ローディング中

Loading...

好きな肉料理ランキングがあれば上位間違いなしの生姜焼き。定食屋のように柔らかく仕上げる方法をご存じですか?自分で作るとなぜか固くなってしまう……そんな方に向けて今回は、生姜焼きを柔らかく仕上げる簡単テクニックをご紹介します。

生姜焼き、柔らかく仕上げられる?

大人も子どもも大好きな生姜焼き。おいしいのはもちろんのこと、煮込み料理などに比べると短時間でささっと作れるため、普段の食卓に並ぶことも多い料理のひとつのはず。ですが、本当にちゃんとおいしく作れていますか?自分で作るとどうして固くなってしまうのだろうと、疑問に感じたことはありませんか?

豚肉は脂肪分が少ないタンパク質の塊のため、熱によりタンパク質が変形すると水分および水分と共存するうまみ成分、エキス分、脂肪が溶出します。肉汁やお肉の中の水分が外に出てしまうことが、パサパサで固い仕上がりの原因になるのです。

つまり、やわらかくジューシーな生姜焼きを作るには、豚肉の中の水分をできるだけ外に出さない調理方法が重要です。お肉を冷蔵庫から出してすぐに焼くと、お肉が熱くなるまでに時間がかかり、うまみが溶け出してしまいます。

また、室温にもどしている間に塩やこしょうで味付けをしてしまう人がいますが、これもお肉から水が出てうまみを逃してしまう良くない調理法です。

このような豚肉の性質を生かし、味付けのタイミングや点火のタイミングなど、ちょっとしたテクニックを使うだけで、とっても柔らかい生姜焼きができてしまうのです!本当に簡単なことなので、今晩からさっそく実践してみてくださいね。

味付けのタイミングは調理中がおすすめ

生姜焼きと言えば、焼く前に豚肉を調味料に漬け込み、味をお肉にしっかり染み込ませるのがおいしく作るコツだと思っていませんか?

実は、これがお肉を固くしてしまう原因のひとつなんです。焼く前に調味料に漬け込まず、調理中に合わせ調味料を加えるのが柔らかくジューシーな生姜焼き作りにはおすすめです。これから調理のコツを紹介していきますね。

柔らかな生姜焼きを作る下処理方法

下処理ってなんだか面倒なイメージですよね。ですが、数分でできてしまう工程を経るのと経らないのでは、料理の仕上がりが大違い!下処理にちょっとしたひと手間を加えるだけで、やわらかジューシーな生姜焼きを作ることができます。下処理がきちんとできていれば、あとは焼いて味付けすれば完成です。とっても簡単なので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

1 豚肉は常温に戻しておく

豚肉は焼く30分くらい前に冷蔵庫から取り出して常温に戻しておきましょう。厚い肉を冷たいまま焼くと、表面が焼けても中はまだ生の場合があるため、常温に戻してから焼くことがポイントです。冷たいままだと焼くのにも時間がかかってしまいますよ。

2 肉の筋を切る

脂身を手前に置き、脂身から赤身にかけて4〜5か所に切り込みを入れます。このひと手間で脂身と赤身の間にある筋が切れて、焼いたときに反り返りにくくなりますよ。反対側にも脂身があれば、同様に切り込みを入れてください。

3 小麦粉をまぶす

豚肉の両面に小麦粉をまぶし、軽くはたいて薄くつけます。小麦粉をつけると調味料がからみやすくなり、とろみもつきます

柔らかく仕上げる焼き方

「フライパンで調理をするときは、フライパンが十分に温まってから食材を入れなさい。」と子供のころ母親に教えてもらった方もいますよね?その思い込みがお肉を固くしてしまっていたのかもしれません。

生姜焼きの焼き方で重要なポイントは、点火のタイミングです。フライパンにサラダ油をひき、豚肉をフライパンに乗せてから点火します。フライパンにお肉をのせてから火をつけることにより、熱々のフライパンにいきなりお肉を乗せた場合と比べて、筋繊維の収縮率を半分に低減することができます。こうすることでジューシーで柔らかい生姜焼きをつくることができるのです。

中火にかけ、お肉の両面に焼き色がつくまで焼き、いったん取り出します。そのあと、お肉を炒めたフライパンでお好みにスライスした玉ねぎを入れ、しんなりしてきたら調味料を入れましょう。沸騰したら、取り出しておいた豚肉を加えて絡め、火を止めればおいしい生姜焼きの完成です。

生姜焼きに合う部位は?

豚肉のどの部位を使うかによっても、生姜焼きの仕上がりは変わってきます。一般的に生姜焼きにはロースが使われていますが、他の部位を使ってもおいしく調理できます。赤身がキレイなピンク色で脂肪が白い、新鮮な豚肉を選ぶことがおいしい生姜焼き作りのポイントですよ。それぞれの部位が、どのような生姜焼きに仕上がるのか紹介しますね。

ロース

背の中央部分です。きめの細かい肉の縁に、程よく脂肪がついているので、生姜焼きにすると柔らかく風味の良い仕上がりになります。やや厚みのある肉なら焼く、揚げる、という調理法が最適で、ごく薄切りならしゃぶしゃぶにするのがおすすめです。

肩ロース

肩の背側の部位です。きめのやや粗い赤身の中に脂肪が網状に入っていて、生姜焼きには一番よく合います。コクのある濃厚な味で、焼く、煮る、揚げる、炒める、どんな加熱法でもおいしく食べられます。

もも、バラなど

生姜には肉を柔らかくしてくれる性質があるので、お安いももやバラの小間切れを使っても、十分おいしく作ることができます。尻の周囲の部位であるももは、赤身が多く、高たんぱく、低脂肪であっさりとした味わいです。「内もも」は色が淡くて柔らかめ。「外もも」は色が濃く堅めで、こま切れ肉によく使われます。

腹部の肉であるバラは、赤身と脂肪がはっきりと層をなし、交互に3層に重なっていることから「三枚肉」とも呼ばれています。肉のうまみと脂肪のコクを併せもち、食べごたえたっぷりです。

タモリさん流!生姜焼きの作り方

次に、簡単にできる時短レシピを紹介します。タモリさんが考案して「タモリ倶楽部」で紹介されたネットで話題のレシピです。砂糖を使わないため、さっぱりとした風味となります。油を敷かないのでカロリーを気にしている方にもオススメです。

しかし、豚の生姜焼きの定番であるロースは向かないため、他の部位を使って調理することがポイントですよ。ぜひ一度試してみてください。いつもの生姜焼きと食べ比べてみても楽しいですね。

macaroniの以下の記事で詳しい情報がご覧になれます。

ちょっとした工夫で柔らかジューシー!

ちょっとしたテクニックでやわらかジューシーな生姜焼きが作れることがわかりましたね。味付けのタイミング、点火のタイミングなど、どれも簡単なものばかり。料理初心者の方でもすぐに真似できてしまうのが嬉しいですね。しかも、使用する部位を変えれば同じレシピでも印象が変わるので、レパートリーが増えたみたいで得した気分♪

レシピを見ているだけで、頭の中は生姜焼きのことでいっぱいになってしまいませんか?今晩のおかずは生姜焼きで決まり!さっそくこのテクニックを使って、家族を驚かせてみましょう。「今日の生姜焼きやわらかい!」と言ってもらえるのが楽しみですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

池袋

大阪・兵庫で人気のボリューム満点な肉どんぶりが楽しめるお店「肉劇場」が、東京第1号店として池袋にオープン!たっぷりボリューミー&ジューシーなお肉をご飯にのせてガッツリ味わう、ひとり焼肉感覚の丼がリーズナブルに…

唐揚げ 揚げ物 レシピ

大人も子供も大好き、自宅で作る機会が多い唐揚げ。おいしい揚げ方って意識してみたことありますか?大切な下ごしらえの方法から衣のつけかたまで、唐揚げの揚げ方のコツをお伝えします。おいしいレシピも併せてご紹介します…

たまご レシピ チーズ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、twitterで話題沸騰中のチーズエッグの作り方をご紹介します!材料たった2つで作ることができちゃう、超々お手軽レシピ!さらに、アレンジも色々楽しく豪華に!

サンドイッチ パン ランチ お弁当

今ツイッターで話題になっている、美味しいサンドイッチを作るコツってご存知ですか?なんでも、とある3つのポイントが共感を呼んでいるんですって。いったいどう味に差が出るのか…気になる作り方や違いを実食レビューでご…

ステーキ レシピ まとめ

部位によるステーキの焼き方や、おすすめのレシピをご紹介します。ソースの味付けのポイントや、肉を柔らかく仕上げるコツなど、おいしいステーキのポイントが盛りだくさん!付け合わせのレシピもありますので、これを読めば…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

日本酒 まとめ

日本酒を飲んでも「おいしい」だけで終わらせていませんか?味覚の表現を豊かにすれば、お酒を飲むのも楽しくなるはず!ということで今回は、日本酒の香りを表現するヒントを5つピックアップしてみました。

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

ヨーグルト ドリンク まとめ

花粉症の人は今、とっても辛い人も多いのではないでしょうか?今回はそんな辛い症状を少しでも軽くする食品をご紹介します!栄養もたっぷりなので、健康にも良いものばかりです。是非積極的に摂取して、この辛い時期を乗り越…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

まとめ

毎年この時期になると心配なのは、風邪やインフルエンザにかかること。簡単にできる予防法として「塩うがい」を実践しませんか?おうちにある塩を使うので今日から簡単に試せます!口内炎やのどの痛みも軽減してくれるそうで…

イタリアン トリュフ まとめ おしゃれ 調味料

イタリアから直輸入されている「白トリュフスプレー」が、仕上げに吹きかけるだけでどんな料理もワンランクアップすると評判に!高級食材のトリュフを手軽に楽しめるなんて…いったいどんな調味料なのでしょうか?気になる方…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る