ローディング中

Loading...

白米と違って、紫色をしている「黒米」。みなさんは食べたことがありますか?美肌や健康にもいいと言われる黒米ですが、実際にどんな栄養や効能があるか気になりますよね。黒米について学んで、毎日の食事に摂り入れてみませんか?

黒米とはどんな米なの?

稲の原種で、古代米の一種でもある「黒米」は白米よりも栄養が豊富に含まれています。たんぱく質やナイアシン、ビタミン類はB1、B2、Eがそろっており、鉄分やカルシウムなどミネラル類まで幅広く栄養があります。そのほか、黒米には青紫色の天然色素であるポリフェノールの一種、アントシアニンが含まれています。

スーパーでは手に入りにくい黒米ですが、お米専門店には必ず置いてあります。また、通販での購入もおすすめです。

黒米の栄養や効能は?

視機能の改善

黒米には強い抗酸化力のある「アントシアニン」というポリフェノールの一種が含まれており、視機能の改善にも役立ちます。アントシアニンは紫外線や携帯、パソコンなどから入る活性酸素を除去してくれるので、目のダメージや眼病の予防にもいいのです。

活性酸素のダメージが積み重なると眼精疲労だけでなく、緑内障や白内障などの病気にも関わってくるので注意しましょう。

胃の健康を保つ

黒米を食べると胃腸が丈夫になるといわれています。胃腸の健康を維持するだけでなく、虚弱体質の改善や慢性病、滋養強壮にも効果的で、さらに血液も作ってくれます。黒米は消化がよく、栄養豊富な上に胃腸の機能を高めてくれるので、子どもからお年寄りまでおすすめできる食材といえるでしょう。

美肌効果

黒米に含まれる抗酸化力の強いアントシアニンは、視機能の改善だけでなく、日焼けの炎症予防にも役立ちます。さらに黒米には、ストレスや紫外線によって発生する活性酵素を体外に排出させる働きもあり、くすみやシミの原因となるメラニン予防につながるので、美肌効果が期待できます。

髪を健康に保つ

髪に必要な鉄分、ビタミン類、カルシウムなど多くの栄養分が黒米には含まれています。黒米を食べ続けることで髪の健康をキープでき、黒々とした髪の毛が手に入り若返るといわれるのはこのためなんですね。

白米と比較したときの栄養

黒米は白米に比べてカロリーが10kcal低く、ビタミンB1は約5倍、たんぱく質は約1.5倍、ビタミンB2は約4倍多く含まれています。そのほかにも食物繊維は約6倍、カルシウムは約2倍、ナイアシンは約9倍と、白米との差は圧倒的。このように栄養豊富でカロリーが少ないですから、ダイエット中の方におすすめの食材です。

黒米のおいしい炊き方

白米3合に対して、黒米を大さじ2の割合で用意してください。白米と黒米をよく混ぜて洗い、白米3合を炊くときと同じ要領で、炊飯器のスイッチをオンすればOKです。

白米に少し黒米を足すだけなので、水の量を増やしたり、浸す時間を長めにする必要はありません。アントシアニンの天然色素から、少量の黒米でもご飯全体がきれいな紫色に仕上がるでしょう。玄米などと混ぜてもおいしくいただけます。

黒米を使ったレシピ

黒米とキヌアのサラダ

黒米、キヌアはパラパラになる程度に炊き、粗熱を取ります。 にんじん、セロリ、干しぶどうをカットしてドレッシングと混ぜて、黒米とキヌアが冷めたらそこに加え、さらに混ぜましょう。ベビーリーフやナッツ類などをお好みで飾れば完成です。栄養たっぷりのサラダをどうぞ。

黒米の手巻きご飯

こちらは黒米を使って作る手巻きご飯。作り方は簡単です。まず白米に黒米を混ぜ、ご飯を炊きます。海苔の上にご飯を広げ、お好みで塩とあられを飾ればOK。黒米を加えることで、ご飯全体がモチモチするので、海苔との相性もよいですし、見た目もおしゃれになります。ホームパーティーなどにいかがですか?

黒米で簡単おはぎ

もち米はひと晩、紫黒米は数時間水に浸けましょう。米は炊くよりすこし前に、洗ってザルにあげてください。炊飯器に米類をすべて入れ水を加えてスイッチオン。炊きあがったら、しばらく蒸らしましょう。

水をつけた手で適量のご飯を平たくし、あんこを入れて包み、形を整えます。きな粉やあんこで包んで完成です!

通販で買えるおすすめの黒米

http://macaro-ni.jp/33282

出典:楽天市場

【送料無料】古代米 黒米『朝紫』(国内産100% 27年産 山梨県産)お徳用 900gパック (投函便対応)

¥1280

楽天市場で購入
お近くに黒米を取り扱うお店がない方は通販で購入するとよいでしょう。今回ご紹介するのは、「古代米 黒米『朝紫』お徳用 900gパック」 。国内産100%で、山梨県産のお米が使用されています。こちらの商品を白米に混ぜて炊くと、お米全体がピンク色に染まるとのこと。ぜひ、お試しください。

黒米で健康美人を目指そう!

今回は、栄養がたっぷりと詰まった黒米の魅力についてお伝えしましたが、いかがでしたか?

黒米には美肌効果や髪をきれいにする効果があって、しかもカロリー控えめ。さらに、アントシアニンが含まれているので目のダメージも抑えてくれ、パソコンやスマホで目を酷使する現代人にはありがたい食材です。いつも食べている白米に少量の黒米を加えて炊くだけですので、手軽な気持ちで食卓に黒米を取り入れることができますね。

美容にも健康にもいいことずくめの黒米、ぜひ試してみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 韓国料理

ピリ辛でおいしい韓国鍋ですが、みなさんは「チゲ」の意味をご存じですか?「チゲ鍋が大好き!」と言う人もいる思いますが、その使い方間違ってるんです!チゲの意味はなんと食べられないアレです。今回は、知ったらちょっと…

レシピ

カレーやポトフのレシピに登場するローリエ。無いときには代用品でなんとかできるんですよ。たった1枚使いだけなのに、買い物に出るのは面倒ですよね。お肉やお魚の臭みをとってくれる、大切な存在のローリエですが、ご家庭…

レシピ

卵黄をからめていただく「塩こんぶつくね」のレシピをご紹介します!こんぶが、軟骨のようにしっかりとしていていいアクセントに。枝豆も入っていて、お酒好きにはたまらないおつまみです。もちろん白ご飯との相性も抜群!思…

レシピ

料理上手を語るのに欠かせない煮物。味のバランスが難しいですが、じつは調味料の黄金比があるんです!今回は、筑前煮から肉じゃが、おでんまで、煮物上手になるための黄金比率についてお話しします。これで今日から煮物マス…

豆腐 レシピ

バターも小麦粉も牛乳も使わずに作れる、ヘルシーな「なめこと長芋のねばねばグラタン」のレシピをご紹介!ふわふわねばねば食感のヒミツは長芋と豆腐。トースターでこんがり焼いて、たっぷり海苔をのせていただきます。味噌…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ アレンジレシピ まとめ

永谷園の社長、ミルク茶漬けを提案する--そんな衝撃的なニュースが飛び込んできました。この提案は、“こじるり”ことタレントの小島瑠璃子さんやお笑い芸人の柳原加奈子さんらが出席した、お茶漬…

チーズ トースト まとめ

朝のトースト、いつもバターかジャムばかりでマンネリ化していませんか?一日の力の源である朝食、大切にとりたいですよね。そこで栄養たっぷりのトッピングを使って、エネルギーをパワーアップするトーストメニュー21選を…

アイスクリーム まとめ

美容と健康にいいとされるココナッツミルクやアーモンドバターを使ったヘルシーなアイスのレシピです。ミキサーを使うから手間も時間も大幅カット! 子供のおやつや自分へのご褒美に、心にも体にもうれしいレシピをご紹介し…

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

レシピ

ひと目を引く写真を撮りたいなら、断然白い鍋がおすすめ!白は引き立て役としては鉄板のカラー。料理をより素敵に見せてくれる優秀なアイテムなんです。今回は、そんな白い鍋で魅力が際立つ料理を3つご紹介!「いいね!」を…

そうめん 和食 まとめ 奈良

今回ご紹介する「三輪そうめん」は、深い歴史を持つ逸品。そうめんは夏になると食卓への登場回数が増えるだけでなく、お中元でたくさん届いたり、おすそ分けでもらう機会も増えるかと思います。今回は「三輪そうめん」の魅力…

レシピ 大阪 おつまみ

キャベツのシャキシャキ感を活かした大阪発の鉄板料理「とん平焼き」。ふわとろ卵とソースが絡み合う熱々鉄板焼きがお家でも簡単に作れるんですよ。とん平焼きのルーツを紹介しながら、今夜の献立に役立つ基本の作り方からア…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...