本ししゃもは味わいと価格の差で歴然!

本ししゃもとカラフトシシャモの違いを語るうえで、最たるものが味です。カラフトシシャモもおいしいですが、本ししゃものほうが数倍旨い、というより風味と味わいそのものが異なります。香りがよく濃厚な旨味は、一度食べたらやみつきですよ。

当然ながら価格もまったく違います。カラフトシシャモの生干しは、スーパーでワンパック300円ほどで販売されていますが、本ししゃもはその4~5倍にも!それほどおいしさに差があるということなんです。

本物のししゃもを食べるなら「むかわ町」

本ししゃもには生干しの冷凍ものがあり、通販でも購入できますが、やはり本場で獲れたてを食べたいものです。10~11月の漁期になったら、ぜひ北海道勇払郡にある「むかわ町」を訪れてみてください。本ししゃもの名産地として有名な町で、あらゆる料理をいただけます。

現地でしか味わえない生のししゃも寿司をはじめ、フライや丼物、汁物にお漬物、セット定食などが盛りだくさん。店頭で販売している一夜干しを、店内のホットプレートで焼きながら、熱々を堪能することもできます。

カラフトシシャモで作る料理レシピ3選

1. ピリッとした辛さ!ししゃものグリル焼き甘酢漬け

スーパーで販売されているししゃもは、ほとんどが生干しで、調理法といえば焼くか揚げるだけ。そんな食べ方に飽きたら、ひと手間かけて甘酢漬けにしてみましょう。ラー油を入れるため、ピリ辛味のいいお酒のおつまみになります。甘酢だけでなく、市販のポン酢に漬けてもおいしいですよ。

2. 丸ごと一匹入り。ししゃもと大葉の揚げ春巻き

Photo by macaroni

ししゃもは油との相性がよく、フライにしてもおいしい魚。油で揚げるならちょっと手を加えて、揚げ春巻きにしてもいいですね。ししゃもを丸ごと一匹入れるので、食べごたえがあるうえ、爽やかな大葉の風味が食欲をそそります。ししゃもに塩味がつけるため、味付けは必要ありません。

3. レモン香る。ししゃもと長ねぎのスパゲッティ

お酒やビールのおつまみというイメージが強いししゃもですが、パスタの具材として使用してもおいしくいただけます。オイルサーディンのスパゲッティのように、ししゃもを加えて作るレシピ。生干しのほどよい塩味や旨味、長ねぎの甘さとレモンの酸味が、渾然一体となった味わいがたまりません。

一年に1ヶ月だけ堪能できる本ししゃも♪

いまではししゃもといえば、圧倒的な漁獲高と流通量の差から、カラフトシシャモを指すのが一般的です。本物は「本ししゃも」と呼んで区別・差別化しています。そんな本ししゃもは、ここ数年の不漁でますますレアな存在に。

観光やビジネスなどで、晩秋に北海道を訪れる機会があれば、ぜひむかわ町へ立ち寄って、本物のししゃもを味わってみてください。
【参考文献】
(2021/03/03参照)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ