ローディング中

Loading...

連載:オンナ、時々、ヒトリBar

憧れのバーに行きたいけどすこし不安……、そんな方のために女性バーテンダーがスマートなバーの楽しみ方を指南します。初級編の今回は、服装や最初の一杯におすすめのドリンクなどをご紹介。これさえ知っていれば、バーはすこしも怖くありません!

バーって何を着ていけばいいの?

スニーカーではバーに入れない。そんな風に思っている方いませんか?
そんな事はありません。基本的にはいつもの服装でOK!普段、街に出る格好でバーの扉を開けて大丈夫です。雰囲気に圧倒されて「なんか私の格好浮いてるかも」と思っているのは、自分だけかもしれませんよ。

ただしホテルなどにあるバーではカジュアルすぎると入れない場合もあります。デニムスタイルでもハイヒールを合わせるなどして、高級ホテルにふさわしい格好で行きましょう!

強すぎる香水には気をつけて

普段、香水を付ける女性も多いと思いますが、香水の匂いが強すぎるのはNGです。バーではお酒の香りを楽しむ方も多くいらっしゃいますので、ほかの方の迷惑にならないようにしましょう。

バーは非日常を楽しむための空間です。せっかく行くのですから、いつもより少しお洒落をして、ほかのお客さんに迷惑をかけない程度に自分をワクワクさせながら行くのがオススメです!

カジュアルバーとオーセンティックバー

バーには、大きく分けてカジュアルバーとオーセンティックバーの2種類があります。
このふたつに明確な違いはありませんが、あえて言うならカジュアルバーは「ワイワイ、ガヤガヤ楽しむところ」、オーセンティックバーは「お酒の味と会話をしっとり楽しむところ」でというイメージです。
カジュアルバーでは大きな声で盛り上がっても大丈夫ですが、オーセンティックバーで大声を出してしまうと注意される場合があります。なので、オーセンティックバーに行く時は多くても4人までがオススメです。

カジュアルバー

カジュアルバーのメリットは、なんといっても気軽に入れるところ。敷居の高さを感じさせる重厚なドアもありませんし、お酒の知識がなくてもカフェ感覚で入れるのがカジュアルバーの良さです。また仲間とワイワイ盛り上がっても大丈夫。
しかし、カジュアルバーは気軽な分、サービスが行き届いていない場合もあります。ひとりで気分良くゆっくり飲みたい場合は、しっかりサービスをしてくれるオーセンティックバーに行くのをオススメします。

オーセンティックバー

「美味しいカクテルが飲みたい」「ウイスキーについてもっと知りたい」「ひとりで考えごとをしたい」という場合であれば、オーセンティックバーに行くのがオススメです。

サービスがちゃんとしているお店はテーブルチャージを設定しています。テーブルチャージは「お通し代」と思っている方も多いと思います。しかし、私はサービス料だと考えています。お店にもよりますが、テーブルチャージはだいたい500~1000円くらいで、このようなお店はお客さんが気持ちよくバーを楽しめるようにしっかり接客をしてくれますので、ひとりでも安心です。

どこに座ればいいの?

お店のドアを開けると必ず店員さんが席に案内してくれます。空いている席に勝手に座らず、案内してくれるまで待つようにしましょう。

オススメはカウンター席

ひとり飲みならカウンターがオススメです。お酒のボトルを目の前に、バーテンダーに色々と教えてもらいましょう。
バーテンダーが目の前でカクテルを作っているのを眺められるのもカウンター席の特権。会話をしなくても、見ているだけで楽しいですよ!

カウンター席は1〜2人客用にあると考えてください。例えばカウンター席が10席あり、お店に入ったとき一番端の2席にカップルがいたとします。そのほかにカウンターにお客さんはいません。その場合、バーテンダーはカップルの席から4席もしくは2席空けた席に案内してくれるはずです。

まず最初の一杯は?

メニューがないバーもたくさんあります。最初に何を頼むか迷った場合は「ジントニック」を頼んでみてはいかがでしょう。
居酒屋の「とりあえずビール」のように、バーには「とりあえずジントニック」が存在します。ジントニックは、ジン、ライムジュース、トニックウォーターで作るシンプルなレシピで、甘味も酸味もある万人受けするカクテルです。シンプルながらバーが変わると不思議とジントニックの味も変わるので、その違いを楽しんでみるのもオススメです。

お酒に弱い人は「スプモーニ」

メニューがないお店もありますし、メニューがあってもよく分からないという方もいますよね。そんな時、お酒にあまり強くない方は「スプモーニ」というカクテルをオーダーしてみてはいかがでしょうか?
イタリアのカンパリという少し苦味のあるハーブリキュールをベースに、グレープフルーツジュース、トニックウォーターで作るカクテルです。どこのバーでもありますし、女性にとても人気のあるカクテルですよ!

お酒に強い人は「ギムレット」

アルコールの高いカクテルであれば「ギムレット」というカクテルがオススメです。
ジンというお酒をベースに、ライムジュース、粉糖(シロップ)で作るシンプルなカクテルです。甘味と酸味のバランスがちょうど良くスッキリしたカクテルで、バー通の人にも人気のカクテルです。
ベースのお酒がラムになると「ダイキリ」というカクテルになるので、そちらもオススメ!このカクテルはバーテンダーがシェイカーを使って作るカクテルなので、作っている姿も楽しめます。

カクテルの値段って?

メニューのないお店だと「お会計いくらになるのかな……」と少し不安ですよね。

どこのバーでも味わえるスタンダードカクテルは、ジントニックなどのロングカクテルで800~1000円ほど、ギムレットなどシェイクして作るカクテルは800~1500円ほどだと考えてください。

フレッシュフルーツカクテルも人気ですが、こちらは生のフルーツを使うので1500~2000円くらいです。また、銀座のバーは料金設定が少々高いので、もう少し高額になるかもしれません。

チェイサーを頼みましょう

チェイサーとは直訳すると「追いかけるもの」という意味。バーではお酒を追いかける水という意味になります。
バーで「チェイサーをください」と言うのを恥ずかしいと思っている方もいるかもしれませんが、そんなことは全くありません!

お酒を1杯飲んだら1杯お水を飲むと悪酔いしないと言われています。気持ち良くバーを楽しむためにも迷わずチェイサーを頼みましょう。

注文したいときには?

オーセンティックバーでは、注文する時に「すいませーん!」と大声を出すのはあまり好ましくありません。バーテンダーは常にお客さんに気を配っているので、「チェイサーを頼みたい」「ドリンクを注文したい」などと思っていればそれに気づいてくれるはずです。お店が忙しくて気づいてもらえないようであれば、手を上げて静かにバーテンダーにアピールしましょう。

《オンナ、時々、ヒトリBar》の記事一覧

バー 吉祥寺

ナチュラルな雰囲気のカフェが多く、ゆったりとした時間が流れる街・吉祥寺。夜はハモニカ横丁などの居酒屋が人気ですが、おしゃれで個性豊かなバーも多いことをご存知ですか?プロのバーテンダーである村田紘子が厳選した、…

バー 新宿 まとめ

バー初心者の女子におすすめのバーを、女性バーテンダーがご紹介する企画。今回は、バーの激戦区・新宿エリアのバーをご紹介します。オリジナルドリンクや、ムードたっぷりの内観など、こだわりたっぷりの名店をチェックして…

バー 渋谷 まとめ

「今日はどこで飲もうかな?」そう思った時に、「バーも行ってみたいけど、どのお店を選べばいいか分からない」という事もありますよね。そんなバー初心者女子にオススメな渋谷のバーを、女性バーテンダー目線でご紹介します!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

代表的な食品添加物、着色料。実は様々な種類があり、特徴や危険性が異なります。正しい知識を身に付けて、賢く活用しましょう。

まとめ

食欲減退カラーと言えば青です。赤やオレンジなどの暖色系の食べ物に比べ、青や紫など寒色系の食べ物が食卓に上がることはあんまりありませんよね。そこで今回は、普段あまり目にすることが少ない青い食べ物をご紹介します(…

日本酒 居酒屋 まとめ

ひとくちに日本酒といってもフルーティーなもの、辛口でスッキリしたものなど、たくさんの種類があります。でも、実際に飲んでみないと味の判断ってできませんよね?今回は「自分好みの日本酒に出会うためのラベルを見る3つ…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ まとめ 離乳食

1歳の誕生日を迎えて、生まれた頃に比べると体重は約3倍、身長は1.5倍とどんどん成長している時期。運動量が増えるので、体重はあまり増えず体は引き締まってきます。言葉も少しづつ覚えて「ママ」「パパ」など言えるよ…

レシピ パン ケバブ

ピタパンって材料たった5つで作れるんです。しかもイーストは使いますが、発酵させる時間は一時間ほどでいいので、パンを焼くより手軽かもしれませんね。今日はおうちで手作りケバブしてみませんか?

〜カクテル案内人〜村田紘子

ミクソロジーの名店、西麻布Bar『amber』にて店長を務めた後、...

http://www.cocktailconcierge.info