ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

1. 葉山の人気パン屋「ブレドール葉山本店」

Photo by ササキマイコ

1995年葉山で創業した「BleDore(ブレドール)葉山本店」は、地元で愛されるベーカリー。店内奥にはイートインができるカフェスペースがあり、モーニングを目当てに県外から足を運ぶ人がいるほどの人気です。

食パンや菓子パン以外に焼き菓子も販売しているので、贈答用やちょっとしたお土産を選ぶのに便利ですよ。

ベーコンとドライトマトのフォカッチャ(左)、鎌倉やさいのゴロゴロカレーパン(中)、リンツァートルテいちじく(右)

Photo by ササキマイコ

486円、329円、648円(ともに税込) ※ベーコンとドライトマトのフォカッチャ、鎌倉やさいのゴロゴロカレーパン、リンツァートルテいちじくの順
おすすめは「鎌倉やさいのゴロゴロカレーパン」。パリッと焼きあげたパンの中に、スパイシーなカレーが入った焼きカレーパンです。新鮮な鎌倉野菜をたっぷりとトッピングした見た目が美しいですね。

「ベーコンとドライトマトのフォカッチャ」も、赤と白と緑のコントラストが食卓を彩ります。甘いものが好きな方には、いちじくのしっとりとした食感がクセになるリンツ地方の伝統的なケーキ「リンツァートルテいちじく」がおすすめです。
店舗情報

2. おしゃれな空間で葉山を満喫♪「ハヤマブレッドクラブ」

Photo by ササキマイコ

「HAYAMA BREAD Club(ハヤマブレッドクラブ)」は、自家製の天然酵母を使用し、石窯オーブンで焼き上げるアルチザンスタイルのベーカリー。

「毎日のことだからおいしくて身体に良いものを」というテーマの元、こだわりのパンと、パンに合う地元の専門店の食材を提供しています。

カリフォルニアスタイルの洗練された内装は、葉山のロケーションにマッチ。店内はカフェもあるため、ゆったりと時間を過ごすことができますよ。

チョコレートバブカ(左)、オーガニックラズベリーとルバーブのジャム入りビーツ&ラズベリークロワッサン(右)

Photo by ササキマイコ

518円、432円(ともに税込) ※チョコレートバブカ、オーガニックラズベリーとルバーブのジャム入りビーツ&ラズベリークロワッサンの順
おすすめは、ビーツでピンクに染まった生地が特徴的な「オーガニックラズベリーとルバーブのジャム入りビーツ&ラズベリークロワッサン」。ラズベリーの酸味とアイシングの甘さが絶妙なバランスで、すべてがピンク色の見た目もたまりません。

また、NYで大人気になった「チョコレートバブカ」もおすすめのひと品。チョコレートを折り込んだマーブル食パンで、濃厚でリッチな味わいが楽しめますよ。
店舗情報

3. 庭が素敵なカフェ♪「三角屋根 パンとコーヒー」

Photo by ササキマイコ

「三角屋根 パンとコーヒー」は焼きたてのパンと、こだわりのコーヒーが楽しめるベーカリーカフェ。森戸神社近くのバス通りに面しているため、アクセスが便利です。

店内奥にはゆったりとくつろげるカフェスペースがあり、自然光がたっぷり入る開放的な空間で、おいしいパン片手にティータイムが過ごせます。晴れた日は緑豊かなガーデン席が特におすすめ。葉山らしいのんびりとした上質な時間が流れますよ。

のりックムッシュ

Photo by ササキマイコ

650円(税込)
おすすめは「のりックムッシュ」。人気ナンバーワンの「角の食パン」にベシャメルソース、ハム、チーズ、海苔をはさんだオリジナルメニューです。アツアツのチーズのトロリとした食感と海苔の風味がたまりません。

カフェ用のイートインメニューですが、テイクアウトにも対応しているので、持ち帰って海辺で食べるのも素敵ですよ。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ