際よく下処理が進んでいきます。

Photo by 神山彩子

ーー14:00
【野菜の準備】

次に野菜をカット。料理のできあがりが楽しみになるような、色とりどりの野菜が並びます。

「なるべくたくさんの色を使うことで、華やかな仕上がりになるよう心がけています。そうすることでお客さんが喜んでくれるんですよね。普段は一週間分の作り置きの依頼が多いので、さまざまな種類の食材を用意します」

Photo by 神山彩子

ーー14:20
【ハーブやスパイスを使って調理】

下準備を済ませた食材を調理していきます。家庭にあるスパイスやハーブの中から、この日の調理に使えるものを探します。

「タイム、オレガノ、ローリエは肉や魚介類の臭み取りとしてよく使います。スパイスやハーブを常備していないというお宅でも、あるものや持参したもので作ることができるので問題ありません」とのこと。これならたくさんの調味料を持っていなくても安心してサービスを受けられそうです。

Photo by 神山彩子

ーー14:30
初めて来た家の慣れないはずのキッチンですが、菜箸、ピーラー、ボールなど調理道具を取り出し、まるで昔からここで料理をしていたかのような素早い手つきに思わず見入ってしまいます。

調理中、気をつけていることを伺うと「住宅のキッチンという限られたスペースで作業するので、フライパンなどの取っ手を引っ掛けそうになったこともあります。そうならないように取っ手が取れるタイプのものなら不要な時は外す、取れないものなら奥の方に位置をずらすなど、気をつけています」とyousukeシェフ。

お店とは違った一般家庭のキッチンスペースでは、細やかな動きが必要なんだそう。

Photo by 神山彩子

ーー15:00
【メイン食材の調理】
「鶏胸肉は煮込む前に焼くことで臭みを消すことができます」

シェフに食材や調理方法について質問すると、気さくに答えてくれるので料理の参考にもなります。普段からお客さんによってはよく会話される方もいるそう。

「小・中学生のお子さんがいる共働き家庭からのご依頼も多く、お客様のお子さんが興味深々に話しかけてくることがよくあります。そして『おいしかった』と言ってもらえるとやっぱり嬉しいですね」

色鮮やかな料理が、次から次へとテーブルに並び始めます。お皿も家庭にあるものを使っておしゃれに盛り付け。器選びもシェフのセンスが光ります。

Photo by 神山彩子

赤ちゃんから目が離せないパパとママは大助かり

Photo by 神山彩子

一方、育休中の宇宿は赤ちゃんのお世話。ちょうどつかまり立ちをするようになったこともあり、目を離すとソファーによじ登ったり、ちょっとしたはずみに転んでしまったり、まったく目が離せません。

宇宿「夫婦ともに食べることが大好きですが、子どもが生まれてからはゆっくり料理することも外食もむずかしく、macaroniの記事やグルメ雑誌などを見るたびに『おいしいものが食べたい!』という欲求が膨らむばかり。

グルメのお取り寄せも妊娠中からいろいろと試しましたが、調理や盛り付け、片付けの手間は意外とあなどれません。作ってテーブルに並べて片付けもやってくれるロボットがいればいいのに……。そんなことを考えていましたが、シェアダインはまさにわたしが求めていたサービスそのものです!」

そうこうしているうちに、約3時間で9品の料理が完成!

ル・クルーゼコラボプラン、フレンチコースのできあがり

Photo by 神山彩子

ーー17:00
ル・クルーゼの「シグニチャー・ココットロンド」と「シグニチャー・ココットエブリィ」を使用したメニューのできあがりです。今回は9品を作っていただきました。

とっても楽しみに待っていた料理をみんなでいただきます!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ