ローディング中

Loading...

秋から冬にかけての大根は、みずみずしく甘みが増して美味しくなります。そこで大根を使った、おつまみにもおかずにもなる「豚バラ大根」のおしゃレシピをご紹介。シンプルな味付けながら、お箸が止まらない一品です。

寒い時期の大根は、みずみずしくて甘い

みなさん、大根は好きですか?
秋から冬にかけて、今の時期の大根は、みずみずしく甘みの強いことが特徴。辛みやクセのない大根を食べたいときは、今が絶好のタイミングなんです。

部分によって用途を変える

聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、大根は部位によって味わいや風味が変わってきます。なので、何を作るかによって使い分けることができれば、大根を効率良く活用できるんですよ。

根っこに近い先端部分は辛みが強いため、おろして薬味などに使いましょう。ピリッとした風味で、料理全体を引き締めてくれます。真ん中部分は、旨みの詰まっている部分なので、煮物などにするといいです。もっとも葉に近い部分は、甘みが強いためサラダなど生で活用しましょう。

ちなみに葉っぱは、お味噌汁の具材やチャーハン、炒め煮などに適していますよ。

皮をむくときは厚めに

皮付近は縦に繊維が通っていて、加熱してもその部分だけが筋っぽくなってしまうので、皮は厚くむきましょう。むいた厚めの皮は、繊維に沿って細切りにし、きんぴらやお味噌汁の具にするのがおすすめですよ。

「大根の下茹でストック」で時短料理

大根を下茹ですると、アクや苦みがとれて、うまみが増します。また、味が染み込みやすくなるので、このひと手間をかけるだけで仕上がりが違うのです。

レシピではお米のとぎ汁でご紹介していますが、ティーバッグに生米をスプーン1杯入れて煮ても、同様の効果があります。

まとめて多めに下茹でしておき、冷蔵庫にストックしておくととても便利です。冷ましてよく水気を切り、保存容器に入れれば、4~5日冷蔵庫で保存可能ですよ。

大根の厚みは、3~4cmだとふろふき大根やおでんに最適。今回のレシピのように、他の材料とサッと煮たり炒めたりする場合は、半分の1.5~2cm厚の方が、中まで火が通りやすく味も染み込みやすいので、扱いやすいと思います。

「豚バラ大根」のレシピ

白いお皿に盛られた豚バラ大根

Photo by kanako tamura

豚肉に含まれるビタミンB1には疲労回復作用があり、大根に含まれるビタミンCには抗酸化作用があります。このふたつの食材は免疫力アップに効果的な組み合わせなのです。寒暖差のある今の時期、免疫力をアップさせて、体調を崩さないようにしてくださいね。

材料(2人分)

・豚バラ肉(薄切り)…… 100g
・大根 …… 250g
・米のとぎ汁 …… 適量
・ごま油 …… 大さじ1/2
・酒 …… 大さじ1
・しょうゆ …… 大さじ1
・みりん …… 大さじ1/2、大さじ1/2
・一味唐辛子 …… 適宜

作り方

1.豚バラ肉はひと口大に切り、大根は皮をむき1.5cm厚くらいのいちょう切りにし、面取りをする。
面取りをし、いちょう切りにした大根

Photo by kanako tamura

*面取りとは
野菜の切り口の角をごく浅くそいで、丸くすることです。お料理の見栄えがよくなり、 煮くずれを防止する効果が期待できます。大根、かぼちゃ、にんじん、里芋などを長く煮るときに行うことが多いです。
大根の面取りをしている様子

Photo by kanako tamura

2.小鍋に大根と米のとぎ汁をひたひたに入れて、弱めの中火で加熱する。
鍋で大根を茹でている様子

Photo by kanako tamura

3.煮立ったらアクを取り除き、竹串がスッと通るくらいまで下茹でをして、水でさっと洗いザルにあげておく。
大根を茹でている様子

Photo by kanako tamura

ザルに入れた大根を洗っている様子

Photo by kanako tamura

4.フライパンにごま油を入れて熱し、豚バラ肉を炒め、色が変わったら大根を加えて炒める。
フライパンで豚肉を焼いている様子

Photo by kanako tamura

大根も入れた

Photo by kanako tamura

5.酒、しょうゆ、みりん(大さじ1/2)を加えて、全体が馴染むまで炒める。
調味料を入れて痛めている様子

Photo by kanako tamura

6.仕上げにみりん(大さじ1/2)を回しかけざっと混ぜ合わせ、器に盛って、お好みで一味唐辛子をふる。
みりんで仕上げをした様子

Photo by kanako tamura

万能ねぎをプラスしても美味しいですよ。
白い器に盛られた豚バラ大根

Photo by kanako tamura

下茹でストックで豚バラ大根を

豚バラ大根のおしゃレシピ、いかがでしたでしょうか?
味付けはとってもシンプルですが、ついご飯やお酒が進んでしまうような仕上がりになっています。あともう一品ほしいとき、お酒のおともにパパッと何かを用意したいとき、上で紹介した「大根の下茹でストック」をあらかじめ作っておけば、手間をかけずに調理することができます。

裏技や豆知識を上手に活用して、ぜひ絶品おかず、おつまみを作ってみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

みなさんは三杯酢の使い方をご存知ですか?きゅうりやもずくと和えるのが一般的ですが、他にもたくさんのアレンジ方法があるのです。三杯酢を料理に取り入れると、レパートリーがぐんと増える!今回は、三杯酢の作り方と人気…

美肌効果のある鮭で、軽やかなクリーム煮のおしゃレシピをご紹介。シチューのようにじっくり煮込まず、フライパンで軽く煮るだけ。メインにもおつまみにもなるので、これからのパーティーシーズンにおすすめのひと品ですよ。

マフィン スイーツ かぼちゃ

オーブンがないとスイーツは作れないと思っている、そこのあなたに朗報!実は、トースターを使うことによって、絶品スイーツが作れるのです。今回は、かぼちゃをたっぷりと使った甘さ控えめ「パンプキンマフィン」のレシピを…

カステラ ティラミス レシピ スイーツ

とろけるような食感のティラミスは、カステラを使ってあっという間に作れます。お気に入りの器にカステラとクリームを交互に重ねるだけで、おしゃれに完成。オーブン不要の「カステラティラミス」の作り方をご紹介!パーティ…

レシピ

お湯を注いで3分で完成する、おなじみカップヌードル。でも電気もガスも使えない、そんな非常事態も時にありますね。嗚呼、水でカップヌードルが作れたら……実は常温の水で作れます!おなじみ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

人気の料理ブロガーMizukiさんによる、「ひき肉」を使った簡単レシピを20選してご紹介します。ひき肉といえばハンバーグしか思いつかない……なんて方もいるかと思いますが、ぜひこの機…

レシピ まとめ 大根

大根を冷凍すると火が通りやすくなって、味が染み込みやすいってご存知でしたか?切って冷凍するだけなんてと〜っても簡単ですよね!今回はそんな冷凍大根を使ったレシピをご紹介します♫時短にもなるので、是非試してみてく…

豆腐料理 アレンジレシピ まとめ

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

まとめ レシピ

雑誌でもおなじみの人気ブロガー・あ~るママさん。彼女が家族のために作ったお弁当は「可愛い」「美しい」と大人気♪あ~るママさんの作られたお弁当からおすすめのレシピをご紹介します。愛する家族のためにあなたもお弁当…

レシピ まとめ アレンジレシピ

ちりめんじゃことは一般的にイワシ類の稚魚を食塩水で煮て天日干しをしたもの。魚そのものは「シラス」と呼ばれることが多いようですよ。ごはんにそのままかけてももちろんおいしいのですが、今回はちりめんじゃこを使ったレ…

まとめ レシピ おにぎらず エスニック

さいきんお昼はいつもおにぎらずを持参。でも、具材がワンパターン化してるんだよねー・・。そんなあなたにとっておきのアレンジレシピを紹介します。ちょっと変わったエスニックアレンジでおにぎらずをもっともっと満喫しま…

メキシコ料理 トルタ サンドイッチ まとめ

あまり知られていないけれど、タコスと並ぶメキシコのローカルフード【トルタ】!ソフトフランスパンのような少しかためのパンに、はみ出るほどの具材を挟んだヘルシーなファーストフード♪野菜がたっぷりで女性にオススメで…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

コーヒー

ほっと一息つきたいときに飲みたくなるスターバックスのコーヒー。そんな癒しに満ちたあの味、家庭でも味わえるってご存知ですか?今回は、多彩にそろったスターバックスの家庭用コーヒーをみんながどんな風に楽しんでいるの…

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

レシピ ハンバーガー ランチ パン

インスタグラムで話題の「#ママック」をご存じですか?お母さんがマクドナルドに似せて作ったハンバーガーやナゲットなどのセットのことなんですよ。あなたも簡単な小道具を作って「ママック」を開店してみませんか?レシピ…

レシピ

おかずにもおつまみにもおすすめの「塩ぶた」が、炊飯器で簡単にできちゃいます!一緒に入れた玉ねぎはとろとろ、かぼちゃやじゃがいもはホクホク旨っ!炊飯器に食材をどんどん入れてスイッチを入れれば、鶏ガラスープがしみ…

田村佳奈子

フードスタイリスト・フードコーディネーター・フードアナリスト。 C...