ローディング中

Loading...

パプリカは苦みがなく、焼くと甘いのでお子さまにも喜んで食べてもらえるお野菜ですね。パプリカを使った、簡単で保存もきくマリネを作ってみませんか?彩りが華やかでお弁当のひと品としてもおすすめの、パプリカマリネの人気レシピをご紹介します。

漬けておくだけで簡単!パプリカのマリネ

6月~8月が旬のパプリカ。色鮮やかで、パプリカ料理がひと皿あると食卓が一気に華やぎますね。見た目が美しいばかりでなく栄養も豊富なお野菜ですし、甘くて食べやすいことからお子様にも人気があります。

今回は、数あるパプリカ料理のなかでも「マリネ」を紹介します。マリネとは食材をお酢やレモン汁、香味料などをオリーブオイルなどの油に漬け込む調理法のことで、パプリカの本場ヨーロッパではポピュラーなお料理です。

パプリカマリネはパプリカを焼いてからマリネするものと焼かずにマリネするものに分かれます。焼きパプリカを使ったレシピとそうでないレシピ、それぞれ分けてご紹介しますので、お好みで参考になさってくださいね。

パプリカをおいしく食べるコツ

生のパプリカはさわやかな甘みとサクサクとした食感を堪能できる蒸し暑い夏にぴったりのお野菜です。サラダなどにも重宝しますね。しかし、マリネなど漬け込むお料理に使う場合には、漬け込む前にひと手間加えることでしっかりと味のしみ込んだ旨みたっぷりのおいしいマリネを味わうことができるのです。
①塩もみする
②オーブンやトースターで焼く

パプリカを塩もみしたり、焼いたりすることで余分な水分を抜くことができます。水分が抜けることでパプリカの甘味や旨みがぎゅっと凝縮され、食べたときにしっかりと味がしみ込んだ濃厚な味わいのマリネを楽しむことができるのです。

簡単!焼きパプリカのマリネレシピ12選

1.玉ねぎも!パプリカマリネ

漬け込む前のパプリカを焼き網で真っ黒になるまで焼くことで、パプリカの甘味や旨みを最大限に引き出したマリネです。真っ黒に焦げたパプリカにドキッとしますが大丈夫。焦げた皮をつるっと剥くときれいな果肉が出てきます。

十分に火が通って甘くトロトロになったパプリカとシャキッとしたもやしやネギのコラボレーションが楽しめるマリネ。だし汁と醤油、甘酢を使った和風のマリネのレシピです。

2.パプリカのバルサミコ酢マリネ

こちらはバルサミコ酢を使った洋風マリネのレシピです。パプリカを真っ黒になるまで焼くことで、フルーツのような甘味のあるマリネに仕上がります。つめたく冷やしてワインと一緒にいただくのもすてきですね。

3.ピーマンパプリカのツナマリネ

苦みがあるため苦手なお野菜の筆頭に挙げられるピーマンも丸ごと焼くことで苦みが消えて甘くなります。甘い焼きピーマンとパプリカにツナ缶とミックスビーンズを加えることで食べごたえ満点のマリネができあがります。

ツナ缶の缶に残った油まで全部使うことで旨みがさらにアップ。お醤油が全体の味を引き締めて、これならピーマン嫌いのお子様もモリモリ食べてくれそうです。

4.焼きパプリカと鯖のマリネ

パプリカはツナをはじめ魚との相性もいいですね。こちらのレシピは、パプリカを鯖と一緒にフライパンで焼きあげます。アツアツのまま、粒マスタードの効いたマリネ液に漬け込み、冷やすことでしっかりと味がしみます。お食事のメインにもなるマリネの完成です。

5.焼きパプリカと焼きナスの和風マリネ

蒸し暑い夏に冷やした焼きなすはごちそうですね。そんな焼きなすと焼きパプリカを合わせた和風マリネレシピがこちらです。トロトロの舌触りが楽しめますよ。

6.イタリア風焼きパプリカ

パプリカの赤・黄とミントの緑がイタリア国旗のトリコローレを思わせます。調味料は塩コショウににんにく、オリーブオイルとシンプルな味付けながら、グリルされたパプリカのフルーツを思わせる甘味と旨みが堪能できるレシピです。

7. 焼きパプリカとムール貝のマリネ

冷凍のムール貝とトースターでグリルしたパプリカに塩コショウ、レモン汁、はちみつと乾燥ハーブなどをあわせた少し大人のレシピです。白ワインと一緒にいかがですか?

8.焼きパプリカと紫玉ネギのマリネ

甘くトロトロになった焼きパプリカ、水に放ってしゃっきりさせた紫玉ねぎがさわやかなマリネのレシピです。冷やしていただくとお口のなかに清涼感が広がりますよ。

9.焼きパプリカのからしマリネ

甘くトロトロになったパプリカを、からしの効いた酢醤油ベースのマリネ液に漬け込んだピリッと刺激的なマリネです。からしの量をお好みにあわせて増減することでマイルドにもまた、パンチが効いたマリネにも変化します。

10.イワシの酢漬けと焼き茄子とパプリカのマリネ

イワシのマリネと焼きなす、焼きパプリカのふたつのマリネをコラボしたひと品です。塩コショウとオリーブオイルのシンプルな味付けですが、イワシの酢漬けが味わいを引き立てます。まるでヨーロッパのバルで食べているようなおしゃれなひと皿です。

11.夏野菜のカレーマリネ

マリネにもカレーは合います。パプリカをはじめかぼちゃ、ズッキーニ、ナスといった夏野菜を焼き、カレー粉を混ぜたマリネ液に漬け込むレシピです。夏にぴったりのカレー風味で食欲アップにもひと役買いますね。

12.焼きパプリカとプチトマトのマリネ

甘い焼きパプリカとプチトマトを甘酢ベースのマリネ液に漬け込んだ、箸休めにうれしいひと鉢です。甘酢を使っているので、すっぱいのが苦手な方でもおいしくいただけますよ。

こっちも人気!焼かないパプリカのマリネ8選

1.甘酒マリネ

江戸時代、甘酒は夏バテ防止に飲まれることが多かったそうです。飲む点滴とも言われる甘酒を使った変わりマリネのレシピがこちら。お砂糖は使わず、甘酒と米酢、オリーブオイルで作られているため、優しい甘さが特徴のマリネです。

2.サーモンマリネ

新玉ねぎにスモークサーモン、みじん切りにしたパプリカが鮮やかなサーモンマリネのレシピです。華やかで清涼感あふれる見栄えに食欲もわきますね。かわいく盛り付けて見た目を楽しみましょう。

3.白身魚の手マリネ

こちらは白身魚とパプリカを一緒に漬け込んだマリネを、てまり寿司のように小さく成形したレシピです。白身魚のお刺身と、さっとお湯にくぐらせたパプリカでかわいらしいひと口サイズのお寿司ができます。お魚とパプリカを一緒に漬けることによって、コクと旨みがさらにアップします。

4.ヒジキとパプリカのマリネ

ヒジキは甘辛く煮つけるイメージがありますが、意外にも洋風のマリネにも合います。スライスした玉ねぎやパプリカと一緒にお酢にレモン汁を加え、さっぱりとしたマリネでいただきます。

5.シメジのマリネ

しめじやえのきなどのキノコ類もマリネに向いた食材です。しめじ、えのき、パプリカをさっとゆで、刻んだ赤唐辛子を加えたレモン汁とオリーブオイルでさっぱりとしたマリネを作りましょう。ゆでることでキノコの量が減ってたくさん食べられますよ。

6.味噌もみマリネ

塩ならぬ味噌もみした夏野菜をレモン汁とオリーブオイルでマリネするレシピです。白味噌でお野菜をもむことによって塩もみと同様の効果が得られます。さらに、白みそ独特のまろやかな旨みも加わります。

7.イカとパプリカのマリネ

イカもマリネに合う食材です。ゆでたイカとスライスしたパプリカ用意し、クレイジーソルトで味つけしたお酢とレモン汁に漬けておくだけ。朝、さっと作って冷蔵庫に入れておけば、夕飯時には食べ頃になっているのもうれしいですね。

8.パプリカとセロリのサラダ

こちらはセロリやきゅうり、パプリカをドレッシングでマリネしたレシピです。コロコロとしたさいころ状に切ったお野菜を、マヨネーズやからし、オリーブオイルを混ぜたドレッシングに漬け込みます。彩りさわやかで、ピリッとからしの効いたサラダ感覚のマリネができあがります。

パプリカマリネの保存と賞味期限

お酢やオイルに漬け込むマリネは傷みにくく保存のきくお料理です。一度にたくさんマリネを作って、保存しておくと毎日の食事に重宝します。

マリネする食材によっても保存期間は変わってきますが、パプリカマリネは冷蔵庫で1週間ほど保存することができます。冷蔵庫で保存することによって、さらに味がしみこみまろやかになります。

また、パプリカは冷凍にも向いたお野菜だということをご存じですか?生のままでも冷凍できますが、マリネにしても冷凍庫で1ヶ月ほどは楽しむことができます。

パプリカマリネは傷みにくく彩りもいいので、毎日のお弁当にもおすすめです。

バリエーション豊富なパプリカマリネに挑戦しよう!

マリネと聞くとおしゃれな洋風酢の物をイメージしますね。作るのが難しそう……と二の足を踏んでしまいがちですが、意外にも簡単に作れて長く保存ができる忙しい私たちにはぴったりのお料理なのです。

生のパプリカはサクサクとした歯触りが楽しく、焼いたパプリカはとろりとした食感とコクのある甘さが食欲をそそります。パプリカマリネはそれだけでもおいしくいただけますが、お魚などと合わせることで立派なメイン料理にも変化します。これから旬を迎えるパプリカでさまざまな風味のパプリカマリネを堪能しましょう!
▼パプリカのレシピはまだまだありますよ!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パスタ トマトソース ミートソース まとめ

ほどよい甘さと酸味のバランスが絶妙な「トマトソースパスタ」。ナポリタンやペスカトーレなど、好きだという方も多いはず。そこで今回は、トマトソースパスタの人気レシピをまとめてみました!トマト缶やケチャップなど、ジ…

ステーキ レシピ まとめ

部位によるステーキの焼き方や、おすすめのレシピをご紹介します。ソースの味付けのポイントや、肉を柔らかく仕上げるコツなど、おいしいステーキのポイントが盛りだくさん!付け合わせのレシピもありますので、これを読めば…

横浜 まとめ

横浜周辺には、デートや女子会にぴったりなお店がたくさん!今回は、横浜周辺のディナーにおすすめなお店を20選お届けします。夜景を楽しんだり個室でゆったりしたり、学生さんでも気軽に楽しめる安いお店もご紹介しますの…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

じゃがいも レシピ まとめ

じゃがいもは安価で一年中手に入るので、常備してなにかと料理に使う方も多いですよね。特にじゃがいもとひき肉は相性が良いのでとても多くのレシピがあります。チーズを使ったものやグラタン、あんかけ、煮物などのレシピか…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

レシピ まとめ 鶏肉

普通に焼くと、パサパサになってしまうことが多い鶏むね肉を、ふっくらジューシーに仕上げてくれるレシピを集めました。鶏むね肉の調理方法に悩んでいる女性はぜひご覧になってみてくださいね!

レシピ まとめ

タマネギは血液サラサラ効果があるそうですが、これまた体にいい「酢」とペアを組むと更に力を発揮するようです。ちなみに血液サラサラ効果をサラに高めるには玉ねぎを切って15分置いておくことなんですって。ちょっと意外。

バター まとめ レシピ

バターはあるものにのせて電子レンジでチンするだけでも濃厚なおいしさと旨みを引き立たせてくれます。これなら簡単にできるうえに、少しリッチなおいしさを味わえるかも?今回は、バターをのせてチンするとおいしいものをま…

レシピ まとめ 天ぷら 揚げ物

天ぷら粉を持て余してしまうことはないですか?そんな時に役立つアイディアレシピをご紹介。是非参考にしてくださいね。ちなみに天ぷらの語源はポルトガル語の「tempero」(調理)、スペイン語の「templo」など…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

パン スイーツ 自由が丘

人気ベーカリー「ゴントランシェリエ」が自由が丘に7店舗目となる新店をオープン!!今回、自由が丘限定のパンや、クロワッサンの無料キャンペーンも開催予定!秋のお出かけにもピッタリな自由が丘にぜひお友達を誘って行っ…

お茶

南国に咲く色鮮やかな花といえば真っ先にイメージされるハイビスカス。この花で作ったお茶「ハイビスカスティー」を飲むとダイエットや美容に効果があるとご存知でしたか?ハイビスカスティーの特徴やおいしい飲み方をご紹介…

yuco_1111

高校男女の子どもを持つアラフィフ母です。 兼業ライターをやりつつ、...

ページTOPに戻る