ローディング中

Loading...

ハロウィン、ボジョレー解禁、クリスマスにお正月とイベントが目白押しなこれからの季節。ホームパーティーの機会も増えますが、リンナイの調査によれば参加者の6割近くがホームパーティーに嫌な思い出があるとのこと。おもてなし成功のコツ、気になります!

楽しいはずのホームパーティーが……

リンナイ株式会社が2015年8月に行ったインターネット調査によると、この1年でホームパーティーに参加したことのある人は9割以上。世代や性別を問わず、ホームパーティーって人気なんですね。
(調査対象:20代〜60代男女各415名 計830名)
ところが、これまでに参加したホームパーティーで「嫌だなと思った経験はありますか?」という問いに、なんと58.9%もの人が「ある」と答えているのです! みんなに楽しんでほしくて準備しているのに、これはショックな結果ですね……
理由としては「帰りたくても帰りにくい雰囲気だった」「料理がおいしくなかった」「会費が高かった」といった回答が上位を占めています。雰囲気はホストだけの責任と言えないけれど、会費や料理については、ゲストに楽しんでもらえるようもっと努力できるはず!

ずばり、ちょうど良いパーティー会費は?

本調査で、ホームパーティーの「ちょうど良い」と思う一人当たりの平均予算を聞いたところ「2,928円」という結果に。また、ちょうど良いと思うパーティーの参加人数は「8人」、食事の品目数は「9品」とのこと。
ゆっくり会話を楽しむには多すぎない人数のほうがいいですが、期待される料理の数が9品とは意外に多いですね。でも、それだけホームーパーティーでは料理でのおもてなしが大切だということ!

実はみんな、不安に思ってました

回答者の8割以上がホームパーティーを主催したことがあるにも関わらず、「おもてなし料理を選んだり、調理したりすることにどの程度不安を感じますか?」という問いに4割以上の人が「不安を感じる」(10.1%)「やや不安を感じる」(33.9%)と答えました。
さらに「今よりもっとおもてなし料理が簡単に作れるようになったら、ホームパーティーを主催したいという気持ちが高まると思いますか?」と聞くと、8割近くが「高まる」と答えているのです。よかった! もっと簡単におもてなし料理を作れるようになりたいと、みんな思っていたんですね。

プロに聞く「おもてなし料理の5か条」

料理家/フードコーディネーター

平尾由希さん 料理家/フードコーディネーター

ホームパーティーにおいて料理はとても大切な要素。でも無理をしすぎず自分らしいおもてなしをするにはどうしたらいいのか、料理家の平尾由希さんが5つのコツを紹介してくれています。

パーティーの「テーマ」を決める

ハロウィン、クリスマスといった季節行事はもちろん、イタリアン、エスニックなど国や料理のジャンルをテーマにすると、料理メニューやテーブルコーディネートがイメージしやすくなります。

一人2,000〜3,000円を目安に材料を買う

会費制にすればゲストにもホストにも負担がありません。一人2,000〜3,000円の予算があれば十分りっぱなパーティーに。招待メールなどに「持ち込み大歓迎♪」の一言を添えると、より気軽に楽しめそうですね。

調理器具とメニューの工夫で途中退席を少なくする

ホストとしてパーティー中の調理をいかに少なくするかは大切なポイント。オーブン料理や煮込み料理、下ごしらえをしてあとは焼く・炒めるだけの料理などを上手に取り入れて、ホスト自らがパーティーを楽しむようにしましょう。

テーブルコーディネートは盛り付けと片付けを意識する

煮込み料理やオーブン料理を鍋などに入れたままテーブルに出し、ゲストが取り皿1枚で好きな量を取るスタイルにすると洗い物が少なくて済みます♪ 最近は、テーブルにそのまま出せるおしゃれな調理器具がたくさんあるので要チェックです。

最後はデザートでスマートに締める

最後にデザートとお茶を出すことで、ゲストに「今日はこれでお開きです」のサインを出しましょう。すこし話し足りないかなくらいのタイミングで解散したほうが良い思い出として心に残ったり、次回を楽しみにしてくれたりしますよ。

コツを覚えて、心に残るおもてなしを♩

参加者の半分以上がイヤな思いをしているだなんて、ちょっぴり怖いアンケート内容でしたが、いちばん大切なのはホストのおもてなしの気持ちですよね。本記事の5か条を参考に、楽しいパーティーをこれからもどんどん開いちゃいましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

エビの背わたの簡単な取り方ってご存じですか?エビの背わたを取るために、殻をむいてしまっていませんか?今回は、背わたを上手に取る方法のほか、簡単な殻の剥き方、おすすめの下処理の仕方などをご紹介します。ぜひ参考に…

とんかつ

誰もが大好きなとんかつ、最適な揚げ時間はどれくらいなのでしょうか?その他のコツも気になります。今回は、とんかつの最適な揚げ時間や、おいしく揚げるためのコツを詳しくご紹介します。生焼けになった場合の対処方法もご…

たまご レシピ チーズ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、twitterで話題沸騰中のチーズエッグの作り方をご紹介します!材料たった2つで作ることができちゃう、超々お手軽レシピ!さらに、アレンジも色々楽しく豪華に!

チャーハン レシピ

たまごのスペシャリスト「たまごソムリエ」が、失敗知らずのパラっと黄金チャーハンの作り方を伝授します。べちゃっとなりがちなチャーハンが、たった一手間加えるだけで、お店で食べるような、本格的なチャーハンに!

レシピ おしゃれ

おつまみにもなりお野菜も食べられるバーニャカウダは女子に大人気!おもてなしにもおすすめです。今回は、バーニャカウダに合う野菜の種類、下ごしらえの方法、おすすめのレシピについてご紹介します。バーニャカウダで野菜…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

多くの女性の悩み「貧血」に効果的とされる鉄分を多く含む食べ物やレシピをご紹介します。料理をするのがめんどうという方向けにコンビニで購入できる商品もご紹介するので、最近クラっとすることが多いという方は参考にして…

しゃぶしゃぶ まとめ

この時期、しゃぶしゃぶをする機会って増えますよね!定番のしゃぶしゃぶはお湯にしゃぶしゃぶして、ポン酢などをつけて食べます。が!今回はそんな定番に飽きた人におすすめな、しゃぶしゃぶに合う出汁を3つご紹介します♫

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

まとめ

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

まとめ

美しくほっそりした足はやはり女性の憧れ!ですよね...でもどうしたらそんな足になることができるんでしょうか?露出が増えるこれからの季節気になりますね。足を細くするのに効果がありそうな食べ物を今回は調べてご紹介…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

銀座 お菓子

「白い恋人」で有名な石屋製菓の直営店『ISHIYA GINZA』がギンザシックス内にオープン。北海道の素材を使い、その良さを活かした同店限定の5種の新商品も登場。銀座にいながらも一歩足を踏み入れると北海道を感…

小松菜

冬が旬の小松菜は、いろいろなメニューに使える身近な野菜です。茹でて使うことがほとんどですが、小松菜を茹でる時、どれくらいの時間が正しいのか知っていますか?茹でるときにひと手間プラスするだけで、グンとおいしさが…

まりえう

食べること、飲むこと、料理することが大好きです。 にんにくと唐辛子...

ページTOPに戻る