ライター : macaroni 編集部 樋田

レシピ担当ディレクター

ドラマやKPOPはもちろん、韓国グルメにも目がない韓国大好きディレクター。丁寧な暮らしに憧れているが、実際のところはほど遠く、自分を甘やかした自由気ままな生活を送っている。

副菜作りの悩みを解消!

こんにちは、macaroni 編集部の樋田です。梅雨が明け今年もいよいよ夏がやってきますね。暑くてキッチンに立つのが億劫になってしまうこの季節。特に主婦の皆さんはリモートワークをする家族やお子さんの夏休みが始まり、食事を作る回数が増えるのではないでしょうか。

献立作りの際、意外とネックになるのが副菜。普段macaroniを利用してくださっているユーザーさんからも副菜のお悩みをいただくことが多々あります。編集部の偏愛アイテムを紹介するこの企画。今回はそんな副菜作りの悩みを解決してくれるおすすめ商品をご紹介します。

Photo by macaroni

“野菜と塩があれば2時間ほどで浅漬けが食べられる” そんな紹介ページを見て、楽天スーパーセールで即買いしたのが「KINTOの浅漬鉢」。蓋が重石の代わりになっているので、鉢の中に野菜を入れるだけで、手軽に浅漬けを作ることができるんです。

ころんとしたフォルムの浅漬鉢は、涼しげなガラス製。小ぶりで見た目もかわいいので、キッチンに置いていても邪魔にならず馴染んでくれます。私が浅漬けと言われて思い出すのは、おそらく本物の石で漬けていたであろうおばあちゃん家の光景。最近ではこんなにおしゃれな商品で浅漬けが作れるのか……と感心しました。

浅漬鉢にはSとM、2種類のサイズがあるのですが、私はひとり暮らしなので小さい方を購入。きゅうり、なすは各1本、かぶは2つほど入るくらいの大きさです。

使い方は超シンプル!

Photo by macaroni

先ほども少しご紹介しましたが、浅漬鉢の使い方は超シンプル。野菜を切ったら塩と一緒に入れて蓋をします。あとはお好みの漬け具合になるまで待つだけ。塩だけでもおいしく食べられるんですが、塩昆布や鷹の爪を一緒に入れてアレンジするのもおすすめですよ。(今回はかぶと塩、鷹の爪を入れました)

塩加減は毎回適当なので、今日は薄いな〜というときもあればベストな状態に仕上がることも(笑)。薄めのときは、あとから醤油や塩を足したりしています。

Photo by macaroni

2時間ほど漬けると、野菜から水分が出て浅漬け状態に。私はしっかり漬けた状態よりも野菜のシャキッとした食感が少し残っているくらいが好きなので、この状態で食べることが多いです!

今回はかぶのみを使用しましたが、もちろん複数の野菜を一緒に漬けてもOK!冷蔵庫に余ってしまった野菜を漬け込んでおくだけでも立派なおかずに変身してくてますよ。今の季節だとなすやきゅうりなどの夏野菜、冬にはゆずの皮と白菜を漬けるのもいいですよね。

そのまま出して洗い物削減

Photo by macaroni

この浅漬け鉢はそのまま食卓に出してもOK!小ぶりでシンプルなデザインなので、食卓に置いても違和感なくすぐに食べることができます。少しでも洗い物の量を減らしたい私のようなズボラさんにとっては嬉しいポイントですよね。

前日に漬けておけば、あとは冷蔵庫から出すだけなので、朝ごはんをパパッと済ませたい日のおかずとしても重宝しますよ♪

お酒に合わせるのも最高!

Photo by macaroni

副菜として大活躍してくれる浅漬けですが、お酒好きな私はおつまみとして食べているときの方が多いかもしれません。少量のごま油やお酢をかければさらにおいしさがアップしてビールやハイボールが順調に進みます(笑)。

季節の野菜を使用して通年浅漬けを楽しめる「浅漬鉢」ですが、火を使うのが嫌になる夏は特にうってつけのアイテム。手軽に作れるだけでなく、野菜のおいしさをしっかり感じられる点もお気に入りポイントです。

今後もまだ試したことのない野菜と調味料で、オリジナル浅漬け作りを楽しみたいな〜と思っています。

過去の連載はこちら▼
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ