ローディング中

Loading...

春の風物詩、桜餅。桜餅を食べる際、みんさんは葉っぱまで食べますか?お家に招かれて桜餅を出されたときに葉っぱを食べるのは正解なのか間違っているのか気になってしまう方もいるかもしれませんね。実際のところ葉っぱはどうするべきかお答えします!

桜餅の葉っぱは食べるべき?

桜色のお餅と桜の葉っぱが、春を感じさせてくれる桜餅。和菓子屋さんのショーケースに並んでいるのを見ると、つい買ってしまう方も多いのではないでしょうか。

桜餅というと、関東ではクレープ状にあんを巻いた「長命寺(ちょうめいじ)」、関西では粒々の道明寺粉で作ったお餅であんを包んだ「道明寺(どうみょうじ)」が一般的です。お餅の形が異なりますが、桜の葉っぱが巻かれているということは共通しています。

さて、みなさんは桜餅の葉っぱを食べていますか?実はこれ、意外と意見が分かれる質問なのです。今回は、意見の分かれるこの疑問について調べてみました。

桜の葉っぱを食べる食べないは自由

もし、桜餅葉っぱを葉っぱを食べるか食べないか、どちらが正解かというと、結論から言うと、これといった決まりはないようです。つまり、食べるのも食べないのも本人しだい。

ただし、道明寺は葉っぱがお餅にくっついてはがしにくいため、人前で食べる際はつけたまま食べる方がスマートかもしれませんね。また、茶道の場で提供された場合は、葉を切るのが難しいため、はがして食べることも多いのだとか。強いて言えば、その場に応じて食べるのが、最適でしょう。

桜餅の葉っぱは何のため?

では、桜餅の葉っぱは何のために巻かれているのでしょう?彩りやただの飾り?いえいえ、ちゃんとした役割があるのです。

桜の香り付けのため

桜餅は、見た目だけでなく香りも楽しめる和菓子です。あの独特な香りは、桜の葉っぱ由来のものです。桜餅は、人工的な香料などを使用しているのではなく、葉っぱで桜の香りづけをしているのです。

生の桜の葉に香りはありませんが、塩漬けすることであの独特な桜の香りが出てきます。
桜色のお餅には香りはありませんから、この塩漬けの桜の葉っぱを巻くことでお餅に香りをうつしているのですね。この葉っぱがあるおかげで、春を感じられるのかもしれませんね。

お餅の乾燥を防ぐため

お餅は乾燥すると固くなってしまいます。桜の葉っぱは、お餅を包むことで極力お餅の露出面積を少なくし、乾燥を防ぐ役目も果たしています

あんこやお餅に塩味をつけるため

桜の葉っぱの塩味は、あんこやお餅の甘さを引き立ててくれています。この塩味も桜餅にとって重要な調味料になっています。スイカに塩をかけて食べるのと同じような感覚でしょうか。

葉っぱを一緒に食べると塩味がきつすぎると感じる方は、葉っぱはがして召し上がると、ほんのりとした塩味で食べられますよ。

作り手によって違う思い

葉っぱを食べるのも食べないのも食べる本人の自由なのですが、作っているお店によっては、食べてほしいと思っていたり、逆にはがしてほしいと思っている場合もあるようです。

食べてほしいお店としては、以下のような意見があります。
・葉を食べることで、より桜の香りを感じられる
・葉と一緒に食べることでおいしく感じるように作っている

一方、外して食べてほしいお店には、下記のような意見があるようです。
・香りづけや乾燥を防ぐものなので食べるようにはしていない
・風味や塩味が強くなりすぎるのではがして食べてほしい

また「お好きなようにお召し上がりください」というお店もあるようですね。どうしたらよいか迷う時には、お店の人に聞くのが一番よいでしょう。

そもそも葉っぱは偶然巻いたのが始まり

そもそも、桜餅にはなぜ葉っぱが巻かれるようになったのでしょうか。桜の葉っぱを食べるか迷うものの、葉っぱの存在自体は自然となっている桜餅。

もとをたどれば、1717年頃に江戸の向島(現在の東京都墨田区向島)にある長命寺の門番であった山本新六が、土手に植えられていた桜の木の落ち葉に悩まされ、葉っぱを何かに使えないかと考えた末に、樽で塩漬けにした葉っぱをお餅に巻いたのがはじまりとされています。花見の際、桜餅を売ったら喜ばれたのだそう。

そして今もなお、長命寺の桜もちのお店は存在しています。当初、悩まされた桜の落ち葉が一転、おいしい和菓子として生まれ変わり、300年経った今でも人気の和菓子として愛されているのですからすごいですよね。

オオシマザクラの葉っぱ

桜餅が発祥した当時、サクラといえばオオシマザクラでした。ソメイヨシノ(染井吉野)は、歴史的には新しい品種で、エドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)の交配種。明治時代以降に広まった桜なのです。

まだソメイヨシノが広まっていない時代に作られた桜餅は、オオシマザクラの葉っぱが使われていました。その名残からか、多くの桜餅に今でもオオシマザクラの葉っぱが使われています。

葉っぱを食べるか迷ったら

マナーは無いとはいえ、人前で食べる際、葉っぱを食べるか迷うこともあると思います。
そんな時は、以下のポイントを参考にしてみてください。

・相手に不快を与えないような食べ方を心がける
・一緒に食べる人に合わせる
・綺麗にはがせそうならはがす(難しそうなら一緒に食べる)

おうちで桜餅を作ろう!

春の訪れが感じられ、なんだか心も温まる桜餅。老舗和菓子店のものを食べるのもよいですが、ご自宅で手作りしてみませんか?

桜餅

こちらは関西風、道明寺のレシピ。電子レンジで簡単にできるので、料理があまり得意でない方にもおすすめですよ。あんこは包み切らなくても、サンドした状態でも十分。これならお子さんと一緒にも作れますね。
▼ ほかにも色々なレシピを紹介しています。ぜひご覧ください。

春は桜餅を楽しもう!

桜餅の葉っぱの食べ方についていかがでしたか?桜餅は、春の季語としても使われており、旬の時期は、2月下旬~4月上旬までと、とても短期間ですから、店頭で桜餅を見かけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

今まで桜の葉っぱを食べていなかった方も、この春は試しに食べてみるのもよいのでは。よかったらぜひ、手づくりの桜餅にも挑戦してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

エクレア スイーツ

フランスの伝統的な製法を守るベーカリー「メゾンカイザー」の人気のエクレアシリーズに3つの新フレーバー(フランボワーズ、ピスタチオ、バニラ)が登場。春らしい華やかなビジュアルで、食べて美味しい見て楽しい一品です♩

たけのこ レシピ

旬のたけのこが主役の「焼きたけのこ炊き込みご飯」のレシピをご紹介します!炊く前に食材を炒めることで、ホクホク食感と豊かな香りを楽しめますよ♩お肉を使わずお財布に優しいところ。あっさりとした味わいなので、何杯で…

レシピ

桜もちそっくりな「ピンクいももち」のレシピをご紹介します。桜えびを細かくしてから混ぜているので、生地がほんのりピンク色です♩旨味がたっぷり詰まったピンクいももちで、お花見のお弁当に彩りを加えてみませんか?

今年で2周年を迎えるGLOUGLOU REEFUR(グルグルリーファー)に、アニバーサリーイヤーを記念し、スペシャルメニューと、オリジナルの限定アイテムが登場。春らしさ満載の料理やアイテムに心も踊ること間違い…

今SNSで話題が沸騰中の「美女と野獣のカフェ&レストランBeauty & the Beast」に、期間限定イースターメニューが登場中。イースターバニーのプリンや、ベルのアートが施されたいちごみるくなど、かわい…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

ハイブリッドスイーツ スイーツ ドーナツ お菓子 まとめ

最近スイーツマニアたちの間で話題が沸騰中の、未体験の食感が楽しめて、とっても美味しい「ハイブリッドスイーツ」の進化が止まらない!そんな「ハイブリッドスイーツ」を紹介します。さらに今回は、最後に超最新のウォーナ…

ドリンク お茶 まとめ

もうすぐ本格的に花粉の季節がやってきますね〜。花粉症の人にとってはとっても辛い時期。そうじゃない人ももしかしたらいきなり花粉症になるなんてこともあるかもしれませんよ!今回は、花粉症を内面から予防できるお茶を3…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

焼きそば レシピ

インドネシアの焼きそば「ミーゴレン」のレシピをご紹介します。冷蔵庫に余っている焼きそばの麺や色々な野菜でアレンジ可能なので、手軽に作れてオススメです♩甘辛さがおいしいエスニック料理を、お昼や晩ご飯に作ってみて…

カレー レシピ

カレーにはトロトロに煮込んだカレーと、水っぽいサラサラのカレーがあります。トロトロカレーが好きな方には、水っぽいカレーはちょっと物足りないですよね。カレーにとろみを付ける方法はたくさんあります。ぜひお好きな固…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る