ローディング中

Loading...

寒い時期になるとスーパーに並び出す、ししゃも。特に子持ちししゃもなんかは、そのまま焼いてまるごと食べるのが好き、という方も多いですよね。でも、じつはそのししゃもは偽物かもしれません!あなたの食べたそのししゃも、本当に本物ですか?

そのししゃも、偽物かも

毎年無性にししゃもが食べたくなる時期があります。焼き立ての子持ちししゃもはふっくらしていておいしいですよね。スーパーでも1パック安い時は200円ほどの安価で売っているので、食べたくなったら気軽に食べられるから買おうと思うでしょう。

しかし実は、その安いししゃもは偽物かもしれません。本物のししゃもはもっと味がよく高価なのです。

ししゃもとは

本当のシシャモは回遊魚で、キュウリウオ目キュウリウオ科の仲間でシシャモ属になります。成魚になったときの体長はだいたい10~13cm程度ですが、大きいものになると16cmを超えます。スーパーでよく見かけるので世界中どこでもとれると思いがちですが、本当のシシャモは世界でも北海道の太平洋沿岸の一部でしかとれず、漁獲時期も10~11月と短いのです。

北海道有払郡むかわ町を代表する魚で、ここでは毎年ししゃもに関する催し物が開かれているので、お近くに住んでいる方は一度本物のししゃもを味わってみて下さい。

ししゃもの年間漁獲量

お店でよく見かけるシシャモは全国で見かけるだけあってその漁獲量は多く年間200万トンを超えます。

一方本物のシシャモは日本でも一部しかとれず、また漁獲時期も限られているため漁獲量は1,000~1,500トンの間を毎年推移しています。一時期は絶滅の危険も危ぶまれていたほどに少ないのです。

その特異性から、北海道のレッドデータブックでは保護を擁する野生生物に認定されています。

名前の由来

シシャモは漢字で「柳葉魚」と書きます。語源はアイヌ語から来ているようです。

アイヌのシシャモに関する伝説は色々あります。有名なものでは、「人間の食べるものがなく飢えに苦しんでいたところ、アイヌの神様が柳の葉を魚に変えて分け与えた」という説や、「アイヌの娘が病気で弱っている父親のために川で祈ったら、空から柳の葉が川に落ちてきて魚に変わった」という説もあります。

本当かどうか今では確かめるすべがありませんが、アイヌにおけるししゃもとは、神様が分けてくれた神聖な食べ物だったのです。

手近なししゃもをよく見てみよう

本場の人がみると全国のスーパーで売っている偽ししゃもとの違いが一目瞭然だそうです。特に子持ちししゃものサイズになると大きさに差があります。

偽物のししゃもは産卵をするための餌を探す時期に獲るため脂肪分が多く、本物はその時期には収穫しないため偽物と比べ脂肪が少なく痩せているのが特徴的です。

あの“ししゃも”の正体は

全国のスーパーで見かけるししゃもは別名カラフトシシャモ(英名:カペリン)と言います。同じキュウリウオ目キュウリウオ科の魚ですが、シシャモ属ではなくカラフトシシャモ属です。収穫地域は北太平洋と北大西洋なのでとても広く、漁獲量も本物とは段違いに多いです。不思議なことに本物のシシャモがとれる北海道沿岸ではあまり見かけません。

通常体長のサイズは本物と比べてあまり変化は見られません。口や目が本物と比べて小さく後ろにある脂びれは大きくなっています。また産卵期になると本物は全身が黒ずむのに対し、カラフトシシャモはそのような変化は見られず、全体的に青みを帯びたままです。

本物と偽物の違い

味・価格差がすごい

やはり本物と偽物を比べると、育ってきた環境の原因もあって味は本物のほうが数段上で、食感はふっくらしており、風味にも違いがあります。

本物シシャモはオスを好きな人が多いです。というのも、産卵期のメスは栄養を卵に持っていかれてしまうためです。オスは卵がないので、身が引き締まっていて味に旨味があるのです。メスも卵に栄養がある分卵の味は甘くておいしいので、好きなひとにとっては好みかもしれません。純粋に魚の味が好きな方はオスを好む傾向にあります。

値段もかなり違っていて、カラフトシシャモは1パック数百円で売っているのに対し、本物はオス10匹セットで1,000~2000円、メスになると10匹3,000~4,000円もします。それだけ貴重な魚ということでしょう。

本物のししゃもを食べるには

本物のししゃもは漁獲時期がとても短く、10月~11月の2ヶ月間のみです。加えて時期によっても味が変わるので、飽きることがありません。漁獲の前半はまだメスの卵も未成熟なので脂もあり身も引き締まっています。中盤になると脂が抜けて徐々に産卵体勢に入っていくため、卵も多く身も甘くなっています。後半だと身の脂はぬけて栄養は卵に詰まっているので甘くておいしい卵が食べられます。

本物のししゃもを食べたい方は、漁獲時期に北海道のむかわ町へ行ってみて下さい。珍しいししゃもの握り寿司も食べることができます。また通販でも購入できるため、遠くて行けない方はこちらも検討してみましょう。

ししゃもを使ったお料理レシピ

ししゃもを焼く

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

つぶ貝によく似た「バイ貝」とは?下処理方法や人気レシピをチェック!

バイ貝とは、つぶ貝に似た姿をした貝類の一種。毒素があるので注意が必要ですが、しっかりと下処理をすればおいしくいただけます。具体的な下処理の方法やおすすめレシピを参考にして、上手な食べ方をチェックしましょう。未…

札幌でランチにおすすめの人気店20選!夢のようなお寿司食べ放題も♩

ランチ 北海道 まとめ 海鮮丼

豊かな食材を有する北の大地・北海道。その中心・札幌には、おすすめランチのお店がたくさんあります。ここでは札幌でランチが人気のお店を20店舗ご紹介。バイキングのお店や安くておいしいお店、個室があるお店や海鮮がお…

毎日でも食べたい!たこ飯から酢だこまでタコ一匹たいらげレシピ20選

レシピ おつまみ まとめ

欧米では悪魔の生き物などと呼ばれているタコですが、日本では古くから親しまれてきた栄養豊かな食材です。大好物だという方も少なくないと思いますが、食卓では副菜になってしまいがち。そこで今回は、たこが主役になるおす…

味付け簡単アレンジ自在!和から洋まで「塩さば」レシピ20選

レシピ まとめ

焼くだけでおかずになるとても便利な塩さば。下味も不要で臭みが少なくとても便利な食材です。でも焼いただけだと、代わり映えのない食卓になりがち。今回は、フライパンで簡単にできる料理からサラダまで、覚えておけば重宝…

おいしいものが大集合!京王百貨店で「秋の大北海道展」開催

北海道 新宿

この秋、新宿・京王百貨店で、充実したグルメが魅力の北の大地・北海道の味覚が一堂に会する「秋の大北海道展」が開催されます。第25回目となる今回は、いつにも増して内容充実!北の大地で生まれた美味を贅沢に、そしてお…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

【女子必見】アンケート結果からわかったモテる差し入れ5選!!

お土産 まとめ

「よかったら、どうぞ」と渡すものといえば、差し入れ。職場、取引先、バイト先…。シーンに合わせて喜ばれれば、そのイメージがそのままあなたのイメージになりますよ。 そこで今回は、「女子からの差し入れで、何を貰うと…

【これが出来たら一流?】接待などで使える日本酒ビジネスマナー5選!

日本酒 接待 和食 まとめ

社会人になると、お客さんと接待なんて事も20代半ばあたりから増えてきますよね。特に営業の方はあると思います。接待というと和食なイメージもあるので、そこで好まれるのお酒と言えば、やはり日本酒。そんな日本酒に関す…

布巾だけじゃない!キッチンタオルの上手な使い方7選

まとめ

キッチンタオル、安くて可愛いデザインのものが増えましたよね。そのキッチンタオルに一手間加えるだけで新しいインテリアグッズ、キッチングッズを作ることができちゃいます♪ぜひこの記事でアイデアを見つけて試してみてく…

夏バテで食欲がないときに☆胃に優しい食べ物のまとめ

まとめ

夏になると食欲が落ちてしまうことありますよね?そんなときに胃に優しい、食べるといい食べ物についてご紹介します。今年の夏もおそらく暑くなりそう^^;なので、胃腸を大事に乗り切っていきましょう。もちろんよく噛むこ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

記事広告

きじまりゅうたさん厳選高級肉ゲット♩「#フォトジェ肉生茶」投稿キャンペーン開始!

生茶にぴったりなお肉料理の写真をInstagramにアップするだけで、料理研究家・きじまりゅうたさんセレクトの高級お肉セットが当たる「#フォトジェ肉生茶」キャンペーンを開催します!とっておきの1枚で参加してみ…

記事広告

今年は「もずく鍋」がトレンド⁉︎「魚屋の鍋つゆ」なら魚のエキスパート絶賛の味に♩

魚介をおいしく食べるための「魚屋の鍋つゆ」シリーズが、鮮魚売り場でよく見る万城食品から発売されました!お魚やホタテ、エビなど、魚介のうまみを手軽に引き出せる鍋つゆなんですよ。4種類の鍋つゆを実際に試してみまし…

記事広告

乳幼児期の味覚レッスン!グリコ「幼児のみもの」で親子の楽しい食育タイム♩

グリコ「幼児のみもの」が2017年10月2日(月)にリニューアル!シリーズ5商品全てが無香料になりました。新しい味わいを、人気フードアナリスト・とけいじ千絵さんに味見していただきました。食育のコツと合わせてご…

ページTOPに戻る