ローディング中

Loading...

「ダクト飯」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?実はこれ、とあるテレビ番組で登場した究極かつ禁断の節約ご飯なんです。これで節約できるかどうかは、まさにあなた次第。さっそくその方法を確かめてみてはいかがでしょうか?

名言「うな重の匂いだけでご飯3杯いける」

休日のおしゃれな食卓には決して並べてはいけない究極のレシピ。それが「ダクト飯」です。これはお笑い芸人のオードリー・春日俊彰さんがテレビで披露したことで知られるようになった奇想天外な節約術で、そのテレビの放送から有名になった禁断の手です。

「うな重の匂いだけでご飯3杯いける」という名(迷?)言も生んだ、謎めくダクト飯の秘密をご紹介します。

ダクト飯とは?

究極の節約レシピ

ダクト飯、それは究極の節約レシピです。必要なものはただひとつ、白米があればそれで準備OK。カレーでも焼肉でも、飲食代0円で楽しむことができます。

白米を用意したらあとはダクト(通風管)のある場所まで外出しましょう。おいしそうなにおいがするところまで近づけば、ダクト飯の完成です。要するに飲食店のダクトから出てくる「食べ物の匂い」をおかずに、持参した白米を味わおうという奇想天外なレシピがダクト飯の真相なのです。

オードリー春日によって広まる

このおしゃれ度0な裏技は、お笑い芸人のオードリー春日さんが実践しているところがテレビで放送され、たちまち知名度を得ました。

もともと貧乏生活を前向きに楽しむ、大の倹約家キャラクターとして知られるオードリー春日さん。彼は『いきなり黄金伝説』の人気コーナー『一ヶ月一万円生活』で「自分なら5000円で生活できる」と豪語し、1ヶ月間ほとんどお金を使わない生活にチャレンジしました。その中で、普段から実践しているテクニックとしてダクト飯を披露。自室から白米とおはしを持ちだし、近所の飲食店のダクトに顔を近付けたまま、おいしそうに白米を食べはじめます。番組スタッフはもちろん、視聴者にも衝撃をあたえた名場面になりました。

そんなオードリー春日さんの禁じ手スレスレな節約アイデアは他にもあります。スーパーのチラシに書かれた惣菜を見て、味を想像しながら白米を食べる「チラシ飯」や、地域のお祭りに行き、屋台から漂うおいしそうな匂いをおかずに白米を食べる「祭り飯」など、イマジネーションにものを言わせた放送ギリギリのテクニックを連発してみせました。

テレビ番組で物議を醸した

ところが、そうした奇抜なアイデアに対し批判的な意見も目立つようになりました。番組の本来の趣旨としては、ごく限られた予算のなかでいかに豊かに生活するか、そのアイデアを披露しあうという側面があります。

節約と味を両立させた新レシピを楽しみにしている視聴者も多く、オードリー春日さんの節約術はそのニーズから逸れてしまっていました。「これが認められるなら、なんでもありなのでは?」と物議を醸し、番組スタッフからもダクト飯は禁止ルール扱いとされました。

おすすめのダクト飯

そんな賛否両論ある禁断の節約レシピであるダクト飯を自分でもやってみたいと思ったチャレンジ精神旺盛な方にむけて、おすすめのダクト飯をご紹介します。

ご飯との相性を中心に、ダクト飯にむいたレシピから、ダクト飯上級者用のレシピまで5選ありますよ。

カレー

材料は、お茶碗によそったご飯とカレーのにおいです。あとはイマジネーションでいただいてください。スパイシーなカレーのにおいはごはんと相性抜群です。においの広がり方も強いので、ダクトにそこまで近付かずともダクト飯を味わうことが可能なのも魅力的。辛味が強いカレーならごはんもどんどん進みます。

お茶碗とおはしを用意するのがダクト飯の作法ですが、カレー皿とスプーンを持参してカレーライスとしてのリアリティを高めるのも有効です。

うなぎ

材料は、お茶碗によそったご飯とうなぎのにおいです。あとはイマジネーションでいただきます。

実は落語の演目にも「うなぎ屋のにおいでご飯を食べる」話はあり、むかしから憧れのにおいの代名詞ともいえるのがうなぎでした。そんな高級食材のうなぎも、ダクト飯ならほとんど無料同然で味わえます。

香ばしいにおいと、甘さと旨みが混然一体となったタレの味わいが食欲をそそります。

ハンバーグ

材料は、お茶碗によそったご飯とハンバーグのにおいです。あとはイマジネーションでいただきます。

ハンバーグはお肉料理の花形です。ご家庭の食卓にも上るポピュラーなレシピでありながら、誰もがおいしいと感じる定番のあたたかみがいいですね。洋食屋さん自慢のにおいをおかずに、口いっぱいにたっぷりとお肉をほおばるイメージでダクト飯を味わうと、満足感がより高まるでしょう。

ステーキ

材料は、お茶碗によそったご飯とステーキのにおいです。こちらもイマジネーションでいただきましょう。

お給料日前のお財布がさみしい時期も、ダクト飯ならステーキだって楽しめます。店舗によってソースは千差万別ですので、お気に入りのにおいをおかずに味わいましょう。部位やお肉の品質のほか、焼き加減にもイマジネーションを働かせると高級感がアップします。

ポップコーン(上級者向け!)

材料は、お茶碗によそったご飯とポップコーンのにおいです。あとはイマジネーションでいただきます。

子供から大人まで幅広いファンをもつ人気のお菓子で、塩味のつよい醤油バター風味は特にダクト飯と好相性です。白米にコーンの組み合わせなので、穀物をおかずに穀物を食べることになるため、やや上級者向けのレシピになります。

また口いっぱいにポップコーンをほおばるイメージだと咀嚼が難しくなりがちなので、そういった点にも注意が必要です。ダクトからポップコーンのにおいが流れてくる場所を見つけるのも難しいため、そうしたお店を見つけたらチェックしておきましょう。

禁断の節約術ダクト飯、ご利用は自己責任で

いかがでしたでしょうか。オードリー春日さん考案の究極節約術、「ダクト飯」。おなかはいっぱいになるかもしれませんが、想像力が欠けるととたんに満足度の低いメニューになるおそれがあるので気をつけたいですね。

またダクト飯は実際に行うと飲食店からクレームがくる可能性はありますので、笑い話のネタ程度にお考えいただくのが安全です。においを借りたお店へは後日来店し、お金をはらって本物を味わうことも忘れないようにするのが賢明だと言えるでしょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「あの人、また油売ってる」などという言い回しは昔からよく使われますよね。決していい意味ではなく、むしろ嫌味として使われますが、そもそもどうして「油を売る」ことが仕事をサボるという意味になってしまったのでしょう…

納豆 パスタ まとめ

納豆パスタは一見ミスマッチのようですが、相性がよく、簡単に作れるメニューです。今回は、めんつゆや納豆付属のタレを使った人気の納豆パスタレシピを15個紹介します。時間がないけどおいしいものが作りたい人は必見です…

お弁当

たくさん炊いたご飯は冷凍する家庭も多いでしょう。一度冷凍したご飯をお弁当に使うことはできるのでしょうか?固さや香りが気になるから使わない、という方は必見!上手く保存解凍すると冷凍ご飯をお弁当に使うことができる…

ちくわ

お財布の中がピンチ…!でも飲みたい。そんな時は、家で飲むのが一番。今回ご紹介するのは、節約中に嬉しいお手頃おつまみ。使う食材は節約の優等生もやしとちくわだけ、ワンコインで作れちゃう驚愕のコストパ…

炊き込みご飯 レシピ

お茶にもお酒にも合う柿ピー。目がないという人も多いですよね。今回は、そんな柿ピーを使って作る「柿ピー炊き込みご飯」のレシピをご紹介します。そのまま食べることしかしてこなかったという人は、このレシピで柿ピーが持…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ レシピ アレンジレシピ

レシピブログでも人気の「ヤミー」さんの、お酒と一緒に食べたいレシピをまとめました。おやつになりそうなおつまみから、ビールなどを飲みながら夕食として食べたいメニューまで10選しています♪

レシピ まとめ

アサリは皆さんご存知の食材だと思いますが、実は全国的に食べられるようになったのは1960年代ごろからだそうです。昔から日本人に愛されている食べ物だと思っていましたがちょっと意外ですね。

レシピ まとめ

いつも使っている油を牛脂に変えるだけで、お料理にぐっとコクと深みが出るってご存知でしたか?しかも無料のもので十分おいしいのですから、言うことなしですよね。今回はそんな牛脂を使ったアレンジレシピを7つご紹介。早…

豆腐 レシピ まとめ

おかずやおつまみにもなるコスパ抜群の「もちもち豆腐」はぜひ知っておきたい簡単レシピ♪なんと言っても最大の魅力はコストパフォーマンスの良さ!使う基本的な材料は「絹ごし豆腐」、「片栗粉」と調味料など&hellip…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

おしゃれ 調味料

「ELIZONDO(エリゾンド)」のオリーブオイルは、香水瓶のような容器に入っていて超おしゃれ!きれいなフォルムの瓶には、思わずうっとりしてしまうような美しさがあります。スペインのオリーブ生産メーカーが作った…

和菓子 お土産

宮崎県民にも愛されている「なんじゃこら大福」を知っていますか?大福の中に栗とイチゴとチーズが入っている、ボリュームたっぷりの大福なんです!昭和63年から発売している大福で、『お菓子の日高』の看板商品として、今…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...