ローディング中

Loading...

比較的日持ちしやすいおかずとして、お弁当などにも重宝する「きんぴらごぼう」。しかし、具体的な賞味期限を考えたことはありますか?今回は、常温・冷蔵・冷凍の場合の保存方法や、日持ちさせるためのコツなどをご紹介します。

きんぴらごぼうは日持ちするおかず!

きんぴらごぼうは、作り置きしやすい便利なおかずです。そのため、あと一品足りないときやお弁当にも重宝されます。日持ちするおかずですが、賞味期限はどのくらいなのでしょうか。
また、日持ちさせるためには保存方法がなにより大事。お皿の上からラップをかけてそのままテーブルの上に置いたり、容器に入れて冷蔵庫に入れたり、人によってやり方はさまざまですね。
今回は、そんなきんぴらごぼうの「日持ち」についてご紹介!長持ちさせる保存方法を知って、賢く作り置きしましょう。

きんぴらごぼうの保存方法と賞味期限

常温の場合

常温保存したきんぴらごぼうの賞味期限は1~2日です。ただし、湿気の多い梅雨時や夏場など、高温多湿な時期の常温保存は避けましょう。少しでも味がおかしいと感じたり、不安に思うのなら食べない方がよいですね。

常温でしか保存ができないのなら、その日のうちに食べきるのがベストです。

冷蔵庫に入れる場合

冷蔵庫の中で保存するときは、におい移りや乾燥を防ぐため密閉した状態で保存してください。冷蔵庫で保存した場合の賞味期限は3~5日くらいです。ただし、冷蔵庫の使用頻度や中身によっては賞味期限が異なりますので、注意が必要。

冷凍庫に入れる場合

冷凍庫なら、約1か月ほど保存可能です。その際は、冷蔵のときと同じように密閉した状態で保存しましょう。時間が経つと冷凍やけを起こし味が落ちるので、1か月以内に食べきってくださいね

きんぴらごぼうを日持ちさせるポイント

味付けを濃いめにする

きんぴらごぼうを日持ちさせるポイントひとつ目は、きんぴらごぼうの味付けを濃いめにすることです。
具材を中までしっかり火を通すように炒め、味を濃くすることによって、常温保存も可能になります。ただ、先ほどにも書いたように、常温保存するのは梅雨時期や夏場以外にしましょう。
▼きんぴらごぼうの味付けは、こちらをチェック!

材料はシンプルにする

きんぴらを作るときは、ごぼうだけやニンジンとごぼうなど、材料はシンプルなものにしましょう。鶏肉やこんにゃくが入っていると傷みやすくなり、保存期間や保存方法が変わってきます。このような具材は入っているときは、常温保存には適していないので注意が必要です。

保存するときは密閉する

きんぴらごぼうの保存は、ふた付きのタッパーや密閉袋に入れてください。密閉袋を使うときは、できるだけ空気を抜いてから入れるようにしましょう。食べるときには、一度しっかりと加熱することも大切です。

注意!使う材料によって保存法は変わる

鶏肉入りの場合

鶏肉が入ったきんぴらごぼうの賞味期限は、冷蔵保存の場合2~3日程度です。しっかり味付けをしていれば、5日くらい日持ちします。
頻繁に冷蔵庫を開け閉めしていたり、冷蔵庫の中にたくさんものが入っている場合は、もっと短くなる可能性があります。そのため、鶏肉入りのきんぴらごぼうは冷蔵より冷凍保存のほうが適しているといえますね。

こんにゃく入りの場合

こんにゃく入りのきんぴらごぼうは、冷凍すると食感が変わってしまうため、冷蔵保存がおすすめです。きんぴらごぼうに入れる具材によって保存方法にも違いがあります。きんぴらごぼうを作るときは、その点に注意しましょう。
▼冷凍するとまったく別の食感に!

お弁当用の作り置きは冷凍保存がおすすめ!

お弁当用にきんぴらごぼうを作り置きするときは、アルミカップやシリコンカップに一食分ずつ小分けをしてひとつの容器にまとめたり、ラップに包んで重ならないように密閉袋に入れ、しっかり空気を抜いて冷凍すると使いやすいです。

解凍方法

すぐに食べる場合は、冷蔵庫で自然解凍をするか電子レンジで加熱しましょう。お弁当に入れるなら、解凍せずに冷凍のまま詰めてもOKです。アルミカップやシリコンカップで保存すると、そのままお弁当箱に詰めることができるので便利ですよね。

日持ちするきんぴらごぼうを上手に活用しよう♩

いかがでしたか。
きんぴらごぼうは季節や使う材料によって、保存方法が違います。「冷蔵庫に入れておけば日持ちするから大丈夫」というわけにはいきません。この事実を知らなかった人もいるのではないでしょうか。
日持ちするポイントを押さえておけば、困ったときの常備おかずとして利用することができます。きんぴらごぼうを上手に活用して、日々の料理やお弁当作りに生かしてくださいね。
▼きんぴらごぼうを簡単に作るには?
▼きんぴらごぼうはいろいろアレンジできる!
▼きんぴらごぼうがおかずのときの献立はどうする?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お弁当 レシピ

そろそろあちこちで花火大会が話題になる季節になってきました。そんな夏の風物詩、花火をモチーフにした花火弁当をご存知でしょうか。今回は、お弁当箱の中で打ち上がる花火とはどんなものなのか、その詳細や作り方、アレン…

唐揚げ お弁当 レシピ 鶏肉料理 揚げ物 まとめ

年代を問わず、好きな人が多い唐揚げ。今回は、下味をつける基本の作り方に加え、人気のアレンジレシピを20選ご紹介します。特に簡単なもの、手間のかからないものに絞っていますので、忙しいあなたでも作れること間違いな…

かぼちゃ まとめ

かぼちゃの上手な保存法を知っていますか?そのままでも長持ちするイメージの強いかぼちゃですが、上手に保存すると期間を延ばすことができます。ここでは、おすすめの保存方法と保存期間の目安を詳しく説明します。

生姜 レシピ

薬味や香りづけに人気の生姜。食欲増進にも一役買ってくれますよね。そんな生姜の保存方法はどうしていますか?生姜を長持ちさせられる保存の仕方や保存期間についてなど、生姜の活用に役立つ情報をご紹介。生姜の冷凍の仕方…

ごぼう サラダ レシピ マヨネーズ まとめ

初夏に旬を迎える新ごぼうは、柔らかく上品な味わいが魅力です。食物繊維が豊富に含まれているので、女性はたくさん食べたい野菜の1つです。今回は、ごぼうを使った人気のサラダレシピを20選ご紹介します。作り方も簡単な…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

まとめ

白髪の原因については老化や遺伝、ストレスなど、多くあるようですが、最近の研究によって徐々に解明されつつあるそうです。今回は白髪の予防・改善に効果的な食べ物を紹介します。

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

京都 スイーツ

京都府京都市中京区に老舗旅館「俵屋旅館」が展開する「遊形サロン・ド・テ」で、しっとりもちもちのわらび餅が美味しいと話題を呼んでいます☆ サロンの高級感漂う空間で、ゆったりと京都の上品なスイーツを楽しむ事が出来…

東京 お菓子 千駄木 和菓子

東京都文京区の千駄木に、昭和の駄菓子屋さんをそのまま残したような「駄菓子屋木村屋」。今でも地元の子供たちに親しまれている懐かしいお店が、訪れる人をほっこり優しい気持ちにさせてくれます☆ 休日のお散歩道にちょっ…

ページTOPに戻る