ローディング中

Loading...

野菜をソースでディップして食べる「バーニャカウダ」。食べたことがある方も多いのでは。その一方で、名前の由来やどこの国の料理かなど、知らないことも多い料理です。今回はバーニャカウダの基本情報や食べ方、レシピなどをまとめてご紹介します。

バーニャカウダってなに?

バーやカフェのメニューで見かける「バーニャカウダ」。みずみずしい野菜を食べやすくスティック状にしたものを、添えられたソースにディップして食べる料理ですが、ソースの材料やどこの国の料理かといった情報がわかる方は少ないのではないでしょうか。

今回はバーニャカウダの歴史や食べ方、作り方などについて詳しくご紹介します。食べ方がよく似ている「野菜スティック」との違いや、名前の由来などは、覚えておくと友だちに自慢できるかもしれません。

また、情報とあわせて基本的なレシピもご紹介しますので、新鮮な野菜を使っておうちバーニャカウダを楽しんでみてはいかがでしょうか。普通のサラダに飽きてしまった時に、目先が変わっておいしく野菜が食べられますよ。

北イタリアを代表する冬の郷土料理!

バーニャカウダはイタリアの北部、ピエモンテ州の代表的な郷土料理です。

「フォイョ」と呼ばれる陶器の小鍋をテーブルに置き、中にディップソースを入れて下からキャンドルの火で温めながら、野菜をディップして食べていきます。食べ方のスタイルはチーズフォンデュに似ていますね。

温かいソースを使っているので、本場イタリアでは「冬の鍋料理」として親しまれているそうですよ。

近年は日本でもバーニャカウダが親しまれるようになり、簡単にバーニャカウダソースを作れる合わせ調味料なども発売されています。

「バーニャ」と「カウダ」の意味とは?

バーニャカウダの「バーニャ」は「ソース」、「カウダ」は「熱い」という意味。名前の通り、小鍋で温められた熱々のソースをディップしながらいただきます。

ソースはアンチョビとにんにく、オリーブオイルで作るのが一般的です。日本では生クリームを加えてコクをプラスしたり、味噌やごま、マヨネーズを混ぜるなど多彩なアレンジレシピがあります。

野菜スティックとは何が違うの?

棒状に切った野菜をディップソースにつけて食べる料理といえば、野菜スティックが思い浮かぶ方も多いはず。バーニャカウダと野菜スティックの違いはなんでしょうか。

一番の違いは、ディップソースの温度です。バーニャカウダが熱いソースを使うのに対し、野菜スティックはマヨネーズや味噌などがベースの冷たいディップソースを使います。

夏は冷たいディップ、冬は温かいバーニャカウダソースというように、気温で使い分けるのもいいですね。

使用する野菜にはほとんど違いはありませんので、どちらも野菜をおいしく食べられる料理である点は共通していますね。

バーニャカウダの一般的な食べ方

バーニャカウダは生野菜や茹でた芋類などを、温かいディップソースにつけて食べるのが一般的です。フォークを使用してもよいですが、手で食べても問題ありませんよ。

野菜はきゅうり、にんじん、パプリカ、レタス、プチトマト、カリフラワーなどがよく使われます。カラフルなにんじんやラディッシュを使うとぐっとおしゃれなひと皿になりますので、おもてなしの際はぜひ試してみて。

野菜以外にパンや肉、魚を使うアレンジもあります。

小鍋に入ったソースが残り少なくなると、卵を割り入れてスクランブルエッグにして食べます。アンチョビとにんにくの風味がきいたスクランブルエッグはパスタに混ぜたり、パンに乗せて食べてもおいしいですよ。

バーニャカウダの基本的な作り方

1. 基本のバーニャカウダ

次に、バーニャカウダの基本的な作り方をご紹介します。鍋にアンチョビとみじん切りのにんにく、オリーブオイルを入れてあたため、フォークなどでアンチョビをほぐします。

牛乳または豆乳を入れて全体を混ぜたらソースは完成です。あとは野菜を盛り付け、ソースを添えていただきましょう。

おいしく作るポイントはアンチョビをたくさん使うこと。にんにくは少量のほうが食べやすく仕上がります。アンチョビはフィレを使うとおいしいですが、パスタソース用のチューブ入りペーストを使うと手軽にできますよ。

少し凝った仕上がりにしたい場合は、フードプロセッサーを使ってなめらかな口当たりのソースに仕上げてみてください。最後に加える牛乳を生クリームに変えたり、味噌を加えて和風にしたりとアレンジも楽しんでみてくださいね。

今が旬の夏野菜を、バーニャカウダでおいしく!

バーニャカウダについての基本的な情報や食べ方、レシピをご紹介しました。

名前が難しいので気取った料理に思われがちですが、野菜をディップにつけるだけ、という食べ方は実にシンプル。またソースの材料もスーパーで手に入るものばかりで、作り方も簡単なので、ご自宅でも気軽に作れることがおわかりいただけたかと思います。

今が旬の夏野菜、トマトやきゅうりはバーニャカウダと好相性。夏のおもてなしや休日の食卓に、野菜たっぷりのバーニャカウダを取り入れてみてはいかがでしょうか。
▼バーニャカウダもいいけど、彩り野菜のサラダも見逃せない!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

スイーツ かき氷 和菓子 まとめ

今回は、2017年の夏限定スイーツを厳選してご紹介します。暑い日に食べたくなる老舗のかき氷から、巷で話題のシューアイスなど。冷たくてさっぱりとしたスイーツ達は、この夏絶対食べ逃せない!販売期間や取扱店舗も合わ…

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

レシピ パスタ お菓子 まとめ

ヘルシーな飲み物の定番、豆乳。そのまま飲む以外にも食事やお菓子に活用できます。独特な味と香りが苦手という人にも食べやすくおいしい、しかも簡単に作れる豆乳レシピがいっぱいです。人気のパスタやスープレシピは日頃の…

麻婆豆腐 豆腐 レシピ まとめ

中華料理の定番レシピである麻婆豆腐。今回は、麻婆豆腐の基本の作り方やアレンジレシピをご紹介します。ピリ辛の本格的な四川風レシピから、時短で簡単に作れるレシピまで、食卓に並べたくなる麻婆豆腐レシピを20選お届け…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アレンジレシピ まとめ

永谷園の社長、ミルク茶漬けを提案する--そんな衝撃的なニュースが飛び込んできました。この提案は、“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子さんやお笑い芸人の柳原加奈子さんらが出席した、お茶漬けの新しい食べ方を消費者…

納豆 レシピ まとめ

納豆は混ぜてそのまま食べるだけじゃない!納豆を使った揚げ物がなかなかイケるようです。普通に食べるよりも外はサクサク、中はふっくらになるとか!一度揚げたらやみつきになるかも!?皆さんもぜひ作ってみて下さい♪

中華 レシピ まとめ

なんとこの頃はホットケーキミックスで肉まんが作れちゃうそうですよ、奥様!ということで気になったのでちょっと調べてみました。

スムージー まとめ

ダイエット中は油断すると1日に必要な栄養素が不足してしまいがちです。かといって朝から何品もの食事を用意するのも大変です。そんなダイエット中におすすめなのがスムージー。一杯のグラスの中に栄養をぎゅっと詰めてみま…

スイーツ おつまみ まとめ

「薔薇」といえば華やかでゴージャスな花ですが、最近では食べられる「薔薇」を作っちゃう人が急増中♪スイーツやお料理、おつまみまでも「薔薇」の形に可愛く変身させちゃう、目にもおいしいレシピをご紹介します♡

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

調味料

“フルーツ”と“お醤油”?そんな意外な組み合わせが、今爆発的にヒットしているのだそう。サラダやマリネ、肉料理からデザートにまで、想像以上に使えると評判の新感覚調味料『ビューティソイソース』をご紹介します!…

カフェ コーヒー

東武東上線中板橋駅にある"1 ROOM Coffee(ワンルームコーヒー)"がカフェマニアたちの注目を浴びています。その人気の理由をまとめました。

migicco

神奈川在住。2歳の娘と一緒にくいしんぼうライフを送っています。好き...

ページTOPに戻る