ローディング中

Loading...

レタスを買ってからしばらくすると、レタスの切り口が赤くなることに気付いたことがある方はいらっしゃるのではないでしょうか。赤く変色しているからと、破棄したらもったいないです!今回は、その赤みの秘密をお教えします!

レタスの赤みは何?

買ってきたレタス、ちぎってボウルに入れたものの、食べきれなかったからラップして冷蔵庫へ……なんてことよくありますよね?冷蔵庫に入れてしばらくすると、レタスの切り口が赤く変色しているのを見たことはありませんか?この赤み、何なのかな……。もうここは食べられないのかな……と、ぽいっと破棄したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。もしそうだとしたら、とてももったいないことをしています!レタスは赤くなっても食べられるのです。謎が多いレタスの赤み。この原因は何なのか。対処法はあるのか。今回は、そんなレタスの赤みについての情報を皆様にご紹介します。

赤くなるのはなぜ?

レタスの切り口が赤くなっているのは、劣化ではありません!レタスの赤みの正体は、ポリフェノール。リンゴやナスを切ってしばらく置いておくと、色が茶色くなってきますよね。この反応を褐変と言います。このような褐変反応がレタスにも起こっていて、レタスに含まれるポリフェノール色素が空気に触れることで空気中の酸素によって酸化され、褐色色素を持つ物質に変化しているのです。空気に触れたところから酸化していくので、ちぎった断面やレタスの外側から赤い部分が出てくるというわけなのです。
この褐変反応は、切り口からの外敵の侵入を防ごうとする植物の自然発生的な反応ですので、細胞が生きている証拠=新鮮なのです。ヒトがけがをしたときに、かさぶたを作ってそれ以上の流血を防ぐ働きと同じような反応といえます。

食べてもいいの?

切り口が褐変してしまったレタス……つい捨ててしまいがちですよね。ですがこの状態のレタス、まだまだ食べることができます!見た目が気になる方は、切り口の部分だけ再度ちぎって食べるもよし、ソースなどで味付けをして色をごまかして食べるのもよしです。体に害になるような物質ではありませんので、安心して食べましょう。
しかし、赤みを放置しすぎて、黒くなってしまった場合は、カビが生えている可能性があるので、それは食べないほうがいいかもしれません。そんな時は思い切って破棄してしまいましょう。

赤みを抑えるには?

繊維に沿って切る

線維に沿って切ることによって、細胞を壊しにくく、赤みも出にくくなります。線維に逆らって切ると細胞が壊れてしまい、赤みが出やすくなってしまいます。切り方によっても赤みの出方が異なるのはとても面白い発見ではないでしょうか。レタスを新鮮に長持ちさせたい場合は、レタスの線維に沿って切りましょう。ちょっとの工夫できれいな緑を保つことができますよ。

空気に触れさせない

切り口が酸化することによって赤みが出てきてしまうのであれば、酸素に触れさせなければいい話です。そう考えた方は、ラップと食塩水or酢水を準備しましょう。水洗いする際に、ボウルに少量の食塩を入れた水もしくは少量のお酢を入れた水を用意し、その水で洗いましょう。その水につけてラップをしておくだけでも酸素に触れることが少なくなり、褐変を防ぐことができます。これは、スーパーやコンビニのカット野菜の原理。
カット野菜は、酸が含まれた水で洗うことによって変色を防止しているのです。また、もうひと手間かけられる方は、食塩水または酢水で洗い、水気をきって、濡れた新聞紙等に包んで冷蔵保存するとより長持ちしますよ!

レタスナイフを使う

酸化する原因は、レタスの切り口が鉄などの金属に触れるため、ともいわれています。そんなこともあろうかと、「レタスナイフ」というものが存在しています。これは、レタスをカットするように作られたナイフで、アクリルなど、金属ではないものから作られたナイフです。これを使ってカットすることもよいかもしれません。
http://macaro-ni.jp/36731

出典:www.amazon.co.jp

SALUS レタスナイフ

¥254

Amazonで購入

なるべく早く食べる

そもそも、レタスは生鮮食品。買ったらなるべく早めに食べてしまうことが一番赤みと出くわさない方法といえます。レタスは、ちぎってしまったものは1~2日、半分に切ってあるものは1週間程度、丸いままひとつは、保存状態にもよりますが、1~2週間程度もつといわれています。サラダに使うからといってちぎってしまった場合は、次の日には全て食べてしまうのが得策でしょう。できるだけ長持ちさせるためには、上記に記載したような処理をおこない、できるだけ長持ちするように保管しましょう!

レタスの赤みとおさらば!!

いかがでしたか?レタスの赤みは食べられると聞いて安心した方もいるのではないでしょうか。レタスの赤みを出さないために、少し手間はかかりますが、赤みを抑える工夫をすることによって、食品を長持ちさせることができます。また、レタスだけではなく、キャベツやホウレンソウなどの葉物野菜でも同様の処理をすることによって、お野菜自体を長持ちさせることができます。さまざまな工夫を取り入れて、「もったいない精神」を育み、レタスを浪費しないようにしましょう。これで皆さんもまたひとつ節約上手さんです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

サラダに欠かせない野菜のひとつといえばレタスですが、たまには「フリルレタス」を使ってみてはいかがでしょうか?名前の通り、葉先が細かいフリルのようになっているのが特徴のフリルレタス。その魅力とおいしく食べるポイ…

豚肉 マヨネーズ レシピ

今回ご紹介するのは、レンジだけで作れる簡単「豚バラもやしのレタス巻き」のレシピです。シャキシャキ食感のレタスと、豚バラ肉の香ばしさが相性抜群!ヘルシーなのに食べ応えもあるこのレシピは、ダイエット中の方にもおす…

みなさんはお肉やお魚を冷凍保存するときどのように保存していますか?一般的に冷凍保存する場合、小分けしてラップに包んで冷凍する人が多いのではないでしょうか。今回は、ラップよりも優れた保存効果を持つアルミホイルで…

毎日の食卓に欠かせないレタスの保存方法はご存じですか?すぐに変色したり、しんなりしたり日持ちしないレタスをもっと賢く使いたい!そこで、今回はレタスを長持ちさせる保存方法や保存期間についてご紹介します。

サラダ

買ってから時間がたつとしなびてしまうレタス。サンドイッチにしてもサラダにしても、なんだかおいしくないと思ったことはありませんか?なんと、しなびたレタスを50度くらいのお湯につけるとシャキシャキに戻るようです!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

パン まとめ

コストコの定番商品「ディナーロール」。値段の安さに比べてたくさん入っており、余ったら冷凍してしまえばいつでも解凍して食べられると大人気なんです!今回はそんなディナーロールをおいしく食べられるアレンジレシピをた…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

レシピ サンドイッチ ハム

全国各地のご当地食材を食べるのは、その土地の魅力にふれるようで、とってもうれしいことですね♩今回は、そんな食材たちとSNSで人気の「ハムぱくサンド」を組み合わせた「ご当地ハムぱくサンド」のアレンジレシピを、厳…

まとめ

シリカ(ケイ素)水が、今アンチエイジングに効果があるとして注目されつつあるんだそうです。ドイツでは人気ナンバーワンなんだそうですが、いったいどんな効果があるんでしょう?また量はどのくらい飲めばいいものなんでし…

ハワイアン パンケーキ まとめ ハワイ

ハワイのカイルアにあるブーツ&キモズホームスタイルキッチン(Boots & kimo's homestyle kitchen)はなんと言ってもパンケーキがおすすめのお店。ブレックファストが大人気みた…

DIET_SPO_k

運動好きのアクティブ管理栄養士。 食べること、動くこと、楽しいこと...

ページTOPに戻る