ローディング中

Loading...

大好きな人も多いハンバーグ。一生懸命作ったものの、食べようとしたら生焼けだった経験はありませんか?生焼けのハンバーグを作ってしまったら、もう捨てちゃう?ふっくらと厚みのあるハンバーグをジューシーにおいしく焼くコツと共に、対策をご紹介!

生焼けのハンバーグは食べても平気?

大人も子供も大好きなハンバーグ。家庭料理の定番でもあるので、食卓への登場回数も多いメニューなのでは?ちょっと手間のかかるハンバーグを一生懸命作ったのに、食べてみたら中が生焼けだった!なんて経験はありませんか?

しっかり火が通っていると思ったのになぜ?もうソースもかけてお皿に並べてしまったのに、一体どうすれば・・・。ハンバーグが生焼けになってしまう理由とその対策、いざ食べようとしたら生焼けだったときの対処法まで、まとめてご紹介いたします!

生焼けは危険!

生焼けのハンバーグとは、ひき肉自体の色だけでなく、肉汁も赤いままの状態のことを言います。お箸でハンバーグを割ってみたらまだ少し赤かった・・・、でもだいたい焼けてるし、ちょっとくらい生焼けでも食べられるかな、とそのまま食べようとしているあなた、危険です!

肉汁が赤い生焼けのハンバーグは中毒を起こす可能性がありますので、食べるのはやめておきましょう。豚肉などの生肉には食中毒の原因となる細菌が付着している可能性があり、下痢や嘔吐などの症状を引き起こしかねません。

こんがりしてても生焼け、なぜ?

でも見た目はこんがり焼けているのに生焼けの状態なのはどうして?その原因は大きく2つ、火加減とハンバーグの厚さに問題があります。

火加減

まず一つ目の火加減について。ハンバーグを焼く際、初めに強火でしっかり焦げ目をつけてから弱火で中まで火を通す方法だと外側が焦げるばかりで中は生焼けになってしまう可能性が高いのです。ハンバーグを焼く際には、弱火から中火でじっくり焼く方が焦げ付かず、中までしっかり火が通ります。

ハンバーグの厚さ

次にハンバーグの厚さです。お店などでは5センチほどもある肉厚なハンバーグも多いですが、これはあくまでプロの技であって、家庭の調理器具でこのように厚いハンバーグを中まで焼くのは難しいのです。

ご家庭でハンバーグを作る時のハンバーグの厚さは、2センチほどにしておきましょう。厚くしすぎないことによって、生焼けを防ぐことができます。

生焼けを防ぐハンバーグの焼き方

ハンバーグを生焼けにしないためには、他にはどのようなことに注意して作ったらいいのでしょうか。

ひき肉をよくこねる

ひき肉は粘り気が出て白っぽくなるまでしっかりこねましょう。材料をただ混ぜ合わせるだけではなく、しっかり手でこねます。合いびき肉の場合は塩コショウをしてからこねるのもポイントです。塩を入れることによって牛肉と豚肉の繊維がくっつき、肉汁を閉じ込めてくれます。

混ぜ方にもコツがあります。手の平を使って、ぐいぐい混ぜてしまいがちですが、こうすると手の体温でひき肉の脂が溶け出し、ベタベタになってしまうことも。脂を溶かさないように指先を使って1分ほどこねるのがおすすめです。

空気をしっかりと抜く

しっかりとこねたら、次はハンバーグを成形して空気を抜きます。空気を抜く理由は、焼いたときにひび割れてしまうのを防ぐためです。ハンバーグが割れてしまうと見た目が悪くなるだけでなく、肉汁も溢れ出てしまい、ジューシーな仕上がりにならなくなります。

ハンバーグのたねを手の平に打ち付けながら、最低10回は空気を抜きましょう。この時もこねる時と同じように、手の体温で脂が溶け出さないように握りすぎず、手早く空気を抜くのがポイント。空気を抜いた後は、ラップをして冷蔵庫で30分ほど休ませてくださいね。

ハンバーグのたねの中央はへこませる

ハンバーグのたねは、真ん中を指でへこませてから焼きましょう。ハンバーグは焼いているうちに、中の空気が膨張して真ん中が膨らみます。焼きムラが出ないように凹ませておきます。

焼く前に空気は抜きますが、完全に抜き切ることはできないので、真ん中をへこませて対策をしているんですよ。また、中央部分はどうしても焼けにくいので、へこませることによって均一に火を通すこともできます。

十分に熱したフライパンで焼く

ハンバーグを焼くときのフライパンは、しっかり温めてから焼いてください。火は弱火から中火で5分ほど焼いて焦げ目が付いたらひっくり返し、蓋をして蒸し焼きに。

こうすることによって中までしっかり火を通し、生焼けを防ぐことができます。蒸し焼きにする際は水を入れたり、お酒やワインを入れて蒸し焼きにするとさらにおいしさアップになりますよ。

肉汁が透明になるまで焼く

両面にしっかり焼け目がついたら、竹串などを刺して肉汁の色を確認することをお忘れなく。中から染み出す肉汁が透明なら完成です!もし肉汁がまだ赤いようでしたら、中まで火が通っていませんので、焦げすぎないように注意して、中までよく焼いてくださいね。

生焼けだ!失敗しちゃったら

正しい工程は踏んだものの、実際食べてみたらまだ赤い部分があった、そんな時は以下の方法をお試しください。

電子レンジで加熱

再度フライパンで焼いてしまうと焦げすぎてしまう場合は、電子レンジで加熱するのが最も手軽な方法です。ハンバーグの大きさにもよりますが、お皿にうつしてラップをし、様子を見ながら1~2分加熱してみてください。

煮込みハンバーグにリメイク

電子レンジだとお肉が固くなってしまうかも?とご心配の方は、いっそのこと煮込みハンバーグにリメイクしてみてはいかがでしょう。お好きなソースとハンバーグを煮込むことによって、中までしっかり火を通すことができます。

失敗を回避!煮込みハンバーグレシピ

生焼けが心配な方は初めから煮込みハンバーグにしてもいいかもしれません。オススメの煮込みハンバーグレシピをご紹介いたします!

1 トマトソース煮込みハンバーグ

野菜がたっぷり入ったトマトソースのハンバーグ。通常の作り方でハンバーグを作ったあと、トマト缶を使ってソースを作ります。お好みで、しめじやナス、マッシュルームなどの野菜やキノコ類を加えるとおいしくなりますよ。

ソースが煮立ったら焼いたハンバーグを加え、さらに5分ほど煮詰めて完成です。お肉と野菜の旨味がたっぷり詰まったソースでいただきます。

2 和風煮込みハンバーグ

うどんと一緒に煮込んだ、変わり種のハンバーグはいかがでしょう。通常のハンバーグを作ったあと、だし汁の中にうどんやえのきだけ、ニンジン、春菊などの野菜を入れて煮込みます。器に盛ったら、ハンバーグに大根おろしと刻みねぎをのせて完成です。いつものハンバーグに飽きたら、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
▼煮込みハンバーグの他のレシピはこちらをチェック!

もう失敗は怖くない!

子供も大人からも人気のハンバーグ。なかなか上手にできなかったという方も、今回の内容をおさらいして、ふっくらジューシーなハンバーグに挑戦してみませんか?焼きあがったかどうかは、肉汁の色をチェックすれば大丈夫!

それでも生焼けになってしまった場合でも、せっかく作ったハンバーグを捨てないでくださいね。電子レンジで加熱したり、煮込みハンバーグにリメイクしたりすれば、おいしいひと皿にできますよ。
▼失敗しないレシピはこちらもチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

人気ホルモンのひとつミノ。焼肉屋さんでも定番メニューのひとつですよね。独特のコリコリとした食感があるミノですが、どんな肉か、どこの部位なのか、ご存知でしょうか?ミノとは?上ミノとの違いやおいしいミノの食べ方ま…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

カップケーキ レシピ スイーツ まとめ

カップケーキを作ったことはありますか?今回はホットケーキミックスを使ったり、材料が少なく済むものなど、初めての方でもチャレンジしやすい簡単なレシピをご紹介します。プレゼントにもピッタリな、かわいいカップケーキ…

プリン レシピ スイーツ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、100%のたまごまるごとプリンの作り方を伝授!あるものを使って、簡単に殻を割らずに作る方法を教えちゃいます!ついでに、まるごとプリンをさらにおいしくしてくれるソース…

レシピ

お肉・野菜・スープの3つが同時に味わえる「ロールキャベツ」は、子どもから大人まで大人気の料理です。今回は、コンソメやトマトなど味付け別のロールキャベツレシピや、簡単アレンジをご紹介します。明日の献立にぜひ作っ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ パスタ おしゃれ まとめ

お手軽ランチにもぴったりなパスタ。確かに簡単に作れるのですが、鍋をいくつか使わなければいけないのでちょっと洗い物が面倒ですよね。そんなときは「ワンポットパスタ」がおすすめ。なんとお鍋ひとつでパスタが完成してし…

まとめ レシピ

雑誌でもおなじみの人気ブロガー・あ~るママさん。彼女が家族のために作ったお弁当は「可愛い」「美しい」と大人気♪あ~るママさんの作られたお弁当からおすすめのレシピをご紹介します。愛する家族のためにあなたもお弁当…

レシピ まとめ キャベツ

キャベツは一玉購入すると、ちょこっとづつ使っていって...どうしても残るものはしなしなで残念な感じになっちゃいますね^^;そんなキャベツでもうまく利用して調理できるレシピを探してみました。個人的にこれは私も知…

イタリアン スイーツ お菓子 レシピ まとめ

イタリアの焼き菓子ピッツェルを知っていますか?薄焼きクッキーなのですが、形も美しくおいしそうです。ピッツェルプレートなるものも売られているようですが...そのおすすめレシピをご紹介します。あなたも作ってお友達…

かまぼこ レシピ まとめ

今回は、節約中にぴったりのかまぼこを使った人気レシピ8選を紹介します。練り物のかまぼこは、そのまま食べたり、火を通したりできるのでアレンジがしやすいですよね。簡単にできるので、お弁当やおつまみを作るときに、参…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

新宿 新宿三丁目 立ち飲み まとめ

新宿に飲み屋さんがたくさんあるのは想像つくと思いますが、今中でも立ち飲みのお店が注目を集めています。昔からある老舗のお店から新しいお店まで。どのお店もそのお店それぞれの特徴、個性がありとても魅力的です。

目黒 そば まとめ

目黒駅は、JRと私鉄・地下鉄4線が乗り入れしている多くの乗降客が利用するターミナル駅で、駅周辺にはさまざまなジャンルの飲食店が点在します。その中でおいしい「そば店」がいくつもあるのをご存知ですか?今回は江戸ソ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る