ローディング中

Loading...

大根はクセがないので煮て良し、生で食べても良しの優秀野菜。でも、大根の甘い方って上と下どっちだかご存じですか?今回は、大根の甘い方の解説や部位ごとの特性、さらに使い分ける方法を詳しくまとめました。今日から大根料理が食卓に増えるはず!

大根の甘い部分ってどっちだっけ?

煮物や薬味など、一年を通して食卓に並ぶことが多い大根。大根というのは、考えてみると不思議な食材で、食べる部分によって辛さとや甘さが異なります。煮物など、火を通したり、味付けをする場合はそれほど気にならないかもしれませんが、大根おろしなど生で食べる場合にはその違いが顕著に感じられますよね。

今回は、大根のどの部分が甘くてどの部分が辛いのか、それぞれの部分がどういった料理に向いてるのかをご紹介します。

大根の甘い部分は葉に近い方

大根は先の方にいくに従って辛さが強くなります。言い換えれば、歯に近い方が甘いんです。そのため大根おろしやサラダを作る際は、真ん中辺りを使うといいでしょう。

それにしても、なぜ大根は先端と葉の近くでは味に違いがあるのでしょうか。その理由は諸説あるようですが、どうやら、大根の成長が関係しているようです。

大根は先端の部分の方が成長が盛んで、活発に細胞分裂を行ないます。先端の部分に辛み成分が多いのは、害虫を寄せつけないためなのだそうです。辛みが抗菌の働きをしているということですね。

葉に近い部位は「サラダ」におすすめ

葉に近く辛みの少ない部分は、サラダなど生で食べるのにおすすめです。みずみずしく新鮮なうちに、さっそくサラダでいただきます。大根の辛み成分は、切った直後は辛く感じますが、その後時間が経ち、空気に触れることでだんだんと辛みが抜けていきます。

また、ドレッシングと和えて味を馴染ませることでも辛みを感じにくくなるため、できるだけ細く切ってドレッシングと合わせることがまろやかな大根サラダを作るコツです。

それでも、まだ辛みを感じるという人もいるかもしません。その場合は大根を薄く桂剥きにして重ねて千切りにします。繊維に沿って包丁で丁寧に切っていくと、歯ごたえがぐっと良くなりますよ。水に漬けておくだけでも少し辛みが抜けるので試してみてください。

この他、オイルドレッシングと和えて冷蔵庫で一時間ほど置いておくとまろやかな味になりますよ。

大根の先の部分は辛い!

大根の先っぽは、土の中でどんどん成長していく部分です。そのため、虫などに食われないよう、辛み成分が多くなっています。大根の先っぽの辛い部分は料理に向かないのでは……と考える人も多いかと思います。しかし、辛みを生かした食べ方もあるのです!

先の方の大根はおろして「汁物・漬物」に

大根の先っぽは辛いため、食べづらくそのまま捨ててしまう人もいるかもしれません。しかし、捨ててしまってはもったいない!まずは、どのように使えば辛みを抑えられるかを考えてみましょう。

まずは、大根の辛みが気にならないレシピとしては、汁物や漬物がおすすめです。先っぽは辛味が強く、繊維質がしっかりしているためので、水分が葉っぱに近い部分と比べると若干少ないんですよね。そのため、辛みを和らげたり、水分を補ったりするという理由から、お味噌汁の具にするのが、昔から用いられている先っぽの部分の大根の調理法なのです。

また、漬け物にするのもいいでしょう。常備野菜として保存もできるため、忙しい朝のひと品や、夜のとりあえずのおつまみなどにもいいでしょう。

漬け物は加熱しないため、大根が本来持っているビタミンなどの栄養素が壊れにくいというメリットもあります。他の生野菜と比べると食物繊維などを効率良く摂ることができるのも魅力ですね。

大根の中間部はやや甘い

大根は先っぽ部分が辛く、葉に近いほうが甘いということが分かりました。では、普通に考えると、大根の真ん中は中くらいの甘さということになります。実際にその通り!辛くもなく、かといって甘過ぎもしないため、食べるにはちょうどいいということですね。

中間部は「おでんや煮物に」

辛くもなく、甘過ぎもしない大根の中間部のおいしい食べ方としては、おでんや煮物がおすすめです。大根の魅力が感じられ、大根の最もおいしい食べ方の一つは。まさにおでんや煮物にあるような気もします。

おでんの場合、ぐつぐつ時間をかけて煮こむだけでいいですし、時間をかけるほど味が染みてくるため、何日かに分けて食べることもできます。

この「味が染みる」にも理由があります。大根の中間部分は、水分をたっぷり含んでおり、辛味が少なく固いため、性質的にも煮物やおでんに向いているのです。これまで、あまり場所を気にせず大根の煮物やおでんを作っていた方は、ぜひ中間部で作ってみてくださいね。

見て判断!甘い大根の選び方

スイカなどは叩いたら甘いかどうかがわかるとされていますが、大根は見た目などで甘いか辛いかがわかるのでしょうか。

昔から、夏の大根は辛くて冬の大根は甘いというのが定説となっています。大根は冬が旬と言われる所以ですね。これは、冬の寒さに当たると、大根が身を守るために糖分を蓄えるからだそうです。

一般的に大根は、見た目で甘いか辛いかを判断する場合、大根のヒゲ根を見るといいとされています。大根の側面にヒゲ根が縦に一直線に伸びていたら、辛くないと判断します。とはいえ、甘すぎるということもありません。スーパーなどではヒゲが取られていることも多いため、ヒゲの後がまっすぐか、ねじれていないかで判断するようにしましょう。

種類によって違う甘い、辛い

スーパーで売られている大根は一種類しかないのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし、実は一口に「大根」といっても様々な種類があり、それぞれ特徴があるのです。種類によっては甘いもの、辛いものなどがはっきり分かれています。ここでは、代表的な大根をいくつか紹介します。

桜島大根

桜島大根はその名の通り鹿児島県の桜島及びその周辺で栽培されています。桜島大根の収穫は1月中旬から2月上旬の寒い時期です。まさに冬大根ということですね。

桜島大根の特徴は、肉質が緻密で繊維質が少ないところ。そのため、煮込んだときに出汁が染みやすく、箸で切りやすい柔らかさになるにもかかわらず、煮崩れしにくいという特徴があります。

肝心の味ですが、辛味が少なく、ほんのりと甘味があるのでとても食べやすくおいしいです。調理方法としては、甘みや柔らかさを活かして生のままサラダがいいでしょう。

練馬大根

練馬と言えば練馬大根が有名ですよね。東京の練馬地方で作り始めた大根で、「江戸野菜」のひとつとして注目を集めています。練馬大根は、昔から漬物として重宝されてきました。特にたくあんは絶品で、辛みが強く大根おろしににしてもおいしいですよ。

青首大根

青首大根は、もっともポピュラーな大根で、流通量の90%を占めています。スーパーなどで見る大根のほぼ全てが青首大根と思ってもいいでしょう。日光に当たる部分が青くなるので、青首大根という名前がついています。甘みも辛みも普通で、先っぽにいくほど辛くなります。

辛み大根

辛み大根は、文字通り辛い大根です。辛い大根の品種を総じて辛み大根と呼んでいます。非常に辛いため、そのまま食べるというよりも薬味などに使われることが多いようです。夏場にそばの薬味として食べる方が多いようです。

大根の特徴を理解しておいしく調理!

大根は、部位によって辛みや甘みの違いがあるだけでなく、種類によってもかなり味が違ってきます。大根は生のままはもちろん、焼いたり煮たりなど様々な方法で食べることができるので、大根の特徴や個性を生かして活用するとよいですね。

ちょっと一手間かけるだけで、その味がさらに引き立つのですから、そこは手間を惜しまずにいたいものです。大根の特性を理解し、日々の食卓に大根を積極的に取り入れましょう!
▼一本丸ごと使い切ろう!大根の人気レシピはこちら
▼賢く長持ち!便利な大根の保存方法もチェック

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ 肉料理 スイーツ

今回は、2017年に開催される「フジロック」「ロッキン」「サマソニ」 のおすすめフェス飯をまとめてみました!過去の人気メニューから毎年行列のできる名物まで、当日食べるフェス飯を今からチェックしておきませんか?

じゃがいも レシピ

玉ねぎを電子レンジ5分で調理するねとめしが「絶品」とツイッターで話題になっています!使う材料は、玉ねぎ、コンソメやバター、ポン酢、黒胡椒のたった5種類。本当に簡単に絶品ねとめしが作れるのか、作り方やアレンジな…

サラダ まとめ

いろいろな野菜をソースにつけて食べる「バーニャカウダ」。夏も冬も楽しめる、手軽なサイドメニューです。今回は、材料4つでできる基本ソースの作り方から、簡単アレンジソースを7選紹介します。ちょっと風味を変えれば飽…

大根 和食 まとめ

昆布だしで優しく煮込んだ大根に、味噌だれをかけて楽しむ「ふろふき大根」。今回は、しっかり下処理で本格的な味に仕上がる基本のレシピや、圧力鍋やレンジで作れる人気の簡単アレンジなど、ふろふき大根レシピをたっぷりと…

唐辛子

カルディコーヒーから、「ハラペーニョおかき」が登場しました!青唐辛子「ハラペーニョ」味のおかきなんてめずらしい!メキシコの食材と日本のお菓子が出会って、いったいどんな味に仕上がっているのでしょうか。実食レビュ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

まとめ

予防接種をしてもかかる可能性があるインフルエンザ…。なんとそんな強力なインフルエンザウイルスと戦ってくれる食べ物があるそうです!身体の中から病気と戦いましょう!インフルエンザに効果的な食べ物を紹介します。…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

お弁当 まとめ

みんな大好きな卵焼き!いつも同じレシピばかりじゃ飽きちゃいませんか?そんなあなたのために、今回はInstagramd卵焼きのアイデアだけを投稿されているデリスタグラマー(oh_tsuka.3s_eggさん)を…

じゃがいも お弁当 コロッケ ポテトサラダ

グラタンやコロッケなど、じゃがいもはお弁当のおかずとして大活躍してくれる食材です。今回は、じゃがいもを使ったお弁当にぴったりなおかずを、レンジで作れるものからポテトサラダ、コロッケ、その他アイデアレシピなど2…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る