ローディング中

Loading...

ちょっと違う贅沢感が味わえるメロン。せっかく奮発したからにはベストな食べ頃のときに味わいたいですよね。今回は、贅沢フルーツ「メロン」の食べ頃の見分け方から硬いメロンを食べ頃にする方法、完熟メロンの食べ方まで詳しくご紹介します!

完熟メロンを味わいたい!

フルーツの中でもちょっと高級なイメージがあるメロン。熟したメロンは果汁たっぷり、甘みたっぷりで本当にとろけるおいしさですよね!高級ゆえに、子供の頃はあまり食べさせてもらえなかった事も。「いつか丸ごと食べてみたい!」と夢見たことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなメロンですが、熟す前に食べてしまって、少し硬かったり甘みが少なかったり……そんな経験はありませんか?切ってしまった後に気づいてももう遅い!と悔やむことも。せっかくなら完熟状態の甘くてジューシーなメロンをいただきたいものですよね。

今回は、ナイフを入れずともメロンの食べ頃を見分ける方法をご紹介します。

メロンの食べ頃の目安を知ろう

まずはメロンの基本的な食べころの目安をご紹介します。

メロンは出荷されてから1〜2週間が食すのに最適な時期と言われています。しかしこれは季節や保存環境によっても変わりますので、お家でいただく頃に熟しているかどうかを判断するのはなかなか難しいのです。そこで、今回ご紹介する方法を使ってメロンの食べごろを見極められるようになりましょう!

逃さない!メロンの食べ頃の見分け方

実は、ツルの状態、おしりの感触、叩いた音、香り。この4つのポイントを確認すればメロンの食べごろを見極められるのです!
それでは早速、順番にご紹介していきましょう。

ツルの変色具合をチェック

まずはメロンのツルを確認してみてください。ツルが青々と元気な状態であれば、まだ身は固く完全には熟していない状態です。ツルが完全に枯れていて、メロン自体がくすんだ色になっている場合は熟れすぎている状態です。

食べ頃なのは、ツルの根元部分は黄緑色のままで、その他の部分がしおれている状態。ツルが枯れすぎでもなく元気すぎない状態がベストなので見極めが大事ですね。

おしりの部分を押してみる

お店で売られているメロンには、ツルがついていない場合もありますよね。そんな時はおしりの部分を押して感触を確認してみてください。大切なのはおしりの真ん中ではなく、おしりの周りを押して確認することです。爪の色が変わるくらいの力加減で押してみて、指が少し入るくらいが食べ頃です!

叩いて音を確認

熟していないメロンと完熟のメロンでは、叩いた時の音が違います。熟していないメロンは「カンカンカン」と固めの音がします。一方、完熟メロンは「ボンボンボン」とくもったような音がするのです。

叩き方にもいくつかポイントがあるので併せてご紹介します!・片手で持ち、耳と頰の辺りにメロンを当てます。メロンの中心辺りを2本指で軽く叩きます。こうすることで音がよく聞こえ、熟れ具合を確認しやすくなるそうです。

香りを嗅いでみる

メロンは熟してくると、独特な甘い香りを発するようになります。ツルの状態やおしりの触感、音を確認して、さらに甘い香りを感じることができればバッチリ食べ頃になっていると言えるでしょう!
ここまでメロンの食べ頃を見分ける4つのポイントをご紹介してきましたが、以下の点を守るようにしてください。

まず、お店でメロンのおしりを押したり、メロンを叩いたりする場合はお店の人に許可をもらってから行うようにしましょう。そして、メロンを傷つけないように細心の注意を払って行ってくださいね。

まだ硬いメロンを食べ頃にする方法

おいしいメロンを食べるコツは「追熟」と言われています。追熟とは、収穫した後に熟させることを指します。新鮮なメロンをしっかりと追熟させることで食べ頃に繋がるというわけですね。ここではメロンを追熟させるための方法についてご紹介していきます。

実は、メロンを冷やしすぎてしまうと追熟が止まってしまいます!そのため追熟したい場合、購入後すぐに冷蔵庫に入れるのは好ましくありません。追熟するまでは風通しの良い冷暗所にて保存し、食べる数時間前に冷蔵庫に入れて冷やすのが良いとされています。

とはいえ鮮度は落ちていきますので、夏場は野菜室など冷えすぎない場所で保存することで、ゆっくりと追熟させながら日持ちさせることが可能になります。

完熟メロンの最高においしい食べ方

メロンの食べ頃が分かったところで、次はいよいよメロンの食べ方のご紹介です。一般的にメロンは吊るされた状態で栽培されるため、甘みが下に降りていくとされています。ですから、メロンを切る時は横にして半分にカットした、下側の方がより甘さを堪能できるということです。

種の取りのぞき方

さらにおいしいメロンを楽しむために重要なのが、種の取りのぞき方です。

メロンは種が付いている部分が特に甘く、種の取りのぞき方次第ではより多くおいしい部分を残すことができます。種をスプーンで取りのぞく方も多いかと思いますが、スプーンでの取りのぞきは絶対に避けた方が良いでしょう。スプーンではおいしい部分が種と一緒に削れてしまいます。

おすすめはハサミなどを使う方法です。メロンを横半分にカットしたら、種の付近にある筋を3ヶ所ハサミなどで切りましょう。そしてメロンの底部分の芯とつながっている箇所をはがすイメージで、スプーンで中心を取り除きます。こうすることで、おいしい部分を削らずに種を取りのぞくことができるのです。

上側半分をおいしく食べる方法

下側半分と比べると甘みが少ないとされる上側半分ですが、もちろんそのまま食べてもおいしいメロンには変わりありません。しかし、チョイ足しをすることでさらにおいしく食べることができるのです!

種を取りのぞいたくぼみの部分にアイスクリームや牛乳を注いで食べてもおいしいですし、ウィスキーやブランデーを注げば、少し大人なメロンに早変わりですね!サイダーを注いでアイスクリームを添えれば豪華なメロンクリームソーダも楽しめますよ。

熟れすぎに注意!

食べ頃を待っていたらいつの間にか白いカビが生えてしまった、なんてことはありませんか?

皮の部分だけなら切り取れば大丈夫と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、食べ物にカビが生えると目には見えなくてもカビの菌糸が食べ物全体に広がっている可能性があるのです。そのため、一度カビが生えてしまった場合は食べない方が安全と言えるでしょう。

また、色が黒く変色していたり、中心部分が苦かったり、果肉が液状化してる場合も食べるのは控えた方が良いでしょう。メロンは熟しすぎると甘みが苦味に変化することもあるので、くれぐれも熟しすぎには注意です!

よいメロンの選び方

ここまではメロンの食べごろについてご紹介してきましたが、そもそも良いメロンとはどのようなものを指すのでしょうか?ここではメロンの目利き方法について触れていきます。

どんな食べ物にも旬がありますよね。もちろんメロンにも旬の時期があります。基本的にはこの時期に出回っているメロンを購入することが、良いメロンを手にいれる基本中の基本です。

さて、そんなメロンの旬の時期は、春の終わりから夏にかけてです。この時期が、最もおいしい時期と言われていますので、メロン売り場に足を運んでみてはいかがですか。

ネット系メロン

ネット系メロンの最大の特徴であるネットが、品質を見極める上でも重要になってきます。良いメロンはボリューム感がありクッキリとしたネットが浮き上がっています。また、ネットや地肌全体に色ムラがないものであればなお良しでしょう。

プリンスメロン(網目のないメロン)

網目のないタイプのメロンは、色ムラがなく均一であることや、筋または斑点のないものが品質が良いものとされています。

プリンスメロンやネット系メロン共通のポイントとして、大きくずっしりとした重さである方が良いでしょう。また、ツル首が太く短いメロンは肉厚であると言われています。形については、リンゴや和梨のように「いかり肩」である方が良いとされているそうですよ。

正しい見分け方でおいしいメロンを!

メロンは高価な果物ですし、失敗したくないですよね。旬の時期、重さや模様をしっかり見極め、正しい方法で保存してベストな状態でいただきたいですね。メロンの食べごろは実はとても短く、熟してから2〜3日とも言われていますので、追熟させる場合は忘れずに毎日チェックしましょう。

大人も大好き、リッチな気分にさせてくれる至極のフルーツであるメロン。おいしく育ってくれたメロンが、食べ頃の時期に出してくれるサインを見逃さずに最高の状態で楽しみたいものですね。
▼名前の由来、知ってる?
▼同じ旬のフルーツをおいしく食べよう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ レモン フルーツ 漬け物 まとめ

みんな大好きなカルピスにレモンを漬け込んでみませんか?さわやかでやさしい甘酸っぱさを楽しめる「レモンのカルピス漬け」は、暑い季節にぴったりな一品。今回は、とっても簡単な作り方と、手間なくできるアレンジをご紹介…

かき氷 フルーツ お土産

かき氷の名店「埜庵(のあん)」監修!南アルプスの天然水とたっぷりの果汁が使用(果汁50%)されたフルーツソースの3本ギフトセットが発売。果実味豊かな風味は、かき氷はもちろん、ドリンクやジャムなど色々な用…

ブロッコリー

料理やお弁当の彩りを添える野菜ブロッコリー。おいしい茹で加減がわからないという声も少なくないようです。今回は、ブロッコリーのおいしい茹で方と茹で時間を調べてみました。下ごしらえの方法も併せてご紹介します。

パンケーキ

ドレモルタオから、赤肉メロンと青肉メロンをふんだんに使ったパンケーキ「メロンデラックス」が新登場!大きめにカットされた2つのメロンを、ダイレクトに味わうことができます。旬のメロンと、一瞬の口どけのパンケーキを…

そうめん

そうめんは古いものほど高級品として扱われることを知っていますか?そうめんは古い方が旨味が増すとされているんです!では、家で保管しているそうめんも古くなるまで待った方がおいしくなるのでしょうか?保存の注意点など…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

まとめ

一人暮らしの人は特に食費を抑えたいと思っている人は多いのではないでしょうか?本当に少しの努力と我慢で簡単に食費を抑えることができるんです。今回はすぐ実践できる心がけを5つご紹介します♫

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

和食 レシピ まとめ だし

本当は知りたいけれど今更恥ずかしくて人には聞きづらい「和食料理の基本」今回はそんな基本中の基本についてご紹介したいと思います。普段のお料理に是非役立ててくださいね^^「和食」は無形文化遺産として登録もされた日…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ピーマン おつまみ 和食

野菜が高騰していて、物によってはなかなか手が出しづらいお値段になってきましたね。そんな時、いつもと値段が変わらないピーマンは狙い目です!軽く焼いて煮汁に浸したピーマン、是非食卓にプラスしてみては?

にんにく おつまみ

秋から冬にかけて美味しくなる里芋。根菜は太るイメージが強いですが、里芋はお芋類の中では1番の低カロリー。ダイエット中にもおすすめの食材です。今回はがっつりにんにくを効かせたジャーマン里芋のレシピをご紹介。下ご…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る