1200年以上前から存在!?「おでん」の語源がユニークすぎる

多くの人に愛されている「おでん」。ときどき無性に食べたくなりますよね。そんなおでんには、知られざる長い歴史があったんです。今回は、おでんの語源を紹介するとともに、おでんの命といわれる出汁のおいしいレシピもお教えします。

2016年12月7日 更新

幅広い年代に愛されている「おでん」

「おでん」と聞いたとき、みなさんは何を思い浮かべますか?大根にちくわ、卵、はんぺんや牛筋などいろいろと思い出すのではないでしょうか。おでんの食べ方は、地域によってさまざま。鯨の肉を入れたり、海産物を豊富に入れたり、中には味噌を付けて食べるところもあるんですよ。

今回は、そんなおでんの歴史と語源をご紹介します。おでんのルーツとなった食べ物は意外なものでした......。

おでんの語源

おでんは,、初めからおでんとして生まれたわけではないんです。実は、別の食べ物をルーツとして、その食べ物が変化していった先でおでんが誕生しました。

そもそものはじまりは、拍子木形に切った豆腐に竹串を打って焼いて食べことから。その形が田植え時の豊穣祈願の楽舞「田楽舞」に似ていたため、「豆腐田楽」と呼ばれるようになったそうです。これが、おでんの起源といわれています。

田楽に女性語の「お」をつけて

おでんは、豆腐田楽の「田楽」に「お」を付けた「おでんがく」からおでんと名づけられました。なんと、その歴史は1200年以上も前となるのです。

おでんの変遷。「塩」から「味噌」へ

豆腐田楽からおでんへ変わっていく中で、はじめに変化が起きたのが室町時代でした。調理・調味技術が飛躍的な進歩を遂げたこの時代に、鎌倉時代に道元禅師が中国より持ち帰った精進料理とそれまでの魚介を包丁で切って美しく盛る料理の技術が融合。日本料理の骨格を形成したといいます。

その後、すり鉢の登場によって、そのまま味わっていた味噌が、すり潰されて調味料となり、味噌汁や味噌煮ができるようになりました。当時、豆腐に塩を塗っていたものが、この味噌の食べ方の変化によって、豆腐にも味噌が塗られるようになったんだとか。これが、味噌を塗って焼いた「お田」、「豆腐田楽」の登場となったのです。

田楽は元来、笛や太鼓のリズムに合わせ舞った田植え時の豊穣祈願の楽舞を指します。1本竿の竹馬に、演者の男が乗って踊ることを「田楽舞」といいます。拍子木形に切った豆腐に竹串を打って焼く、その形が田楽舞に似ているところから、豆腐田楽の名がついたとされています。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう