ローディング中

Loading...

北海道や東北では、納豆に砂糖をかけて食べるという話、聞いたことありませんか?通常は、専用ダレとからしをかけて食べることが多いと思いますが、北国では甘く味付けした納豆が珍しくないようです。一体どんな味がするんでしょう?実態を探ってみましたよ。

え、納豆には砂糖?

みなさんは納豆にはどんな味付けをしていますか?大抵の方が、納豆パックに付属の専用ダレとカラシで頂いていると思いますが、北海道や東北では、砂糖と醤油で食べる習慣があるようなんです。

甘い納豆とは、一体どんな味なんでしょう。実際に砂糖をかけて食べている方の感想なども含めて、その実態を調べてみました。

北国で納豆に砂糖をかける理由

そもそも、なぜ砂糖をかけたのでしょうか。全国を対象にしたある調査で「納豆に砂糖をかけて食べることがあるか?」を調べたところ、北海道と東北に集中して「結構食べる」との回答が多かったそうです。最も多かったのが新潟県、続いて北海道、山形と続き、上位3つを北国が占めています。

全国に点々と存在するのではなく、一部の地域にまとまっている結果を見ると、やはり「北国」というキーワードに秘密がありそう。なぜ納豆に砂糖をかけて食べるようになったのかについては諸説ありますが、それぞれの説から北国特有の食文化や歴史が垣間見え、興味深い内容となっています。

説、その1

納豆の発酵に十分な温度が保てない東北では、発酵が未熟なため納豆にねばりが足りなかったといいます。そのため、水分を吸収して固める働きのある砂糖を利用し、粘り気を出していたという説があります。今でこそ保存技術が発達し、どの地域にいても粘り気の強い納豆が食べられますが、昔はおいしく食べるための知恵を身近なものから得ていたようです。

説、その2

東北地方では納豆に限らず、甘く味付けされた食文化が目立つことから、納豆も甘くして食べていたのではないかという説があります。

例えば山形や秋田の郷土料理には「鯉の甘露煮」があり、名前の通り大量の砂糖を使って作る鯉の煮付けです。ほかにも、「イナゴの佃煮」、米と麦芽を一緒に煮て作った水飴、冠婚葬祭の行事には、豆腐に砂糖や卵を加えカステラ状に成型した「豆腐かすてら」など、日常的に慣れ親しんだ甘い郷土料理が存在します。

説、その3

北海道地方をクローズアップすると、東北の説とは真逆の内容が見えてきます。現在は、てん菜の栽培が盛んな北海道ですが、てん菜の栽培がうまくいかず、砂糖は手の届かない貴重な存在だったころがあるようです。

アメリカからてん菜の栽培術を学び、多額の出資をして砂糖の加工業を始めたものの、失敗し、砂糖を作らなくなった時期があったよう。後に北海道の環境に適した、栽培方法が確立され、今のようなてん菜の産地になったそうですよ。

北海道民にとって砂糖が食べられることは試練を乗り越えてきた証であり、必然と、ほかの調味料よりも砂糖を尊重する食文化が作り上げられてきたのかもしれません。

実際、どんな味?

気になるその味ですが、実際に納豆に砂糖をかけて食べている人の様子を調べてみると、砂糖が加えられている以外は、納豆の扱いに他の地域との違いが見当たりませんでした。甘い納豆でも、おやつではなくお食事として食べるものなんですね。

納豆に砂糖をかけて食べている人は……


“久しぶりにこれ!納豆に醤油と砂糖” と、しばしば好んで食べる、お気に入りのメニューのようです。
“からしと砂糖が合わさることで、納豆の旨みが増す” という感想も。甘く味付けた納豆に、お好みのトッピングもごく自然のよう。

初めて食べた人の感想は?

納豆に砂糖をかけることに驚きつつも、試してみた人たちの感想を調べてみると……

“これからずっと砂糖をかけるようにはならないけれど悪くない、意外とおいしい” 、“甘いけど美味しい!甘納豆みたい” 、“みたらしだんごのような後味がする” 、“甘い!でも、臭みが消えて悪くない” などなど。

砂糖をかけた納豆に対する反応は、思ったよりも好評が多い印象。大豆の素材が、甘味と合うのかもしれませんね。

ほかにもある、甘いお食事

もう少し探ってみると、北海道や東北には、この他にも気になる甘いお食事が結構ありました。

甘い茶碗蒸し

茶碗むしといえば、和だしで仕上げたものを思い浮かべますが、北国では茶碗蒸しには栗の甘露煮を投入。プリンのような味になるのでしょうか。

トマトに砂糖

トマトには、塩ではなく砂糖。これもかなりスイーツのような印象をうけます。

お赤飯の豆は甘納豆

お祝い事に出されることも多いお赤飯。もち米に小豆を混ぜて炊くのが一般的だと思いますが、北海道のお赤飯にはなんと、甘納豆を入れるのだとか。これは、札幌にある製菓学園の創設者が考案したものが広まったという説があります。甘納豆のお赤飯とは衝撃的な内容ですが、みなさんの地域のお赤飯はどうですか?
その土地それぞれの食文化には、驚くようなメニューがあるものですね。しかし、試しに食べてみたら、思った以上に「おいしい」と思えるかもしれませんよ。良かったら明日、納豆に砂糖をかけて試してみてはいかがでしょうか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ お弁当 鶏肉

あっという間に彩り豊かな3色弁当のできあがり!全ての工程がレンジのみでできる「鶏そぼろ三色弁当」のレシピをご紹介します。甘い味付けの卵と、甘じょっぱい鶏そぼろの相性が抜群で、ご飯がどんどん進みます。忙しい朝の…

かぼちゃ レシピ

皮が固いかぼちゃは切るのが大変なイメージがありませんか?かぼちゃはレンジを使えば、安全に簡単に切ることができます。固いかぼちゃを上手に切るためのレンジの使い方をご紹介します。加熱することで、調理時間の短縮にな…

バター レシピ

さまざまな輸入食品を扱うセレクトショップ「カルディ」。中でも「たらこスプレッド」というたらこを贅沢に使ったバターが爆発的に売れているのをご存知でしょうか?今回は、「たらこスプレッド」を使った時短×…

小松菜 レシピ パスタ まとめ

クセのない小松菜は青菜野菜の代表選手。食べやすさだけではなく栄養価も高く、いろいろなレシピに応用できるところも魅力です。今回は人気の小松菜パスタレシピを紹介します。トマト系やクリーム系、ペペロンチーノ、もちろ…

ハンバーグ スープ レシピ まとめ

子供から大人まで大好きなハンバーグには、どんなスープをつけ合わせていますか?ハンバーグとスープでバランスのよい献立は?今回は定番スープから意外な材料を使ったスープまで、ハンバーグと合わせて食べたいスープをレシ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

天丼 浅草 まとめ

安いとは正直言えませんが、ちょっと贅沢したときにはおすすめの天丼店まとめました。

食べ歩き 鎌倉 デート お土産 まとめ

鎌倉で寺社仏閣などを見るのは大きな楽しみのひとつですが、欠かせないのはグルメ。特にスイーツには目がない!なんて人も多いですよね。今回はそんな鎌倉で食べ歩きをするときにおすすめの「小町通り」の人気商品をご紹介。…

羽田空港 お土産 スイーツ 東京 まとめ

羽田空港には、選びきれないほど多くのお土産があります。でも、空港にいる時間はわずか……。そんなときにおすすめしたい、喜ばれること間違いなしのお土産をまとめてみました!旅行や帰省のと…

スイーツ 和菓子 まとめ どら焼き 東京

どら焼きは東京が発祥の地。都内には感動で涙が止まらなくなるような絶品のどら焼きを提供するお店がたくさんあるのです!ここでは、どら焼き好きなら絶対一度は食べておきたい絶品どら焼きがあるお店を「10」店ご紹介しま…

京都 山口 まとめ

食欲の秋も終わり、そろそろ本格的な寒さを感じる冬になってきました。「冬と言えば鍋」ということで、今回は自宅でも食べれちゃう名店の味”お取り寄せ鍋5選”をご紹介します。

ケーキ スイーツ チョコレート まとめ

1月23日(金)、全国の「シャトレーゼ」で「産直スイーツフェア」が開催!フェアでは、産地直送の苺を贅沢に使用したショートケーキ『農家直送苺とうみたて卵をたっぷり使った特撰ショートケーキ』など注目スイーツが期間…

パン まとめ

当分続きそうなパンブーム。毎日のように朝食やおやつに食べるパンですが、たまには特別なパンをお取り寄せしてみませんか?今回はわざわざお取り寄せしてでも食べたくなる、おいしいと評判の人気パンをご紹介します♩

スムージー オレンジ まとめ

スムージーとフレッシュジュースの専門店「FICO & POMUM JUICE (フィコ・アンド・ポム ム ジュース)」に、5月で限定「ダブルリッチオレンジ」が発売開始!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

バー

洋酒の楽しみ方を提案する「アサヒ・ブラウンスピリッツ・セミナー2017」の第2回。「ウッドフォードリザーブ」をテーマとした今回も、お酒の魅力について新たな気づきをくれるものばかりでした!知らなきゃ損なその内容…

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

専門店 北海道

札幌にある人気の焼き芋専門店「やきいも工藤」が全国的にも評判となっている。元々野菜の移動販売を行っていた工藤夫妻が、気が付いたら芋に惚れ込み、店を構えたのは1999年の頃。ちなみに同店の焼き芋はネットでも買え…

女子会 海老 専門店 東京駅

東京駅から徒歩2分の八重洲 中通りに面白いイタリアンバルがある。70種類ものメニューのうち、30種類が海老メニュー、しかも海老も12種類を使うという、その名も「yaesu 海老バル」。カップルはもちろん女子会…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...