ローディング中

Loading...

焼き鳥屋さんにずらりと並ぶメニュー。もも、ねぎま、レバー、皮……ちょうちん?メニューにある部位は、見たことがあるけどよくわからないので挑戦しないという方も多いでしょう。今回は「ちょうちん」とその他の希少部位について詳しくご紹介します。

焼き鳥のちょうちんってどこ?

ちょうちんと聞くと、私たちが思い浮かべるのは居酒屋さんの軒先にぶら下がる赤提灯ではないでしょうか。
でも今回お話するのはやきとりの部位のことなので、軒先にある赤提灯のこととは違います!焼き鳥屋さんのメニューに並ぶちょうちんは食べられるところです。でも、食べられるちょうちんとは、一体どんなものなのでしょうか。やきとりのマイナーな部分を掘り下げていきましょう。

ちょうちんとは

どこの部位か

鶏の卵巣の中で卵の形になる前の卵黄の部分を販売される状態では「きんかん」といいます。また卵が産卵されるまできんかんが通ってくる輸卵管(ゆらんかん)や卵巣の部分などが「ひも」と呼ばれます。
この「ひも」と「きんかん」を一緒に串に刺して焼き鳥として焼くものが「ちょうちん」です。
成熟した雌鶏は毎日卵を産みます。雌鶏の輸卵管内にはきんかんがたくさん連なっていて、1日に1個ずつ卵殻が形成されて産卵されます。通常きんかんは小さいものまで含めると5〜10個ほど連なっています。ですが、ひもは鶏1羽に対して1本しかありません。ちょうちんはまさに1本が鶏1羽分という貴重な品です。大切に感謝していただきましょう。

どんな味?

きんかんは卵黄そのものなので味は濃縮された卵黄のようなものです。口の中に入れてひと口噛むとトロッとした卵黄が溢れてきます。
ひもはホルモンのような感じで、歯ごたえがありますが淡白な味です。
卵黄のトロッとした甘みと、タレの甘辛さが絡まって、淡白なひもがとても味わい深いものになるのがちょうちんです。

なぜちょうちんというの?

お店によってはきんかんを串に刺したりささなかったり、きんかんが1つだったりたくさん連なった状態だったりと異なります。そんなちょうちんですが、きんかんを下にして持った感じが紐に吊るされている提灯に見えるというのが「ちょうちん」という名の由来だと言われています。私は初めてお目にかかった時、チョウチンアンコウのちょうちんみたいなだなーと思いました。

ちょうちんの食べ方

ちょうちんを食べるならおすすめの味付けはもちろんタレです。きんかんの濃厚なとろみと甘辛いタレがまったりと絡まっておいしいのです。
そして女性はちょっと戸惑ってしまうかもしれないのですが、きんかんからひもまでを一気にパクッとひと口で食べてしまいましょう!卵管の歯ごたえと、きんかんのまったり感と甘辛いタレをいっぺんに味わうのがツウですよ。

どこかわからない部位たち

せせり

鶏の首の部分です。鶏は周囲を確認するのにくるくると首を回したり、地面のエサを食べるのに、よく首を曲げ伸ばしして動かします。そのため身が締まっていて、歯ごたえがありますが、適度に脂ものっていてバランスのとれた味です。お店によっては「ネック」「そろばん」などと呼ばれるよこともあります。

おたふく

人間でいうところの胸筋、胸腺やリンパ腺です。脂が多い表面の皮と、歯ごたえのある中の身のふたつの食感が楽しめる一風変わった部位です。

おび

鶏のももの中心部分のお肉。もも肉よりさらに水分量が多いのでモチモチとやわらかくプリプリとしています。

さえずり

鶏の気管と食道です。管状なのでホルモンのような弾力がありますが、クセがなくて食べやすいです。

べら

砂肝の下にある弁で、人間でいう十二指腸。香りは砂肝に近いですが、砂肝よりも弾力があってプリプリとしています。砂肝の食感が好きな人は、ぜひこちらも食べてみて欲しいですね。

銀皮(ぎんぴ)

砂肝を包んでいる銀色の皮の部分です。クセのない味でコリコリとした食感が特徴です。「ずりかべ」とも呼ばれます。こんな皮の部分まで串にしてしまうとは。。。鶏は本当に余すところがないのですね。

ペタ

「ぼんじり」と呼ばれるお尻の部分と背中をつないでいる皮の厚い部分。通常の鶏皮として知られている首の皮に比べて脂が多くてジューシーです。

小豆

鶏の脾臓。色や形が小豆に似ているので小豆や「まめ」、目にいいことから「めぎも」とも呼ばれます。1羽から1つしか取れませんが、焼き鳥では贅沢に何個も連なって出てきます。大切に味わっていきたいですね。

羽子板(はごいた)

尾の付け根で尾羽を動かすための薄い筋肉。脂身が少なくて淡白でさっぱりしています。ちょっとヘルシーな串ですね。

ソリレス

腸骨の背中側の付け根にある窪みについている肉。名前の語源がフランス語の「愚か者が残す場所」というくらいおいしくて上等な部位。「そり」ともいいます。

ふんどし

砂肝に繋がっていて餌を消化する時、石臼のようにすり潰すような働きをする器官。砂肝のようなコリコリとした弾力はなく、牛タンのような柔らかい食感です。

食べ逃すことのないように!

思わずビールが欲しくなってしまったのは私だけではないはず!私もまだ未開拓の部位がたくさんあるので、ぜひ開拓したくなりました。
鶏はトサカから尻尾まで全てを食べることができると言われています。ところが、きんかんをはじめ今回ご紹介した希少部位は、鮮度のいい材料を手に入れることができる数少ないお店でしか味わがうことができません。みかけたらそのチャンスを逃さずに、ぜひ一度お試しくださいね!
▼一度食べればやみつき!おすすめの焼き鳥はこちら♩
▼知らなきゃ損!? 正しい焼き鳥の食べ方って……?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「キビヤック」をご存じでしょうか。日本ではあまりなじみがないのですが、なんとも奇想天外な作り方、食べ方をする発酵食品。完成したキビヤックの臭いはとてつもなく臭く、およそ納豆の20倍臭いんだとか。気になるキビヤ…

とうもろこし 北海道

ふだん、とうもろこしをどうやって食べていますか?実は今Twitterで、北海道ではよく知られているというとうもろこしの食べ方が大きな話題になっているんです。特徴は、とにかくきれいな食べ終わり!その方法を、詳し…

くさやは臭い、みなさんも聞いたことがあるはずです。臭い臭いと言われながら食べられ続けているくさや、本当に臭いんでしょうか?実はたいして臭くないのかも……くさやの気になる臭いとそのレベル、なぜ臭いのか?など、く…

レシピ 大根 まとめ

ぶりを買ってきたらどんな献立にしますか?定番のぶり大根や照り焼きで満足していませんか。ぶりは揚げたり、焼いたりさまざまなレシピに使えます。今回は、ぶりを使った人気のレシピをご紹介!おいしいぶりの選び方もチェッ…

レシピ

みなさんは「マルチョウ」を食べたことがありますか?焼肉屋さんでも人気のホルモンのマルチョウですが、今回はその部位や、その他ホルモンとの違い、おいしい食べ方までご説明します。ころころ、プリプリとしたマルチョウの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

パンケーキ スイーツ ハイブリッドスイーツ まとめ

クロナッツなどを筆頭に、2種類以上の異なるメニューを掛けあわせたハイブリッドスイーツが話題になっていますよね。大人気のパンケーキにもそのブームは到来しており、続々とハイブリッドパンケーキが登場♪食べられるお店…

まとめ

おしゃれ女子の憧れといえば、タレントのローラさんですよね。実は番組で作って見せた料理が上手すぎると話題を集めているんです。インスタにアップされる写真には、いつもいいねが止まらないんだとか!そんなローラさんのお…

お土産 茨城 納豆 水戸 まとめ

この記事では茨城におでかけしたときに食べてみたいお土産を7つご紹介します。納豆以外にも、茨城の名産はたくさん。せっかく茨城に行くからには、その土地ならではのお土産を食べてみたいものですよね!ぜひ茨城に行かれる…

チーズケーキ スイーツ まとめ カフェ

お取り寄せスイーツの定番として根強い人気を誇るチーズケーキ。おすすめの商品が多すぎて、一体どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回は北海道のルタオから沖縄の金賞受賞店舗まで、お取り寄せできる“間違…

アイスクリーム まとめ

セブンイレブンが2015年5月5日に発売した「濃厚カルピスアイスバー」。セブンイレブンのオリジナルブランドであるセブンプレミアムの商品で、プレミアムな雰囲気が漂っています。この濃厚カルピスアイスバーがかなりお…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

埼玉 フレンチトースト カフェ

さいたま市大和田駅から歩くこと5~6分でガラリと雰囲気が変わり、まるでフランスの住宅街に来たかの様な気分にさせてくれるのが「ミノイカフェ」です。とにかくおしゃれ!そんなおしゃれ空間でいただく料理も絶品です。

レシピ

忙しいときにもすぐできる!わずか15分でOKな白身魚の料理はいかが?しょう油やしょうがで味をつけ、電子レンジでスチームするヘルシーな一品に。一緒に食べたいアジアンヌードルスープのレシピ・レシピで使われるベビー…

vorgue

美味しいものを食べるのが大好き!だけど最近ちょっと体重も気になるお...

ページTOPに戻る