ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ローソンにお芋スイーツが登場!

Photo by muccinpurin

2021年5月4日(火)、ローソンから新作スイーツ「徳島産業 紅芋 沖縄県産使用」が発売されました。

沖縄産の紅芋を使い、和三盆を合わせて上品に仕上げたカップスイーツ。これからの暑い季節に向けて、手を汚さずに食べられる気軽なスイーツとして重宝しそうですよ。

徳島産業 紅芋 沖縄県産使用

Photo by muccinpurin

価格:「徳島産業 紅芋 沖縄県産使用」183円(税込)
このたび、ローソンから新作スイーツ「徳島産業 紅芋 沖縄県産使用」が発売されました。ティラミスバスチーや生バウムクーヘンなどのおしゃれスイーツに紛れて、オレンジと紫を基調とした渋いパッケージが逆に目立っていましたよ。

商品名が紅芋○○ではなくただの “紅芋” なので、パッケージを見ただけではどんなスイーツなのかも想像できません(左下に小さくは写っていますが)。ローソンブランドではなく、徳島県に本社をもつ徳島産業が製造を手掛けているようです。

Photo by muccinpurin

材料はさつまいも(沖縄県産紅芋)、砂糖、濃縮乳、加糖卵黄、寒天とごくごくシンプル。砂糖はグラニュー糖と和三盆糖の2種類を使っているようですね。

Photo by muccinpurin

袋から出してみると、プラスチックのカップに入った紅芋がお目見え。カップの外からも紫の色合いがとても鮮やかなのがわかりますね。生クリームやソースでデコレーションされている系のスイーツが多いなか、カップに入ったこのタイプは持ち運んでも崩れる心配がないので、アウトドアのおやつとしても重宝しそうです。

1個あたりのカロリーは80kcalとやや控えめ。寒天を使っているという点も食物繊維たっぷりでうれしいですよね。しっかりと冷やしていただきます。

まじりっけなし、芋の甘さがずばり

Photo by muccinpurin

ゼリーほどのプルプル感はなく、しっかりとした固さです。口に含むとさつまいもの風味がふわりと広がり、和三盆糖の甘さがあとを追いかけてきます。砂糖が入っているとはいえ、さつまいもの甘さも生かされていて、とても自然な甘さですよ。

紅芋というひとつの素材をいかにおいしくするかにこだわった、直球勝負のスイーツはとても新鮮です。生クリームやカスタードクリームを使ったスイーツを選びがちな筆者ですが、たまにはシンプルなスイーツもいいな、とすっかり癒されましたよ。

カップに入ったままスプーンですくって食べましたが、皿の上でひっくり返してカップから取り出せば、つるんとかわいいビジュアルに。ゆっくりとしたティータイムを過ごすなら、カップから出して食べることをおすすめします。

Photo by muccinpurin

寒天を使って固めているせいか、水ようかんのような独特の口どけ。芋ようかんは芋のホクホク感が味わえますが、それよりも水分が多いため口どけがよく、これからの季節にもぴったりですよ。

芋スイーツといえば秋がメインなのに「なぜいま!?」という疑問を持ちつつ食べましたが、口どけのよさや甘さ控えめな味わいからして、夏に食べたくなるスイーツだと感じました。

素材重視のスイーツで癒し系ティータイムを♪

Photo by muccinpurin

華やかさこそないものの、さつまいもの自然な甘さがキラリと光る癒し系スイーツ。寒天を使ったみずみずしい口どけも心地よく、これからの暑い季節のクールダウンにぴったりですよ♪

商品情報

■商品名:徳島産業 紅芋 沖縄県産使用
■内容量:1個(70g)
■価格:183円(税込)
■カロリー:1個(70g)あたり80kcal
■販売日:2021年5月4日(火)
■販売場所:沖縄地域を除く全国のローソン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。
Photos:7枚
紅芋のパッケージと皿に出した紅芋
徳島産業 紅芋 沖縄県産使用のパッケージ
紅芋の原材料表示
袋から取り出した紅芋
紅芋をスプーンですくう様子
スプーンですくった紅芋
さらに取り出した紅芋
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ