ローディング中

Loading...

サンフランシスコで人気を誇る「ダンデライオン・チョコレート」が、蔵前に1号店として2016年2月にオープンしました。上質なカカオが楽しめるビーントゥバーです。今回はそんな「ダンデライオン・チョコレート」の特徴やメニューなどを徹底解説します!

米国発「ダンデライオン・チョコレート」が蔵前に初上陸

サンフランシスコ発の「ダンデライオン・チョコレート(Dande lion Chocolate)」が蔵前に初上陸しました。良質な豆を使用したチョコレートは、まさに繊細で濃厚そのもの!「ダンデライオン・チョコレート」の特徴や商品についてなど、丸ごとご紹介していきたいと思います。

ダンデライオン・チョコレートとは

2010年に創設した「ダンデライオン・チョコレート」。カカオ豆からチョコレートバーになるまでを一貫して行う「Bean to Bar」で、カカオ本来の味わいを楽しめる人気のBean to Barチョコレートブランドです。

カカオの産地によって味や香りが変化する「チョコレートバー」や、新感覚のイタリア風「飲むチョコレート」、マシュマロと濃厚チョコレートが同時に味わえる「スモア」など、さまざまな形でチョコレートのおいしさを表現しています。

ダンデライオン・チョコレートの始まり

「ダンデライオン・チョコレート」の生みの親であるトッドは、小さい頃からチョコレートが大好きだったそうです。トッドとキャメロンの2人はIT業界で起業家としての成功を収めたあと、転身して友人のガレージを借り、カカオ豆からチョコレートをつくり始めました。

Bean to Barコミュニティサイトでの情報を元に、チョコレート作りに没頭。その手作りチョコレートは評判を呼び、2012年にはサンフランシスコにファクトリー&カフェを開くことになります。
カカオ豆を手に入れるために、使用するカカオ豆の生産者である農家を訪れ、時には発酵から乾燥までのプロセスを指導し、直接交渉を行った上で、輸入しているそうです。100年以上前からある本来の製造法に立ち返り、あり合わせの機械で本物のチョコレートを再現しようと奮闘した結果、サンフランシスコで受け入れられ、世界に知れ渡っていったんですね。

全ての工程は工場内で

「ダンデライオン・チョコレート」では、カカオ豆の買い付けから豆の選別、焙煎、磨砕、調合、テンパリング、成形、ラッピングまで、すべての工程を自社の工場内で行っているんだとか。カカオ豆は、産地や農家、収穫年の気候などによって、質やフレーバーが変わるそうです。新しい豆が届いたら、焙煎の条件を変えながら何度もテイスティングを繰り返し、豆ごとのローストプロファイルを行うというこだわりようです。

納得いくまで何度もこの工程を行うので、完成するまで最低でも1カ月程度かかることもあり、サンフランシスコでは1年を過ぎてもテストを繰り返している豆もあるそうです。

大量生産されるチョコレートではなく、本当においしいと思えるチョコレートが小ロットで作られており、高品質なクオリティを保ったまま販売されています。

サンフランシスコの味を蔵前で

都営浅草線蔵前駅から徒歩3分ほどのところにある「ダンデライオン・チョコレートファクトリー&カフェ 蔵前店」。白と木目調で統一された外観は清潔感があり、すっきりとした印象です。ガラス張りになった店内は、中を見ることができるので気軽に入ることができますね。
店内に一歩足を踏み入れると、チョコレートの香ばしい香りが漂ってくるので気持ちも高ぶりますよね。1階は、実際に販売するチョコレートを作っているチョコレートファクトリーや、販売・注文スペースがあります。製造工程を間近で見られるので、舌でなく目でも楽しめますね。
1Fの販売スペースには、カカオ豆ときび砂糖のみで作られたチョコレートバーがずらりと並んでいます。なんとチョコレートバーは試食可能!プレートにカカオの産地やチョコレートの特性が丁寧に書かれているので、チョコレート初心者でも安心ですよ。チョコレートを少し試してから、お気に入りのチョコレートが購入できるのはうれしいですよね。

バレンタインのギフトや自分へのご褒美としてもおすすめ!甘すぎるチョコレートが苦手な方へのギフトや、ワンランク上のおしゃれなチョコレートを渡したい方に人気です。
2Fは天井の高い、開放感のあるカフェスペース。席ごとのスペースがしっかりと確保してあるので、ゆっくりとチョコレートスイーツを楽しむことができます。明るい日差しが差し込む店内は、心地いい落ち着く空間です。

ダンデライオン・チョコレートのメニュー

ミッションモカ ¥630

アーモンドが入りのスパイスが効いた、ホットチョコレートとエスプレッソを合わせたドリンクです。通常のモカではなく、スパイシーな大人向けのモカ。甘さは控えめではありますが、チョコレートのコク深さをしっかりと味わえます。

ヨーロピアンホットチョコレート ¥530

「ヨーロピアンホットチョコレート」は、濃厚でコクのあるイタリア風 ”飲むチョコレート” です。トロトロ熱々のチョコレートは、スプーンですくって食べたくなるほど濃厚!おまけのクッキーやマシュマロにつけて、チョコフォンデュ風にして食べてもおいしいんだとか。チョコレート好きにはたまらないひと品です。

スモア ¥450

自家製のグラハムクラッカーを敷き、スクエアのマシュマロのくぼみに、チョコレートを流し込んだ「スモア」。

オーダー後にマシュマロをバーナーで炙っているので、とろんと伸びて不思議な食感が楽しめます。チョコレートガナッシュの上に振り掛けられた岩塩がアクセントになり、ひと際チョコレートの風味が味わえますよ。

ブラウニーバイトフライト ¥630

シングルオリジンチョコレートを使った3種類「ブラウニーバイトフライト」。それぞれ違ったカカオで作られているので、カカオ独自のフレーバーが引き立ちます。風味を比べながら食べられるのは、チョコレート好きにはたまらないですね。濃厚なチョコレートは、コーヒーとの相性抜群です。

ニブバン ¥350

ダンデライオン風のチョコレートバンズ「ニブバン」。フィリングには、オリジナルのチョコレートカスタードを使用しています。生地にシナモンが入っているので風味がよく、上からまぶしてあるニブシュガーのカリカリとした食感が楽しめますよ。

店内ではもちろん、テイクアウトも可能なので朝ごはんやおやつとしてもぴったりです。

フローズンホットチョコレート ¥630

濃厚な冷たいホットチョコレートに、カカオニブで香りづけしたホイップクリームをトッピングした「フローズンホットチョコレート」。"ホットチョコレート" という名前ですがキンキンに冷えたドリンクです。

チョコレートとホイップクリームを別々に味わってもおいしいですが、混ぜてから食べるとチョコレートがまろやかになり、ミルキーな風味が感じられるんだとか。

限定メニューも!「ダンデライオン・チョコレート 鎌倉」店

ダンデライオン・チョコレートの3号店となる鎌倉店。JR鎌倉駅西口から徒歩1分というロケーションの良さもあり、連日人で賑わっています。

鎌倉店は、ファクトリーのある蔵前店に比べ、こぢんまりとした可愛いサイズの店内。1階ではチョコレートやオリジナルグッズの販売などショップがメインで、2Fはカフェスペース。光が差し込む明るい店内で、ゆっくりとチョコレートが堪能できますよ。

鎌倉店限定!モーニングメニュー

グラノーラ(ミルク / アーモンドミルク)¥420

他店舗に比べ2時間早くオープンする「ダンデライオン・チョコレート 鎌倉」店では、限定で朝食メニューが用意されています。

モーニングメニューは、バターをふんだんに使用したサクサクの生地とチョコレートを一緒に味わえる「ダンデライオン・チョコレート・クロワッサン」と、3種類のグラノーラから好きなフレーバーが選べる自家製のオーガニックの「グラノーラ」。

どちらも鎌倉店のみのメニューで、朝からポリフェノールがたっぷり摂れるスペシャルな朝食です。朝の時間帯は観光客も少ないので、落ち着いた空間で朝食が楽しめます。

鎌倉店にはコラボ雑貨の販売も

1Fのギフトコーナーでは、ファクトリー&カフェ蔵前や本家サンフランシスコで作られたチョコレートや、Tシャツなどのオリジナルアイテムも並んでいます。エントランスからすぐのところにコーナーを設置しているので、おみやげやギフト選びに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ダンデライオン・チョコレートを通販でも!

世界中のカカオ農園から良質な豆を直接買い付け、選別、焙煎、磨砕、調合、テンパリング、成形、ラッピングまですべての工程を自社の工場でおこなったこだわりのチョコレートが、通販でも購入できますよ!カカオ本来の味わいや香りを、ぜひ実際に感じてみてください。通販で購入できるチョコレートバーの一部をご紹介していきます。

サンフランシスコ・デ・マコリス, ドミニカ共和国 70% ¥1,296 税込

オコカリベという発酵所から輸入されたカカオ豆は、従来のカカオ豆よりも長く丁寧な発酵を経ています。力強いカカオ風味の中にもほのかな酸味が香り、カフェモカを連想させます。ローストしたアーモンドやブラウニー、焙煎したてのコーヒーのような後味で、親しみやすい味わいのチョコレートバーです。

マヤ・マウンテン, ベリーズ 70% ¥1,296 税込

生産者のマヤ・マウンテン・カカオは、ベリーズ南部に住むマヤ先住民の小規模な農家と協力し、サステナブルな関係を築く努力を重ねています。ほのかなストロベリージャムとクリーミーなヨーグルトとともに、キャラメリゼされた赤いフレッシュなベリーの香りが広がります。

アンバンジャ, マダガスカル 70% ¥1,296 税込

「ダンデライオン・チョコレート」のなかで、もっとも酸味が強いチョコレートです。フレーバーは、レモネードのような爽やかなシトラスと、甘酸っぱいレッドベリー系のフルーティな風味のコンビネーションが楽しめます。

マンチャーノ, ベネズエラ 70% ¥1,296 税込

このチョコレートのもととなるカカオ農園は、ベネズエラ北部のカリブ海沿岸近くにあり、女性が経営する共同組合で運営されています。ローストしたアーモンド、チョコレート・ファッジ、ドゥルセ・デ・レチェの香ばしい風味が感じられますよ。

ダンデライオン・チョコレートで幸せなひと時を

バレンタインの時期や週末は行列になることもあるので、早めの時間帯がおすすめ。チョコレート好きや甘党の方は、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。きっと、今まで出会ったことのないカカオの本当のおいしさに出会えると思います。

店舗情報

【ダンデライオン・チョコレート ファクトリー&カフェ蔵前】
■最寄駅:都営浅草線「蔵前駅」下車徒歩3分
■住所:東京都台東区蔵前4-14-6
■電話番号:03-5833-7270
■営業時間:10:00~20:00(L.O.19:30)
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13191976/
【ダンデライオン・チョコレート 鎌倉店】
■最寄駅:JR鎌倉駅西口徒歩1分
■住所:神奈川県鎌倉市御成町12-32
■電話番号:0467-53-8393
■営業時間:8:00~20:00(L.O.19:30)
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14066560/
【ダンデライオン・チョコレート 伊勢外宮前 うみやまあひだミュゼ店】
■最寄駅:伊勢市駅徒歩5分
■住所:三重県伊勢市本町20-24
■電話番号:0596-63-6631
■営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)
※季節により変動します
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/mie/A2403/A240301/24014443/
▼東京で味わえるビーントゥバーのチョコレート専門店はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キャンディー

惑星キャンディで話題になった「ヴィンテージ・コンフェクション」から、日本初上陸の『3Dフラワーロリポップ』が発売されます。花モチーフのロリポップは、母の日の贈り物にもオススメです。フォトジェニックなロリポップ…

チーズ 原宿

パリで大人気のモッツァレラサンドイッチショップ「ンーモッツァ(Mmmozza)」が日本初上陸!1号店は原宿に、2号店は青山にオープン!ミルキーでフレッシュなチーズにこだわられたボリューム満点のサンドイッチをぜ…

アメリカ

あのテーマパークでもお馴染み?アメリカで大人気のジェリービーンズ 「Bean Boozled(ビーンブーズル)」がついに日本初上陸。奇妙な味とおいしい味を組み合わせたゲーム感覚の商品です。様々なシーンで盛り上…

オーストラリア 恵比寿 タイ

オーストラリアで人気のモダン・タイ・レストラン「ロングレイン」が、恵比寿ガーデンプレイスタワーにオープン。鮮やかで色合いが美しく、アロマティックなスパイスの香りが魅力的な大皿料理をモダンな…

チョコレート 専門店 イタリア ジェラート 自由が丘

チョコレートジェラート専門店『ジェラテリア・ヴィタリ』の日本1号店が自由が丘にオープンしました。こだわりの濃厚チョコレートジェラートをはじめ、ミルクジェラート、フルーツジェラートも取り揃えらています♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

明大前 カフェ 喫茶店 まとめ

喫茶店が少ないと言われる明大前。確かに多くはないけれど、個性的で魅力あふれる喫茶店は存在する。流行に流されずに、ただ、確固たる空間を提供してくれる場所。その一つひとつにスポットを当ててみた。

パンケーキ 梅田 大阪 カフェ スイーツ まとめ

大阪・梅田は実は隠れたパンケーキ激選区。ふわふわ、しっとりなど食感はもちろん、薄焼きや厚焼きなど様々な種類のパンケーキが集結しているんです。今回はそんな梅田のパンケーキで特に人気の高いお店をまとめました。あな…

渋谷 ランチ ハンバーグ まとめ

渋谷は美味しいランチを出すお店がたくさんある中から、特に美味しく手頃なお店をまとめました。

秋葉原 カフェ バー まとめ

「メイドカフェ」とひと言でいっても、様々な種類があります。日頃からよくメイドカフェに行く人も、あまりいかない人も、メイドさんが「和装」のコスプレをしたカフェはいかがでしょうか?非日常な空間にあなたを誘い出しま…

日本酒 まとめ 東京

今回は、東京でこだわりの日本酒を取り扱う酒屋さんをご紹介します。日本酒というと、どんなものを飲んだらいいのか分からずハードルが高いという人も多いかもしれません。そんな人でも訪れやすいお店を選んでいますので、安…

根津 千駄木 カフェ まとめ

東京には数ある一軒家カフェがありますが、今回は下町情緒が色濃く残る谷中、根津、千駄木、いわゆる「谷根千」エリアの一軒家カフェをご紹介します。都会の喧噪を忘れて、コーヒー片手に静かな時に浸りたい…そんなときにオ…

専門店 パイ まとめ

ミートパイはオーストラリアの国民食。日本ではなかなか見かけませんが、ミートパイ専門店があるんです。今回は、東京を始めとして、全国にあるミートパイ専門店をまとめています。一度たべたら夢中になる人も多いというミー…

丸の内 デート 合コン おしゃれ まとめ

丸の内でデートや合コンに使えるオシャレなお店をまとめてみました。丸の内ってちょっぴりお高いイメージもあるかもしれませんが、今回はコスパも考えてのチョイス★大人の街で、素敵なデートや飲み会はいかがでしょうか。

大阪 デート カフェ 女子会 おしゃれ まとめ

大阪で何度も行きたくなるような、そしてデートにピッタリなオシャレなカフェの名店をまとめてみました。どこもゆっくりまったりできるカフェばかり。大阪にいる方も、観光で大阪に行く方も、ちょっとひと休みしに立ち寄って…

原宿 まとめ カフェ 東京

原宿・表参道でおすすめのカフェをご紹介。ソファのあるカフェならお家気分になれて、ほっこりしますよね。今回はソファシートのあるカフェを集めました。かわいいお店から一人でも寛げるお店まであるので、利用シーンに合わ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アレンジレシピ フルーツ

リプトン提案の新しい紅茶習慣「Fruits in Tea」にチャレンジ!見た目がかわいくてその上おいしいmacaroniオリジナルのレシピを2つご紹介します。暑い日にのどを鳴らして飲みたくなるアレンジティーづ…

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

チョコレート おしゃれ

2月14日はバレンタイン。義理チョコや友チョコなど、たくさんの人にチョコをあげる人も多いのでは?そんな時1人1人に買うのはお金がかかりますよね…。でもこの紙コップを使ったラピング術なら、安いものも安く見えない…

パン スイーツ おしゃれ まとめ

パンの中でも定番商品のあんぱん。日本人にはあんぱんが好きな方は多いのではないでしょうか?今回は口コミやネットで話題になっている、食べてみたい、あんぱんの本当に美味しいお店を5店舗ご紹介します。

charlotte

いつも記事を読んでくださり、ありがとうございます。 これからも、お...

ページTOPに戻る