ローディング中

Loading...

はちみつはパンケーキやお菓子作りで頻繁に使いますが、賞味期限を気にしたことってありませんか?今回はそんな気になるはちみつの賞味期限についてご紹介します。正しい知識を身につけ、もっとはちみつに詳しくなりましょう。

はちみつに賞味期限は本当にあるのか

料理の隠し味に登場する機会が多いはちみつ。賞味期限はないってよく聞くけど、果たして本当でしょうか?「食べ物だし、いくらなんでも賞味期限はあるでしょ」と思っている人も、少なくないはずです。賞味期限が書いてあるのはどうしてなのか、あなたの疑問も一緒に解決します。

はちみつは腐らないのか

結論からいうと、はちみつは基本的には腐りません。

その理由は、はちみつ自体に強い殺菌能力があるのと、水分がほとんどなく細菌が繁殖できない状態にあるからなのです。ただこれは天然のはちみつに限るので、ものによっては加工物が入っているものは腐る可能性もあるようです。

商品の裏に書いてある成分を見ると、白砂糖や果糖ブドウ糖液糖などはちみつ以外のものが入っているものもよく売られていますよね。購入するときは、気をつけてみてみましょう。また、ハチミツの容器の中に、水分や異物が入ってしまうと腐る原因にもなるので、清潔なスプーンを使い、水分などが入らないように慎重に取り扱う必要があります。

ほかにも、純度の悪いはちみつは場合によっては腐ることがあります。こういった純度もはちみつを購入する際に気をつけておきたいことのひとつ。また、色々な農場のハチミツが混ぜられているようなものも、持ちとしてはあまりよくありません。

はちみつの賞味期限とは

はちみつの賞味期限の記載はメーカーによって異なりますが、2~3年のものが多いでしょう。適切に保存したはちみつであれば基本的には腐ることはないと言われています。それでも賞味期限が記載されている理由は、日本の法律では食品に賞味期限をつけることが決まっているからなんです。

はちみつのほかにも、塩や砂糖、昆布、梅干しなども保管方法をきちんとしている場合は賞味期限は関係ないと言われています。記載されている賞味期限が過ぎても、腐るわけではありません。

はちみつの風味はときが経つにつれ、少しずつ落ちていくでしょう。天然のはちみつで適切な保管をしているのなら、賞味期限を過ぎても問題なく食べられます。極端な話、100年前のものでも問題なく食べられるとは驚きですよね!

開封後の適切な保存方法とは

はちみつの適切に保存するにはどのようにしたらいいのでしょうか?保管場所や容器などチェックしてみましょう。

はちみつは常温保存しよう

はちみつは常温で保存する方法が一番いい方法になります。直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所がいいでしょう。はちみつは湿気を吸収しやすいので、流し台の下よりは、食器棚、戸棚などがおすすめで、湿気取りを置くなど除湿できるものがあればもっと安心しますね。

はちみつを保存するための容器などもあるから、こういったものを利用してみるといいでしょう。また、はちみつは匂いを吸収することがあるため、必ずフタは閉めておき、匂いの強いものは近くには置かないようにしてくださいね。

はちみつの冷凍保存はNGです

冷蔵庫や冷凍庫のような温度が低い場所では、はちみつが結晶化してしまうので保管は避けた方がいいでしょう。結晶化とは気温の低い状態だと、はちみつの成分となるブドウ糖が白く固まってしまうことを言います。寒い冬の時期に見たことがあるかもしれませんね。

14度くらいを下回ると結晶化してしまうんです。結晶化しても品質に問題はありませんが、固くなると使い勝手は悪くなってしまうでしょう。もし結晶化してしまっても、瓶に入ったまま湯煎すると元に戻るので安心してっください。

40℃程度が丁度よく、高温過ぎると風味や成分に影響がある可能性があるのでご注意を。湯煎よりも時間はかかりますが、常温で戻すのが一番いいですね。

はちみつはガラス瓶に入れて保存するのがおすすめ

はちみつはプラスチックの容器に入れて保存すると、月日が経つにつれてプラスチックのにおいが移る可能性があります。プラスチックの容器に入って売られていたのなら、購入したあとに小瓶に移し替えるといいでしょう。

ガラス瓶は匂いが移る心配がないのでおすすめです!ガラス瓶に移し替えておけば、結晶化したときにも、さっと湯煎しやすいので便利かもしれませんね。瓶と蓋の間にラップをして封をするのもいい方法でしょう。

はちみつの賞味期限が切れたら

天然のはちみつを適切に保存すれば腐ることはありません。賞味期限はあくまで日本の法律上記載しているだけなので、賞味期限が切れても適切な保存の仕方をしているなら問題なく食べられるでしょう。ただ賞味期限が近づく従って風味は落ちていきます。

はちみつが腐るときってどんなとき?

はちみつの瓶に、直接口に運んだスプーンを戻したり、指を直接入れたりしていませんか?細菌やカビの繁殖の原因になり腐ってしまう可能性があります。腐らせないためには、清潔なスプーンで取り、水分や唾液などが入らないように徹底しましょう。

はちみつをもっとおいしく

はちみつについて謎は解けましたか?正しく保存することによってずっと食べられるから保存食にもなり、家にひとつあるととても便利な食品です。

ミネラルやビタミンなどの栄養素を含んでいて、エネルギー補給にも推奨されている食品です。また、パックなど美容にも活用できるとても便利な食品なので今度もますます注目される食品であること間違いありません。
▼その他の気になる食材の賞味期限はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

きゅうり

きゅうりは水分量の多い野菜です。また比較的、賞味期限が短いことでも知られていますね。家にあるきゅうりを使おうと思ったら萎びていたということも多いのではないでしょうか?今回は、きゅうりの賞味期限と保存方法をご紹…

和食

味噌の賞味期限ってご存じですか?お店に並んでいる味噌は、基本的に常温で売られていますが、自宅で保存する場合、どの方法がベストなのでしょうか。そもそも賞味期限が切れても食べられる?味噌の賞味期限と保存方法につい…

ケーキハウスローザンヌから、「はちみつ 宇治抹茶のロールケーキ」が登場。大人気のはちみつロールケーキの生地をベースに宇治抹茶がたっぷり混ぜ込まれています。香り豊かな宇治抹茶と蜂蜜の自然な甘さを同時に楽しめるス…

にんにく

にんにくは比較的長持ちする食材ですが、賞味期限がどのくらいか実ははっきり知らない方も多いのでは?生の状態や冷凍保存をした時など、保存方法別に賞味期限をご紹介していきます。食べられないにんにくの特徴も知っておき…

ハワイアン ハワイ

はちみつといえば琥珀色。しかし、ハワイには一味も二味も違ったはちみつがあります。それは幻の白いはちみつ「レアハワイアン」です。栄養価も品質も半端ない極上のはちみつ。妥協を許さない徹底ぶりの舞台裏を知れば、あな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

現在アメリカで、Zach Kingという男性がVine上で公開しているマジック動画が話題を集めています。その編集作業やCG技術を駆使した独創的かつ精巧な動画は、見れば見るほどに魅入ってしまう中毒性があるんです…

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

コーヒー まとめ カフェ

ドリップコーヒーを作ると必ず残るのが「コーヒーかす」。普通だったらそのまま捨てるところですが、実はこのコーヒーかすは捨てるのはもったいないほど驚きの様々な効果があるのです。そこで、その驚きの効果を「9」つまと…

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

豚肉 ソーセージ イタリア

イタリアで生まれた「サルシッチャ」。ソーセージのような見た目ですが、違いはあるのでしょうか?今回は、「サルシッチャ」という名前の意味や、自宅での作り方、おすすめのレシピなどまとめてご紹介!サルシッチャの魅力に…

カクテル

浅草で有名なお酒「電気ブラン(デンキブラン)」。隠れた名物として知られていますが、その名前からはどんなお酒なのか想像がつきませんよね。今回は、そんな電気ブランについて詳しくご紹介!味わいから飲み方まで、余すこ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る