ローディング中

Loading...

おうちでおしゃれなスイーツ「ミルクレープ」を楽しんでみませんか?薄い生地なのでフライパンですぐ焼けますし、重ねる枚数はあなたのお好みでどうぞ!フルーツやクリームでトッピングやアレンジにもこってみましょう。アイデアをいくつかご紹介します。

みんな大好き「ミルクレープ」

ミルクレープが生まれたのは実は日本だそうで、「千枚のクレープ」という意味のフランス語からその名前は来ているんです。卵や薄力粉・牛乳・砂糖・バター・バニラエッセンスを混ぜて薄く生地を焼き、何層にも重ね、間にカスタードクリームや生クリーム、フルーツを入れてアレンジするというもの。
生地自体にチョコレートなど混ぜて焼いてももちろんおいしい。

おうちで手軽にできてしかも見た目もおしゃれなミルクレープ!今回はアレンジのアイデアを海外のサイトからご紹介していきますね。

雪のような白さを楽しんで

生地の材料はブレンダーで撹拌し、できるだけ薄く1枚を焼いていきます。このレシピの秘密は生地が焼きあがるごとに「ペストリークリーム」を塗るというもの。

作り方は、生クリームと牛乳を半々の量で鍋で熱して、砂糖と塩、バニラビーンズ(バニラエッセンスでもOK)を入れて中弱火で煮立たせます。その間卵黄と砂糖、コーンスターチはよく混ぜて、煮立った生クリームと牛乳を少し卵黄に加えます。
スクランブルエッグにならないようにチェックしつつ、さらに少しづつ生クリーム&牛乳を入れて、全部混ぜ終わったら弱火でとろっとするまで煮込み、最後にバターを溶かします。

ティラミスフレーバーで

こちらは生地の中にティラミスを入れるという夢の顔合わせ!マスカルポーネチーズと粉砂糖、ココアパウダーやリキュール(カルアミルクやワインでも)を混ぜ合わせて、クレープを焼くときにティラミスを生地の真ん中にセットします。冷やして食べてもおいしそう!

抹茶クリームでちょっと和菓子っぽく

生地は普通に焼いていきますが抹茶クリーム(抹茶とホイップクリームを混ぜる)を作って、クレープは小さめに焼き、金型いっぱいに積み上げ、1枚ごとに抹茶クリームをサンドし、最後に抹茶クリームを注ぎ、冷蔵庫で5分冷やして固めます。

抹茶がとろっとしてるなぁと思ったら生地に混ぜるんじゃなく抹茶クリームを生地にサンドして一緒にする方法なんですね。もちろん抹茶の粉をクレープ生地に混ぜて焼いても◎。

フィンガービスケットで美しく

ティラミス風のミルクレープを作る方法は先に書いたものと一緒ですが、フィンガービスケットで周りをデコレーションすることでより華やかに見えますね!フルーツもベリー類をふんだんにトッピング。クレープというよりもう立派なケーキという感じ。特別な日に作ってみたいミルクレープです。

カラメルの風味がたまらない!

カラメルを作って冷ましたらハンドミキサーで角が立つまで撹拌しクリーム状にします。クレープ生地を焼くときにカラメルクリームを真ん中にのせましょう。トッピングにはホイップクリームやいちごを飾って。シンプルながら味わい深いクレープに。

やっぱり万能な『オレオ』

こちらもベースはティラミスですが、トッピングにココアパウダーをふりかけ、ホイップクリームとオレオをデコレーション。オレオはそのままでもおいしいですが、トッピングにも十分使える素敵なお菓子!ぐっとクレープが引き立ちます。

最後にメイプルシロップをたっぷりと

シンプルなミルクレープですが、最後にメイプルシロップとホイップクリームをたっぷりとかけて頂きましょう。このふたつのトッピングだけで幸せな気持ちになれそうですね。

オレンジを使って

オレンジの皮をすりおろして生地に入れ、トッピングにもオレンジのスライスしたものをのせましょう。粉砂糖をふるって最後にかければより見た目も美しいです。

レモンフレーバーでさわやかに

砂糖とコーンスターチ、水を鍋に入れ、卵黄も追加します。中火で沸騰させ混ぜながら1分熱したら火を消し、レモンの果汁とすりおろした皮、バターを混ぜて生地を作ります。レモンの風味豊かなクレープが味わえますよ。

おわりに

クリームチーズを溶かしてクレープの間にはさんでもなかなかおいしいんではないでしょうか?チーズ自体をクレープ生地に入れてもいいかも。あなたのセンスでミルクレープをアレンジしてみてくださいね。

しかしミルクレープは日本発祥だったとは知りませんでした。それが海外でも上のレシピのようにアレンジして作られているんですね。面白いです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

マンゴー スイーツ パンケーキ

エッグスンシングスから、「マンゴーレアチーズパンケーキ」、「マンゴーマンゴーパンケーキ」、「マンゴーシェイブアイス」が発売!香りと甘みが強いマハチャノック種のマンゴーをふんだんに使用したメニューを、この機会に…

餃子 宇都宮 まとめ

餃子の街・宇都宮には、なんと200軒以上も餃子のお店があります!地元でも人気のおすすめ餃子店12選とお店イチオシメニューも一緒にご紹介。宇都宮で餃子を食べるならぜひ立ち寄ってみたくなるお店が満載です。気になる…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

レシピ まとめ

みんなの大好きな肉じゃがメインの晩ご飯のとき、どんな献立を組んでいますか?汁物は?副菜は?今回は、いつも「何がいいかしら」と悩んでしまう方のために、肉じゃがと合う献立をレシピ付きでご紹介します。肉じゃがをおい…

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は見てるだけでも涼しくな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ レシピ

毎年お正月を過ぎると余らせがちな「お餅」。今回は余ったお餅で作る簡単アレンジレシピを10点ご紹介します。わざわざお餅を買いに行きたくなるようなレシピばかりですよ♩チーズを使うレシピが多いので、一緒に購入すると…

お茶漬け レシピ まとめ 〆ご飯

お酒を飲んだ後は、やっぱりお茶漬け♡そんな方に読んで欲しい、お茶漬けのレシピです。お茶漬けもアレンジ次第でたくさんレパートリーがあります。その中の8選をご紹介しますね。

レシピ まとめ アレンジレシピ

揚げ物に使用したパン粉が余っちゃった。このまま捨てるのはちょっともったいない。そんな時に役に立つ、余ったパン粉を使って作る料理です。余ったパン粉を使っておいしいフレンチトーストなどを作ってみましょう♡

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

パン レシピ まとめ

instagram(インスタグラム)ユーザー「utosh」さんが作るパンを使ったメニューをまとめました。朝は「パン派」という人は必見!忙しい毎日でも、たまにはゆっくりした朝食を味わってみませんか?皆さんも参考…

パンケーキ レシピ ティラミス スイーツ まとめ

最近話題になっているティラミスパンケーキをご存知でしょうか?ティラミスとパンケーキをコラボさせた新しいハイブリッドスイーツとして注目を集めているそうです。今回はティラミスパンケーキのレシピを紹介します♪

サラダ レシピ まとめ

女性から絶大な支持を得る食材「パクチー」。今回はパクチーを使った(人気)サラダ(レシピ)を10件ご紹介します。これだけあればパクチーサラダの種類に困りませんよね!アンチエイジングやデトックス効果もあるとされて…

夏野菜 レシピ 沖縄料理 サラダ まとめ

苦みがおいしい夏野菜ゴーヤ、栄養も満点で夏バテ予防にも積極的にとりたいゴーヤ、でもいざ食べるとなるとゴーヤチャンプルーくらいしか知らなかったりしませんか?そこでおすすめのおいしいゴーヤレシピをまとめてみました!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

新宿

新宿3丁目駅からすぐの新宿伊勢丹店、そこの地下2階にあるお店が「ハタケカフェ」です。名前でも連想させてくれるようにお野菜をたっぷりと使ったヘルシーな料理がたくさんあります。これで美味しいから文句なしです。

フルーツ おしゃれ チョコレート

コンパーテスショコラティエの「ラブフルーツ」は、セミドライのフルーツにチョコレートをディップしたおしゃれなお菓子。7種類のフルーツが使われているのでとても彩り鮮やか!カラフルなかわいらしい商品なのでお土産やプ…

noranora69

でかいプードルを飼っています。飼い主さんより大きいねとよく言われま...

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Cinema/1964/

ページTOPに戻る