ライター : オミ

グルメ&情報ライター

航空、教育、美容業界での経験と勘を活かして、地域密着型の情報ライターもしています。macaroni読者様へ、阪神圏のおいしくて素敵なお店やグルメ情報をたくさん紹介していきます。

1. 美しい日本庭園の中に「パンとエスプレッソと嵐山庭園」

Photo by オミ

2019年7月にオープンした「パンとエスプレッソと嵐山庭園」。渡月橋近くに佇む、とても素敵なお店です。

立派なかやぶき屋根のカフェは、有形文化財を改装したもの。枯山水の庭園を眺めながら、まったり過ごせます。ベーカリーは、離れの古民家風建築。どちらも日常の喧騒を忘れてしまう雰囲気ですよ♪

ムー

Photo by オミ

350円(税込)
キューブ型の姿がかわいらしい「ムー」。バターを惜しみなく使用した、芳醇な風味が人気の食パンです。

トーストしてもおいしいのですが、まずはそのままで食べてみてください♪ 生地は、ふんわりやわらか。むっちりとした独特の舌ざわりにバターのコクが加わり、食べる手が止まらなくなります。ほんのり塩気も感じ、飽きのこない味わいですよ。
店舗情報

2. 長く愛される老舗「進々堂 高島屋店」

Photo by オミ

進々堂は、1913年(大正2年)創業のベーカリー。創業者の方は、日本人として初めてパリへパン留学し、京都にフランスパンを広めたことで知られています。

京都市内にはベーカリーのほか、ベーカリーカフェやレストランを展開。ここ「進々堂 高島屋店」は阪急京都河原町駅に直結しており、気軽に立ち寄れるショップとして京都市民から愛されています。

ハナハーフ

Photo by オミ

540円(税込)
たっぷりの生クリームを使用した「hana(ハナ)」。バターやハチミツなどにもこだわり抜いて作られた、高級食パンです。

ほんのり甘くてしっとりした生地は、おやつにもピッタリ♪ 軽くトーストすれば表面はカリッと、中はもちっとした食感になります。写真はハーフサイズですが、1本1,080円(税込)もありますよ。
店舗情報

3. 京町屋で楽しむ食パン「京都祇園茶寮」

Photo by オミ

八坂神社石鳥居の南側、下河原通りにある「京都祇園茶寮(きょうとぎおんさりょう)」。2020年にオープンしたお店ですが、京都独特の雰囲気とここでしか味わえないメニューが話題となり、人気を集めています。

1階は食パンやどら焼き、和小物が楽しめるショップとカフェスペース。靴を脱いで上がる2階には、ソファで寛げる半個室もありますよ。

焼き立て蔵出し食パン

Photo by オミ

1,320円(税込)
日替わりで3種類のペーストとともに楽しめる「焼き立て蔵出し食パン」。店内の工房で焼き上げられた食パンは、ふんわりもっちりと、きめ細かな生地が特徴です。そのままでいただくと、小麦の甘味を感じることができるナチュラルな味わいですよ♪

この日のペーストは、有塩バター、しば漬けとあられがトッピングされた卵サラダ、柚子白あん。あたたかい特製白みそだしポタージュがついてきますよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ