ローディング中

Loading...

「生ハムメロン」は、今や大定番とされるアラカルトですが、よく考えてみるとすこし不思議な組み合わせですよね。今回は、その歴史や作り方、正しい食べ方まで、生ハムメロンの魅力について迫っていきたいと思います!

生ハムメロンとは

「生ハムメロン」は、食べたことがないという方も、その名前を耳にしたことはあるかと思います。メロンに生ハムをのせて食べる、イタリアとスペインの伝統的なオードブルのひと品です。日本では、バブル期のイタメシブームで全国的に周知されるようになりました。

パーティーのピンチョスやコース料理の前菜で出されることが多く、またワインとの相性もよいので、バーのメニューにも取り入れられているようです。

生ハムメロンの歴史

それではまず、生ハムの歴史から。紀元前7000年頃から家畜として飼われていた豚を、なんとか保存が効く食料として加工できないかということになり、考えだされたのが生ハムのはじまりといわれています。紀元前3500年頃にはバビロニアやエジプトに、紀元前4800年頃には中国に生ハムは伝わり、その後ヨーロッパへと広がっていったようです。

では、メロンの歴史はどうでしょうか。メロンの原産地はインドとされており、紀元前2000年頃には栽培がはじまっていたそうです。紀元前5世紀頃、エジプトで作られたメロンがヨーロッパへ渡り、そこではじめて生ハムとメロンが顔を合わせることに。

当時のメロンは今ほど甘みが濃くなく、青臭さが強かったそうです。その欠点を中和すべく、生ハムの塩気をプラスすることで、メロンの甘みを引き立たせるという狙いのもと「生ハムメロン」は誕生したといわれています。スイカに塩を振って食べるのと同じ効果ですね。

また、メロンにはたんぱく質分解酵素が含まれているので、生ハムの消化に役立つという利点もあるそう。生ハムとメロンは味だけでなく、生理学的にも相性抜群というわけなのです。

生ハムメロンはどんな味?

気になる生ハムメロンのお味ですが、生ハムの塩気とメロンの甘みが絶妙なバランスを生み出しています。噛むごとに溶けていく生ハムの脂分と、ジューシーなメロンの果肉が、飲み込んだあとも口の中にさわやかな風味を残してくれます。しっとりとした生ハムと、シャクッとしたメロンの食感もやみつきになるポイントです。

日本では主にマスクメロンを使用しますが、本場の味に近づけるのであれば、完熟前のメロンや、比較的甘みの弱いプリンスメロンを使用するとよいかもしれません。

生ハムメロンの作り方

材料

生ハム
メロン

手順

作り方はとっても簡単。メロンを食べやすいサイズにカットして生ハムをのせるだけです。お好みでオリーブオイルとブラックペッパーを振ると味のアクセントになります。またミントを飾ってみるのもよいでしょう。おうちで開くパーティーのメニューが、あとひと品どうしても思いつかない……。そんなときにおすすめです。高級レストランのオードブルがおうちで簡単にできるなんて、うれしいですよね。

生ハムメロンの正しい食べ方

生ハムメロンの食べ方は、シーンや料理の形態により異なります。結婚式などきちんとした場でも応じられるよう、正しい食べ方のマナーを知っておくとよいでしょう。

すでにひと口大のものはそのまま頂こう

ホームパーティーや立食パーティーなどでは、生ハムメロンがピンチョスやフィンガーフードとして置いてあることが多々あります。こういった場合、たいていひと口サイズになっているので、そのまま一気に口の中に入れてしまうのがベストです。

ナイフとフォークを使って小さく切ってから

結婚式やレストランなどでナイフとフォークが添えられている場合も慌てずに。まずは生ハムをメロンの手前によけてしまいます。生ハムとメロンをそれぞれナイフでひと口サイズにカットして、食べるときは両方一緒にフォークで刺していただくととってもスマートです。間違ってもかぶりついたりしないこと。

生ハムとメロンのアレンジレシピ

生ハムメロンの湯葉巻き バルサミコソース

材料は生ハムとメロンのほかに、干し湯葉、バルサミ酢を使います。生ハムで巻いたメロンをさらに湯葉で巻くだけの簡単レシピです。バルサミコ酢をとろみがつくまで煮詰めてソースとして使用します。オリーブオイルと黒コショウを振ると見た目も本格的になりますよ。和と洋が融合した、ワインにぴったりのおつまみです。

メロンと生ハムのタルティーヌ

フランスパンにチーズと生ハムとメロンを乗せたお手軽オープンサンドです。お好きな野菜も一緒にのせれば、簡単でおしゃれなタルティーヌがあっという間に完成します。チーズの種類もお好みでアレンジしてみましょう。簡単なのに見栄えもするので、お友達を呼んでランチをするときなどにぴったりのレシピです。

生ハムとメロンの冷たいペペロンチーノ

生ハムメロンをパスタにアレンジしたレシピがこちらです。メロンをミキサーにかけてソースにし、深めのお皿に流し込みます。市販のソースで和えたパスタをその上に盛って、最後に生ハムをのせましょう。意外な組み合わせの冷製パスタは、見た目も涼しくて夏に大活躍。食欲のないときにもさらりと食べられます。

生ハムメロンを作ってみませんか?

生ハムといえばメロン!そういっても過言ではないほど、生ハムメロンの存在は広く知れ渡っています。その反面、実際に口にしたことのある方は意外と少ないみたいです。見た目もかわいい生ハムメロンは、ホームパーティーや記念日のお食事など、あらゆるシーンで活躍できる優れもの。作り方もとっても簡単です。

ぜひ、今回のレシピを参考にして一度作ってみてください!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

チーズ レシピ まとめ チーズフォンデュ

チーズフォンデュを自宅で楽しむには、専用のフォンデュ鍋が必要ですが、今回はホットプレートで作るレシピをご紹介します。またフォンデュにおすすめのチーズや本格的に作る基本のレシピも参考に、ぜひご家庭、パーティーな…

パフェ フルーツ 女子会 銀座

資生堂パーラーにて、「2017真夏のパフェフェア」が開催されます。第一弾は、「桃・アップルマンゴー・ブルーベリー・ストロベリー」がふんだんに使われたパフェが登場。これ以上ない程ぜいたくなパフェを堪能できます♩

ぶどう フルーツ

罪なフルーツ、ぶどう。食べる手が止まらなくなるほどおいしいのに、皮が薄くて食べづらい。でも実は、そんなぶどうの皮を手軽に除けるむき方があるんです。ぶどうを食べる時にもう手を汚したくないあなた!必見です。

和菓子 フルーツ

フルーツ大福と言えば「いちご大福」を思い浮かべる方が多いと思いますが、大阪にある一心堂では、いちごのほかにもフルーツをふんだんに使った大福がたくさん販売されています。今回はそんな中から夏にぴったりな「スイカ大…

フルーツ スイーツ

旬のフルーツをコンセプトにしたあま~い「北海道産らいでんメロン」♩昨年からの大好評のひと品で糖度が高く、赤肉のジューシーな甘みと芳醇な香りに定評があります!ご褒美感を演出した見た目もエレガントなスイーツです♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ スイーツ

ふと、海外ではどのようなお正月を迎えているのか気になったことはありませんか?日本はおせちとお雑煮でお正月を過ごしますが、もちろん海外ではそれぞれ伝統的な新年の過ごし方があります。そこで、世界中の伝統的なお正月…

まとめ

セロトニンという物質の名前を聞いたことはありますか?実はこの物質は体内で作ることができないため、食材から摂取しなければなりません。身体にとってとても重要で、精神状態も左右してしまう恐れがあるようです。食生活を…

まとめ

お家で料理するのも外食するのも大好きというあなたにこそ見てほしい食の現実を映したフードドキュメンタリー映画があります。あなたの食に対する情熱を少し、食を見つめ直すことに使ってみませんか?

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ そば イタリアン パスタ 蕎麦

ペペロンチーノは唐辛子・オリーブオイル・にんにくを使ったシンプルパスタです!日本のシンプル麺料理「かけそば」この二つを融合させると思わぬおいしさに!!疑うのも無理はないけど これがとってもおいしいのです!「そ…

サラダ エスニック パクチー まとめ

夏は何かと食欲が落ちがちになってしまいますよね。食べれるものばかり食べていると栄養も偏ってしまいます。今回はそんな食欲のない夏でも食べれちゃう栄養満点のエスニックなサラダのレシピを紹介したいと思います。

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る