ローディング中

Loading...

今日の献立に、お豆腐のおいしさを存分に味わえる「湯豆腐」を作りませんか?ヘルシーで栄養豊富な湯豆腐は、ダイエット中やカロリーを抑えたい女性にもピッタリ。今回は、基本の作り方や、おすすめのたれ、人気アレンジなど、総まとめでご紹介します!

ほっこり「湯豆腐」の作り方をマスターしよう

ほっこり和食を楽しみたいときや、胃が疲れているときにおすすめな「湯豆腐」。一般的に使われる薬味を加えても1人分約112kcalとヘルシーなので、カロリーを気にする女性や、ダイエット中の方にピッタリの料理です。

今回は、そんな湯豆腐の基本レシピや、おすすめのたれ、アレンジを加えた作り方をご紹介!メインや副菜にいろいろな使い方ができるので、ぜひ今日の献立に取り入れてみてくださいね。

だしまで絶品!湯豆腐の基本レシピ

基本の湯豆腐

Photo by donguri

基本の湯豆腐は、豆腐、昆布、水のたった3つの材料で作れます。たれや薬味によっていろいろな味を楽しむので、醤油や塩は入れず、昆布だしだけで火を通していくのがポイントです。

脇役になりがちな豆腐ですが、湯豆腐を作るときは、ぜひメインとして楽しんでみてください。

材料(2人分)

湯豆腐の材料

Photo by donguri

・絹豆腐 1丁
・昆布  1枚(5×15cm)
・水   600ml

作り方

1. 鍋に水と昆布を入れ、30分ほど時間を置く。
鍋に入った昆布

Photo by donguri

2. 豆腐は食べやすいサイズに切る。6~10等分が目安。
カットされた豆腐

Photo by donguri

3. 鍋に豆腐を入れ、弱火にかける。
鍋の中に入った豆腐

Photo by donguri

4. お湯が沸いたら昆布を取り出してできあがり。
完成した湯豆腐

Photo by donguri

沸騰させないのがポイント!

昆布は、沸騰させるとエグみが出ます。豆腐も、加熱しすぎると固くなってしまいます。シンプルな料理こそ、ひとつひとつの工程を丁寧に調理していくことがとっても大切!早く作りたいから強火で加熱……ではなく、湯豆腐は弱火でじっくりと作ってくださいね。

レンジや昆布なしで!湯豆腐をさらに簡単に作る方法

レンジを使えば簡単

時短で湯豆腐を作りたい場合は、レンジを使った調理方法が便利です。耐熱容器につゆと豆腐を入れたら、2分ほど加熱してできあがり!

こちらのレシピの場合そのままでもしっかり味がするので、薬味やたれをつけずにそのままおいしくいただけます。キノコやネギなどトッピングをのせる場合は、豆腐とは別にレンジで加熱し、あとから盛り付けてくださいね。

昆布なしでもGood

昆布だしを一から作るのが面倒な場合は、白だしやかつお節、ほんだしなど、市販の調味料でもおいしく仕上がります。普段だしをとらない方も、市販の調味料なら使いまわしがききますし、少なめ多めなどほどよい量で調整できるのが嬉しいですね。

さらに、何も入れずにお湯でゆでて、薬味で味を楽しんでもGood!その場合は普段よりちょっとお高めの豆腐とミネラルウォーターを使用すると、豆腐本来の美味しさが存分に味わえますよ。

湯豆腐におすすめの「たれ」6選

ポン酢

ヘルシーな湯豆腐にピッタリな、さっぱりポン酢。アツアツの湯豆腐をお皿にとったら、サッとかけて召し上がってくださいね。

スーパーでも必ず売られているポン酢ですが、実はお家で手作りする方法も。たれにもこだわって湯豆腐を楽しみたい方は、ぜひ時間をかけて手作りしてみてください。

めんつゆ

そうめんや蕎麦のつけだれにしたり、和食の調味料としても使われているめんつゆ。湯豆腐にかけて楽しんだり、レンジで作る場合はめんつゆに豆腐を入れた状態で加熱する方法もあります。

まろやかなめんつゆは、ネギや生姜、おろしにんじんなど、どんな薬味と合わせてもGood!めんつゆ×薬味の組み合わせで、味比べしてみても良いですね。

醤油

濃厚な醤油は、湯豆腐にしっかりと味付けしたい方におすすめ。豆腐と醤油は両方とも大豆からできているので、もちろん相性は抜群です。ちょっと味が濃すぎる場合は、湯豆腐を茹でただし汁で醤油を薄めると、だし醤油のようにアレンジすることもできますよ。

ごまだれ

ポン酢、めんつゆ、醤油のたれは、どれもサッパリとした味わいになりますが、ごまだれはクリーミーで濃厚さを加えてくれます。ごまだれの中にポン酢を混ぜて、爽やかなごまだれを作るアレンジも!

あまり豆腐が好きではない子どもも、ごまだれなら食べられるかもしれません♩

味噌だれ

味噌だれは市販でも売られていますが、湯豆腐の茹で汁とお家にあるお味噌を混ぜるだけで、簡単に手作りできます。汁を多めに作れば、即席お味噌汁風に大変身!湯豆腐のしめにうどんを入れるときも、味噌だれをつけて食べるとおいしいですよ。

湯豆腐を溶き卵に絡めて、すき焼きのように食べる方法も。卵だけでは薄味なので、醤油を少々混ぜてつけだれを作りましょう。定番のたれだとだんだん飽きてしまいますが、卵を付けて食べるのは珍しいアレンジですよね。ボリュームや食べ応えもアップします。

重曹入りも!湯豆腐の人気アレンジ7選

1. 重曹でとろとろ湯豆腐

スーパーで売られている湯豆腐が、まるで京都の料亭のようにとろとろになるアレンジレシピ。その秘密は、重曹を混ぜて豆腐を茹でること!だし汁を温めたら一度火を止め、重曹を加えます。そこに豆腐を入れて、弱火で10分ほど煮ればできあがり!

油揚げも重曹でふわふわとろとろになるので、ぜひ具材に加えてみてくださいね。

2. 豆乳湯豆腐

豆乳とだしを混ぜて作るスープで、マイルドに仕上げた豆乳湯豆腐。ふつふつと火を通すと、表面には湯葉が浮き上がってきて、同時に楽しむことができます。

残っただし汁は、次の日豆乳スープとしてリメイクすることも!豆乳スープごとお皿によそって、お醤油をサッとかけて食べるのがおすすめです。
▼しめは何にする?

3. 白菜と春菊の湯豆腐

春菊や白菜、にんじんなど、野菜を一緒に煮込んで水炊きのようにアレンジした湯豆腐です。ヘルシーな野菜でボリュームアップするだけでなく、野菜の旨みが出汁に合わさって、いつもとひと味違う湯豆腐に!

白菜から水分がたっぷりとでるので、最初に加える水は少なめに調理すると良いですよ。

4. 大根おろしでみぞれ湯豆腐

たっぷりのなめこ入りで作ったダシ汁に、大根おろしをのせてさっぱりと仕上げた湯豆腐です。

なめこ入りでとろみのあるスープが、あんのように豆腐絡まるので、薬味なしで食べても◎ お店の料理のようにおしゃれな見た目なので、おもてなしに取り入れるのもおすすめです。仕上げに柚子皮を削りいれると、より本格的に仕上がりますよ。

5. ハマグリ湯豆腐

湯豆腐と一緒にハマグリを茹でて、美味しい出汁をとっています。ハマグリから旨みがたっぷり出るので、昆布で出汁をとらなくてもOK!お吸い物のように、汁まで飲み干したくなる一品です。たっぷりと刻みネギをのせて食べるのがおすすめ!

6. とろろ昆布入りレンジ湯豆腐

レンジで作る湯豆腐を、とろろ昆布を入れてアレンジしています。とろろ昆布は具材になるのと同時に、おいしい出汁として使うことができる優れもの!豆腐と上にえのき、とろろ昆布をのせて、スープを加えてレンジで温めればあっという間にできあがります。

7. たらと野菜の温泉湯豆腐

湯豆腐をメインにするのにボリュームを出したいときは、たらを入れて作りましょう。こちらのレシピは単純にたらを入れるのではなく、嬉野温泉名物の温泉湯豆腐を再現したレシピです。

温泉湯豆腐は、日本一おいしいお取り寄せと言われるほど人気の料理。通販で買える温泉とうふ用調理水を使えば、自宅でも本格的な味が作れます。

湯豆腐に合わせたい献立レシピ3選

1. 鶏そぼろ入りいなり寿司

白米のおかずにするには少し物足りない湯豆腐なので、ご飯単体でも楽しめるいなり寿司が相性ピッタリ。こちらのレシピは鶏そぼろを加えることで、ただのいなり寿司よりボリュームと食べ応えをアップさせています。

少し手間のかかる料理ですが、昆布だしをとる時間を活用して作ってみてはいかがでしょうか。

2. 揚げタラのおろしあん

湯豆腐を副菜として取り入れるなら、「揚げタラのおろしあん」をメインに作ってみませんか?

このレシピをおすすめする理由は、おろしあんを湯豆腐のつけだれとしても楽しめること。メインにもなり、あんが余ったら湯豆腐にも使えるので、一度で二度楽しむことができちゃうんです。

3. モヤシと豚肉のかき揚げ

男性や食べ盛りの子どもにボリュームのある献立を考えているなら、かき揚げがおすすめ!野菜で作るかき揚げも良いですが、こちらはモヤシと豚肉で食べ応え抜群に仕上がっています。

野菜を細切りにする手間もないので、とっても簡単に作れるのが魅力的!湯豆腐用に作ったタレに付けて楽しんでも良いですね。

簡単に作れる湯豆腐鍋はいかが?

湯豆腐鍋は、基本は絹豆腐で作りますが、しっかりした歯ごたえが好きな方は木綿豆腐を使用してもOKです。おいしいくてヘルシーな湯豆腐ですが、なんと言っても簡単に作れるのが一番の魅力。今日の夜ご飯はちょっと手抜きしたいな……なんてときにも、上手に取り入れてみてくださいね。
▼こちらの豆腐レシピはいかが?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パスタ レシピ バジル

フレッシュバジルを使った本格「ジェノベーゼパスタ」を、お家で手作りしてみませんか?今回は基本のレシピや、人気のアレンジ、ジェノベーゼパスタと相性ピッタリな具材をご紹介します!ジェノベーゼソースはパスタ以外にも…

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

おから レシピ お菓子

今回は、おからのおかず&お菓子の人気レシピを厳選しました。サラダやハンバーグ、ドーナツやクッキーなど、絶品レシピ26選をご紹介します。ヘルシーもおいしいも諦める必要ありませんよ!おからの魅力にハマりましょう♩

さつまいも レシピ

今回はホクホク甘じょっぱさがたまらない「さつまいもの甘煮」レシピをご紹介!好きな人も多い人気メニューですよね。おやつとしてもよいですし、おかずとしてもおすすめ。簡単な作り方、ホッコリ丁寧な味に仕上げる方法など…

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

たこ焼き レシピ まとめ

お家にある冷凍たこ焼きはそのままでもおいしいですが、ちょっとひと工夫するとさらにおいしく、工夫次第では全く違う料理にもなるんです。知っておいて損はない!もっとおいしく食べるためのレシピをまとめました。

レシピ おにぎり まとめ

冷ごはんでも作れる焼きおにぎりのアレンジレシピのご紹介です。食事にはもちろん、小腹が空いた時や夜食にもピッタリ!見た目も可愛く、簡単で美味しいアイディアレシピをぜひ参考にしてみてください♪

レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

ココットを使用したレシピのご紹介です。アイデア次第で、多彩な料理に使えるココット。朝食からしっかり系のごはん、そしてスイーツまでも作れます。ご家庭にココットがある方はぜひ参考にしてみてください。

レシピ まとめ 離乳食

この頃になるとハイハイができ、あちこち移動して遊べるように。音の出るおもちゃや動くおもちゃに興味を示し、部屋の中の物すべてが興味の対象(笑)ママの姿が見えないと後追いし始めるのもこの時期。大泣きしたら「ママは…

かまぼこ レシピ まとめ

今回は、節約中にぴったりのかまぼこを使った人気レシピ8選を紹介します。練り物のかまぼこは、そのまま食べたり、火を通したりできるのでアレンジがしやすいですよね。簡単にできるので、お弁当やおつまみを作るときに、参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

ワイン まとめ

おしゃれでおいしい商品が揃うと人気のカルディ。最近はワインが安いのにおいしいと注目を集めているんです。今回のそのなかでも、特に人気のあるおすすめの商品を厳選しています。お好みに合わせて選んでみてはいかがでしょ…

レシピ お弁当 まとめ

ひとくちでパクッと食べられる小さなおかずは、お口の小さな子供はもちろん、いろんな味を楽しみたいお弁当や、人が集まるパーティーなどでも食べやすくてうれしいですよね。そんなひとくちおかずのアイデアレシピをまとめて…

donguri

海外のカラフルな色使いが大好きです! ラッピングや料理も、海外のア...

ページTOPに戻る