ローディング中

Loading...

たまに聞き慣れないことわざに出会うことってありますよね。みなさんは「魚心あれば水心」ということわざを聞いたことがありますか?今回はこのことわざにまつわるさまざまな情報についてご紹介します。ひとつ物知りになれますよ。

「魚心あれば水心」とは、どんな意味?

「魚心あれば水心」ということわざ、皆さんは聞いたことありますか?聞いたことがあるけれど、意味までは分からないという方のために、ここではことわざの意味を確認しましょう。語彙力増強に役立つかもしれませんよ。
試しに、辞書で「魚心あれば水心」の意味を調べてみると、「相手が好意を持てば、こちらにもそれに応じた付き合いをする。相手の出方次第で、こちらにも対応の仕方がある、ということ」と出てきます。
分かったような、分からないような……なんだかはっきりとしない感覚がありませんか?意味を考えれば考えるほどややこしくなってきそうです。

はたして、「魚心あれば水心」とはよい意味なのでしょうか?悪い意味なのでしょうか?どんな場面で使われるのでしょうか?次の項目で確認していきましょう。

「魚心あれば水心」は良い意味?悪い意味?

「魚心あれば水心」は良い意味と悪い意味、どちらで使われるのでしょうか?

結論から言えば、現在は両方の使い方があるようです。使い方次第で、よい意味でも悪い意味でも使われることわざなのですね。少し、例文を交えてそれぞれの使い方について確認してみましょう。

良い意味で使われる場合

よい意味で使い場合は、「互いに心を通わせる」という意味で使われます。

「魚心あれば水心というわけで、お互いすっかり好きになってしまった」
「魚心あれば水心と申しますし、手をお貸しいたしましょう」


など、好意に対して好意で応じるという肯定的な意味で使われます。

悪い意味で使われる場合

悪い意味で使われる場合は、「持ちつ持たれつ」といった意味で使われる場合が多いようです。

「お代官様、ここは『魚心あれば水心』ということで、お互いしっかり儲けさせていただきましょう」

など、時代劇の密約のシーンなどにぴったりの使い方です。このような台詞のイメージがあり、悪い意味しかないと思っていた方もいるのではないでしょうか。

恋愛の場合でも使われるその心とは?

好意を示せば好意で示してくれる……という意味合いから、恋愛の場合にも使われることがあるこのことわざ。「魚心あれば下心」という言い方をする場合もあって、下心で近づけば下心で返されるという意味にもなってしまったり……。
女性なら誰もが一度は憧れるであろう、「人魚姫」という物語がありますよね。美しい王子様に一目惚れをした人魚姫が、自分の声と引き換えに人間のからだを手に入れるという強い愛が印象的な物語です。

しかし人魚姫の思いに王子様が下心で返してきたら、百年の恋も冷めてしまうかもしれませんね。美しい物語になるはずが、なんだか情けないことになってしまうかも。

男女間の場合でも、下心ではなく真心で接したいものですね。

魚は水心を知ることができるのか?

「魚心あれば水心」の意味については、なんとなく分かりましたね。さて、このことわざに関連して、ひとつの疑問が湧いてきます。魚は水心を知ることができるのでしょうか?

そこで、ここでは海水魚が淡水に入れられたらどうなるのか?淡水魚が海水に入れられるとどうなるのか?を調べてみましょう。意外な事実が発見できるかもしれませんよ。

本来、海水魚は淡水では生きられず、淡水魚は海水では生きられない

塩分が強い海水で生きている海水魚は、そのままでは水分がしみ出して干からびてしまうので、水分を取り入れつつ、取り過ぎた塩分をエラから放出して体内の塩分濃度を調整しています。

一方、淡水魚は余分な塩分で水ぶくれが起こらないように、尿から余分な水分を放出して塩分濃度を調整しています。このように、海水魚・淡水魚ともに、それぞれの環境にあった塩分濃度の調整方法をとっているんですね。

海水魚と淡水魚の心を知る水があった!

ある大学で「好適環境水」というものが作られました。この好適環境水のすごいところは、海水魚と淡水魚が同時に生息できる性質を持っていること。なぜ、そんなことができるのか?とても不思議ですね。

少し専門的な用語が出てきてしまうのですが、好適環境水には、わずかな濃度の「電解質」が含まれています。「電解質」とはイオンとも呼ばれ、身体の浸透圧を調整したり、筋肉や神経の働きに関わるなど、わたしたち人間のからだの中にもある物質です。

適度な濃度の電解質が淡水に含まれることによって、淡水魚・海水魚の両方に適した浸透圧を維持できるため、同じ環境で両者が生育できるようになりました。

海水魚と淡水魚が同居している水族館がある

科学の進歩によって実現した、海水魚と淡水魚が共存している姿が見られる水族館があるのです。

神奈川県小田原市にある「箱根園水族館」では、好適環境水を使った水槽で海水魚と淡水魚が同時に泳いでいる様子を見ることができます。

箱根と言えば観光・レジャースポットとして有名ですので、温泉などに入った帰りなどに、箱根園水族館で珍しい光景を眺めてみるというのもよいかもしれませんね。

施設情報

■施設名:箱根園水族館
■最寄駅:箱根園駅
■住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
■電話番号:0460-83-1151
■営業時間:9:00~17:00(最終入館は閉館40分前まで)
■入場料(税込):大人 1,500円/子供(4才~小学生)750円
■公式HP:http://www.princehotels.co.jp/amuse/hakone-en/suizokukan/

日本語の豊かさを再確認しよう

今回は「魚心あれば水心」ということわざの意味や使い方、それにまつわるさまざまな情報についてご紹介いたしました。なかなかおもしろいことわざの使い方もありましたね。

「魚心あれば水心」以外にもさまざまなことわざがありますが、なかなか使う機会がないという方もいらっしゃるかもしれません。これを機に、普段使っていなかったことわざを思い出してみて、日常会話の中で使ってみるのも案外楽しいでしょう。

日本語の豊かな表現力を使って、より素敵に毎日の生活を送っていきませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

つやつやでプチプチ!まるで赤い宝石と称される「いくら」。お料理にトッピングされていると、ついテンションが上がってしまいますよね。同じ魚卵の「すじこ」と混同されがちですが、このふたつの決定的な違いは人間でいうと…

じゃがいも

じゃがいもの芽に毒が含まれていることは知られていますが、じゃがいもの皮にも少量の毒があることをご存じですか?じゃがいもの皮の毒、じゃがいもの皮の栄養素、皮ごと食べる際の注意点などを詳しくまとめました。

たまごかけご飯をはじめ、出汁巻きやオムライスなど、何かとたまご料理が大好きな日本人。しかし、商品やお店によって「卵」と表記されているものもあれば「玉子」と書かれていたりなど、バラバラですよね。これらはいったい…

北海道

寒い時期になるとスーパーに並び出す、ししゃも。特に子持ちししゃもなんかは、そのまま焼いてまるごと食べるのが好き、という方も多いですよね。でも、じつはそのししゃもは偽物かもしれません!あなたの食べたそのししゃも…

ラムとマトンといえば、どちらも羊のお肉のことを指します。しかし、そのふたつは一体どこが違うのかご存知でしょうか?同じ羊のお肉でも、ラムとマトンでは味や栄養素に違いがあるのです。今回はその違いについてご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですがイマイチわからない人も多いのでは?そんな人のために「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてください!…

まとめ

女性に多い貧血は、食事で予防・改善することが可能です。今回は貧血の原因、症状、おすすめレシピを含めて、数ある貧血のうち、もっとも頻度が高い鉄欠乏性貧血に効果があるといわれている食べ物を詳しくご紹介します。

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

お菓子 チョコレート スイーツ

最近SNSで話題の「半熟ショコラ」をご存知ですか?しっとり染みわたるような口どけが大人気!そんな「半熟ショコラ」に、ホワイトチョコレートをベースにした商品が登場しました。そこで今回、パティシエ経験をもつ筆者が…

マカロン レシピ まとめ

マカロンを積み上げたマカロンタワーが、今ウェディングケーキとして大人気なようですよ。おしゃれでキュートなものからシックなものまでそのデザインはさまざまです。今回はマカロンタワーの作り方から真似したくなるアイデ…

愛知県豊川市に本社を構える「香月堂」。ファミリーマートで洋菓子を販売し、さらに、地元豊川ではアウトレット店を展開!ここでは香月堂について、おすすめ商品から行列必至のアウトレット店まで、すぐにでも買いに行きたく…

tumu

こんにちは。新人ライターのtumuです。 日本の文化を知り、伝えて...