ライター : macaroni 編集部 井上

トレンド担当ディレクター

福島県出身、甘いものと白米が大好物の食いしん坊。インテリア雑貨や陶器が大好きでひと目惚れしたものはすぐに買ってしまう。カレー好きが高じて、レトルトカレーの連載をスタート。話…もっとみる

高級和菓子店しみずから「shimizu No.17」登場

Photo by macaroni

大人気のさつまいもスイーツ店「高級芋菓子 しみず」がプロデュースする新ブランド、「shimizu No.17」が登場。2021年5月28日(金)より、ECサイトがオープンしました。

「shimizu No.17」はブランド名を商品名に刻んだフラッグシップ商品。たっぷりのお芋感となめらさかな口あたりを追求した “お芋×チーズテリーヌ” です。同商品は、ECサイトだけでなく、2021年6月1日(火)にオープンした「高級芋菓子 しみず 東急渋谷店」でも1日10本限定で販売されますよ。

この記事では、そんな高級スイーツを実食レポート。クリーム色と紫色の2層になっているケーキが、それぞれどんな味わいなのかも気になりますね……!

究極のなめらかさを追求した “お芋×チーズテリーヌ”

Photo by macaroni

価格:1本 3,780円(税込)
「shimizu No.17」には、江戸時代、江戸から川越までの十三里にひっかけて焼き芋が「九里四里(くりより)うまい十三里(9+4=13)」と謳われ販売されていたことから、「十三里(焼き芋)四里(より)おいしい」を目指したいという想いが込められています。そのため、13+4の17という数字が冠になっているんですよ。

ケーキには、安納黄金・紅はるか2種類の焼き芋を使ったオリジナルペーストをふんだんに練り込んだ生地が使用されています。 配合や温度など、約1年何度も試作を重ねてようやく試作品が完成したそう。

2021年4月にオープンした「高級芋菓子 しみず」新町店にて、しみずのファンの人々に試作品を試食してもらってアンケートをとり、ようやく販売商品が完成。製造工程に長い時間と手間がかかるため、 1日20本までの数量限定で販売されています。

黄金比率のカット幅で食べるのがおすすめ

Photo by macaroni

開封してみるとお芋の甘い香りがふわっと漂い、想像以上のずっしりとした重量感にも驚きます……。ケーキをカットする際は、包装されている紙ボードに記載の「いちばん美味しい黄金比率のカット幅」を参考にしてみてくださいね!

Photo by macaroni

冷凍状態で届くので、常温で2時間、または冷蔵庫で半日で解凍できますよ。

カットしている時点ですでに、ねっとり感と濃厚さが伝わってきます。チーズケーキっぽい香りはなく、焼き芋かスイートポテトのような香りが漂いますよ。

チーズの風味とお芋の甘み、ねっとり食感で幸福度上昇

Photo by macaroni

ケーキにフォークを通すと、スッと溶けるように入っていきます。ゴクリと喉を鳴らしながらさっそくひとくち。安納黄金と紅はるかの甘みと、ねっとり食感がすごい……!

通常のチーズテリーヌよりもざらっとした食感もあり、お芋のペーストがぎゅっと詰まっているのがわかります。「チーズの風味も結構強めかな?」と予想していましたが、チーズはアクセントになる程度で控えめです。

2層一緒に、別々に…食べ方次第でちがう味を楽しめる

Photo by macaroni

2層を一緒にすくって食べるのはもちろん絶品ですが、それぞれ別々に食べるのも、ちがった味わいを楽しめるのでおすすめです。下の紫色の部分は、特にお芋感が強いので、高級和菓子スイーツを食べているような感覚に。上部のクリーム色だけの部分は、チーズ風味が少し強めなので、洋菓子感もありますよ。

甘みが強いはずなのに、くどさがなく後味はすっきり。舌の上ですっと溶けていく口あたりと上質な味は、ひと口で幸せいっぱいになります。

食べた人すべてをトリコにする上質なケーキ

Photo by macaroni

高級芋菓子 しみずから新しくプロデュースされた「shimizu No.17」は、食べた人すべてをトリコにしてしまうような、高級感たっぷりのスイーツでした。

特別な人への贈り物や、自分への贅沢なご褒美にもぴったり。余韻が残るお芋のチーズテリーヌ、ぜひ一度堪能してみてくださいね。
Photos:7枚
shimizu No.17のケーキ
2層のチーズケーキ
黄金比のカット幅
2層のチーズケーキと切れ端
お皿にのっている2層のチーズケーキにフォークをおいている画像
チーズケーキをすくっている手元
お皿にのっている2層のチーズケーキ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ